ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

仕事がキツイ(夜勤・残業・休日) 看護師

今すぐ辞めたい!病棟看護師がツライ理由

投稿日:

多くの看護師が働いている病棟ですが、交代勤務で体力的が消耗しやすく、通常業務以外にも勉強会などがあるので忙しいと言われています。

 

必死に頑張った新人時代が過ぎ、徐々に慣れてはきたものの「そろそろ病棟を辞めたいな」と思ったことはありませんか?

 

でも実際に辞めると決断するには勇気がいりますし、すぐにいい職場が見つかるか不安もあります。そこで今回は、なぜ病棟看護師がツライのか、そして次に働くならどんな職場がおすすめか紹介します。

 

病棟看護師、なぜ辞めたくなる?ツライ理由

1.不規則な勤務

病棟の業務は交代勤務で行われるため、日勤専従でないかぎり夜勤をしなければなりません。

 

当然土日も関係なくシフトが組まれるので、不規則な勤務になります。そのため、身体的負担が大きく、休んでもなかなか疲れがとれないという人もいます。

 

2.残業が多い

その日の業務が終わっても、すぐに帰れるとは限りません

 

例えば、勤務終了間際に急変があると、一通りの処置が終わるまで対応します。看護師は人を相手にする仕事なので、いくら段取り良く業務を進めていても、予定通りにいかないことがあります。

 

3.通常の業務以外にもやることが多い

「病棟の仕事だけだったらまだいいのに」という悩みは、病棟で働く看護師からよく聞かれます。

 

病棟で働くと、院内・院外の勉強会や委員会活動に参加しなければなりません。また、看護研究の担当になると、論文作成や発表会の準備も行います。これらは、業務が終わった後や休みの日に行われるので、自由な時間がなくなります。

 

4.他の病棟への異動がある

初めて配属された病棟にずっといれるわけではありません。通常は、数年ごとに異動があります。

 

例えば、呼吸器内科から精神科など、診療科が大きく変わることも珍しくありません。これは、いくつも診療科がある大きな総合病院ほど起こる可能性が高いです。

 

もちろん、今までの経験が全く役に立たないということはありませんが、基本から勉強し直さなければならないので、大きな負担を感じます。

 

病棟を辞めるメリット3つ

1.業務だけに集中できる

病棟以外で働くと、勉強会や研究論文の作成などをしなくてもいいので、業務だけに集中できます。ただし、医学は日々進歩しているので、自分で勉強し知識を増やすことは必要です。

 

2.規則正しい生活ができる

交代勤務がなくなり日勤のみの勤務になると、規則正しい生活が送れます。夜に眠れるので、翌日の体の負担も少なくなります。

 

3.コール対応が少ない

施設に転職した場合でもコール対応はありますが、病棟より状態が落ち着いている利用者さんが多いです。そして、介護職員もいるので全てのコール対応を看護師がするわけではありません。

 

その時の忙しさや状況にもよりますが、トイレ介助や衣類交換などは介護職員でも行えるのでお任せできます。

 

ちなみに、今のお給料に満足していますか?
「もう少し高ければな・・・」なんて考えたことありますよね。

実は、登録する転職サイトによっては、年収600万超えも夢じゃないんです!

年収620万の求人多数!看護のお仕事で探す⇒

 

病棟は辞めない方が良い?辞めた場合のデメリット3つ

1.スキルアップが難しい

病棟で働くと、入院している患者さんの1日の流れがみれます。それに合わせて看護をするので、清潔保持や体位変換など看護の基礎が学べます。

 

また、医師やリハビリテーション科など他職種との連携も密接に行われるので、看護の知識以外も吸収できます。そのため、病棟を辞めると、スキルアップが難しく、物足りないと感じる看護師さんもいます。

 

2.苦手な人と毎日顔を合わせる

交代勤務の場合、苦手な同僚や先輩がいてもシフトがかぶらなければ顔を合わせることはありません。

 

しかし、日勤のみの勤務だと必然的に毎日一緒に働くことになります。私の知り合いの看護師はこれが嫌で、長年病棟勤務を続けています。

 

3.夜勤手当がもらえない

病棟勤務で夜勤をすると、1回ごとに夜勤手当が支払われます。もし日勤のみの職場に転職した場合、夜勤手当がなくなるので、収入が減る可能性があります。

 

 

私が病棟看護師を辞めた理由

私も以前病棟で働いていましたが、新卒入社後約半年で退職しました。理由は、プリセプターとの人間関係に悩んだからです。プリセプターは、自分にも他人にも厳しい人で、よく他のスタッフとも揉めていました。当然私への指導も厳しく、1回教わったことは次までに完璧に覚えないと怒られました。

