ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

入ったばかりの会社を辞めたい!すぐに退職できる?

更新日:

聞いていた仕事内容と全然違う・・・。

会社の雰囲気が悪い・・・。

毎日残業ばっかなんて知らなかった・・・。

 

入社した会社に不安を覚えたり、合わないと思ったら、アナタはどうしますか?

「我慢する?」

「辞める?」

「連絡を絶って、出社しない?」

もし入社1ヶ月で「辞める」と言ったら、すぐに辞める事ってできるのでしょうか?

 

入ったばかりの会社をすぐに辞めることができるのか?

試用期間中、すぐに辞められる?

大抵の企業では、3ヶ月程度の「試用期間」を設けています。

試用期間ということは、「辞めたい」と言えばすぐに辞めることができそうですが、実際はどうなのでしょう?

 

結論から言えば、辞めることはできるが、「即日」や「すぐ」は難しいです。

 

試用期間といえど、雇用契約は締結されています。

よって、就業規則に退職に関する記載があるのならば、それに従わなければなりません。

 

例えば「退職の○日前までに申し出なければならい」という項目があれば、「辞めたい」と言った日を起算日にして一定期間は退職できないということになります。

 

仮に、

  • 会社に就業規則がない
  • 就業規則に退職関連の記載がない
  • 会社に退職を拒否された

場合は、民法の627条が適応されます。

これによると、「退職を申し入れた日から2週間で雇用契約は終了する」ことになります。

 

いずれにしても、次の日から出社しなくてよいという訳にはいきません。

 

試用期間中の解雇予告とは?

また、試用期間とセットでよく勘違いされやすい制度に「解雇予告」というものがあります。

 

解雇予告とは、

会社が労働者の解雇を迫る際には、少なくとも30日前には労働者に通知しなければならない

というものです。

 

もし、通知が30日未満の場合は、30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。

 

しかし、労働基準法第20条、21条によると、「入社から14日以内であれば、解雇予告なしに即日解雇できる」という項目があります。

ということは、入社14日以内ならば即日退職が可能なのでしょうか?

 

結論は、即日退職できません

解雇予告という制度が利用できるのは、使用者である会社側だけです。

(といっても、経歴詐称や犯罪行為、会社に著しく損害を与える可能性が明確な場合など、適応できる理由は限られていますが…)

 

例え、入社14日以内でも、既定の期間は出社しなければなりません。

 

ちなみに、リクルートエージェントに無料登録すると、各企業の内部事情を知れちゃいます。

転職先を決める前に、一度覗いてみてください!
>>428人が内部情報を暴露!あなたの会社は大丈夫?

 

ぶっち退職のリスク

もし、規定に沿わずに出社しなかった場合にはどんな弊害があるのでしょうか?

 

損害賠償請求されるリスクがある

ブラック企業を退職しようとすると、「損害賠償を請求される」という話をよく聞きます。

脅しや迷惑料の意味合いで請求してくることが多いですが、ブラック企業でない普通の企業でも請求されるケースがあります。

 

例えば、「給与より社会保険料の方が高い」場合。

勤務日数が少ないと日割りで給与計算が行われ、支給される給与も少なくなります。

 

しかし、給与から天引きされる社会保険料については、在籍日数に関わらず1ヶ月分が徴収されます。

日割り計算はありません。

したがって、給与<社会保険料の場合、差額を請求されることがあります。

 

離職票や給料を取りにいかなければならない場合もある

規定に従わずに退職してしまった場合、会社から思わぬ反撃を受ける可能性があります。

離職票や退職に関する書類がなかなか送られて来なかったり、振込手数料などのコストを掛けたくないから、給料を会社に取りにいく場合もあります。

 

同業種だと、噂になる可能性がある

アナタが思っているよりも世間は狭いものです。

同業だと特に、何かしらのつながりがあります。

もし他の会社に入社できたとしても、思わぬところから出社しなくなったことが知られる可能性があります。

 

次の日から無職になる

勢いで辞めてしまうと、次の日から無収入になってしまいます。

次の会社を探そうと思っても、転職活動には予想以上にお金がかかります。

 

生活費の他にも、健康保険や住民税などの支払いも発生しますが、乗り切れるだけの貯金はありますか?

そうでないのならば、本当に追い詰められてしまいます。

 

これらのリスクを回避するために、辞めたいと思った時こそ「計画的に」かつ「円満に退社」することを心がけましょう。

 

将来への展望を持って入社した会社なのに、早々に辞めたいと思ってしまうことは、次の採用時のネックになるポイントです。

早期退職したいと思うのは、相応の理由があると思います。

まずは、退職を回避する方法がないか熟考し、できる限りの事をしてみましょう

 

それでも、辞めたい気持ちに変化がないのであれば、次の会社に移ってから同じような理由で退職してしまわないためにも、自分に合った会社選びをしましょう。

 

キャリアの浅い人が転職活動を成功させるには

入社して間もない人が、転職する上でネックになるのが、キャリアの短さや浅さです。

功績なども少ないため、職務経歴書に何と書いたら良いのか?

悩む人もいるでしょう。

 

そういう時に利用すると良いのが、転職エージェントです。

転職サイト・求人サイトと違って、あなた専用の担当者が付きます。

自分で探すよりも、客観的な視点から、あなたに合った職場を紹介してもらえますよ。

 

数ある転職エージェントの中でも、求人数が最も多いのが、

累計41万人が転職成功!リクルートエージェント

「他業種に転職してみたいが、何があっているのか分からない」
「今よりも給料の高い職場があるのか知りたい」

という方にオススメなのがリクルートエージェント。

年間3万人以上が転職に成功しているんです。

土日、平日夜でも面談可能(電話面談も)
・あなたの適性から業界、職種を紹介してもらえる
面接練習、対策セミナーもあり

他にも、気になる企業の内部事情も教えてくれるので、転職のミスマッチが起こりにくいんです。

これらのサービスを全て無料で使えるのも嬉しいですね。

リクルートエージェント公式サイトで詳細を見る>


 

キャリアが短いことに引け目を感じる人がいるかもしれませんね。

けれど、実は26歳くらいまでの「第二新卒枠」は採用側からみると魅力的な人材なんですよ。

入社早々に、辞めたい気持ちが止まらなくなって落ち込んでいるかもしれませんが、アナタの将来に向けて、新たなスタートを切るチャンスでもあるんです。

苦しい時期ではありますが、計画的に新天地を確保してから旅立ちましょう。

 

-転職の悩み
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.