 

1番辛かったのは、調べても分からないことを教えてもらえなかったことです。分からないまま次の疑問点が出てくるので、私はあっという間に業務についていけなくなりました。そして、食事や睡眠が十分にとれなくなり、精神的に疲れ切ってしまい、仕事に行くことができなくなったのです。

 

心療内科を受診したところ、まず1週間休職するように医師から言われ、診断書をもらいました。カウンセリングや内服薬で治療しながら、徐々に体調が良くなりました。その後職場に復帰するのですが、ほどなくして精神的な落ち込みやめまいなどの症状が出て、再び休職することになりました。

 

私は適応障害と診断され、医師からは転職するよう勧められました。しかし、辞めたら自分自身に負けてしまうし、新人で辞めたら次の就職先が見つからないのではないかと不安がありました。どうにか病棟勤務を続けようとしましたが、一向に症状が良くならなかったので、思い切って退職することにしました。

 

病棟で働いていたときは1人暮らしをしていたのですが、退職後は実家でのんびり過ごしました。家族の協力のおかげでゆっくり休むことができ、精神的にも前向きな自分に戻ることができました。

 

ちょうどその頃、介護の仕事をしている友達から「看護師を募集しているんだけど、働かない?」と誘われました。私は人間関係が原因で辞めたので、次は穏やかなスタッフに囲まれて働きたいと思っていました。

 

友達から詳しく聞くと、人間関係が良好な職場だということが分かったので、面接を受けました。その後無事に合格し、再び看護師として再就職することができました。

 

 

次、働くなら病棟以外!どこが良いの?

病棟を辞めた看護師さんにおすすめの職場は、次の3つです。

・クリニック

日勤のみなので、規則正しい生活ができます。また、日曜・祝日が休みのところも多く、家族や友達との予定が立てやすいというメリットもあります。診療科目にもよりますが、病棟に比べて難しい医療行為も行われていないので、落ち着いて勤務できます。

 

・デイサービス

介護認定を受けた利用者さんが、食事や入浴、レクリエーションを行うために通う介護サービスです。なかには夜間のデイサービスもありますが、ほとんどが日中に行われています。

 

主な仕事は、利用者さんの体調チェックと入浴後の処置、経管栄養などです。病棟よりも利用者さんとゆっくりコミュニケーションがとれるので、1人1人とじっくり関わりたいという看護師さんに向いています。

 

・保育園

子どもたちの体調チェックや、怪我をしたときの処置などを行います。保育士さんの手が足りないときは、子どものお世話をしたり遊び相手になったりします。

 

また、インフルエンザやノロウイルスなどの感染性の病気を防ぐため、保健指導も行います。子ども好きの看護師さんにおすすめの職場です。

 

病棟以外にも、看護師さんが活躍できる職場はたくさんあります。どの職場が向いているのかは、その看護師さんの適性や好みにもよります。職場のメリット・デメリットを把握し、働くうえで自分は何を重視するのかはっきりさせてから職場を選びましょう。

 

病棟?病棟以外?自分に合う職場は必ずある

病棟での勤務は身体的にも精神的にもツライことが多いですが、一方でメリットもあります。自分は看護師としてどんな働き方をしたいのか、どういう風にキャリアアップしていきたいのかをイメージすると、職場選びがしやすくなります。

 

これまで病棟で働いてきて、「辞めたい、向いてない」と思ったのなら、将来はどんな働き方なら楽しく続けられるのか?考えてみましょう。

 

「辞めたいかも・・・」と思った今こそ、自分の将来を考える良いタイミングですよ!わたしもなかなか転職に踏み切れませんでしたが、このままじゃダメだと思い行動したんです。

 

とはいえ、なかなかパッと決められませんよね。わかります。将来の事なんて正直、分かりませんから。そんな時は、転職サイトのアドバイザーに相談してみてください。

 

転職サイトに登録すると、必ず転職しなければならないという訳ではありません。最近では、ゴリゴリと転職しろ!という担当者さんも減っていますから。もし、しつこいな?と思っても、担当者を変更できたりもします。

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

病棟での勤務がツライなら、無理してまで働き続ける必要はありません。看護師資格を生かして、自分らしい働き方を見つけましょう。

 

《この記事を書いた人》

看護師歴7年のひとみです。自分のライフスタイルに合わせ、看護師としての働き方を変えてきました。
転職、派遣、パートなど色々やった体験を、ここではお伝えします!

-仕事がキツイ(夜勤・残業・休日), 看護師
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.