ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

介護職を辞めたいけど言えなかった人が退職を決意したきっかけは?

更新日:

 

介護職を辞めたい理由は?

ハードだけど、誰かの助けになることに直結する仕事である「介護職」。
高齢化の波を受けて需要の高い職種ですが、不景気な時でも慢性的な人員不足を生み出している原因は何なのでしょうか?

介護職を辞めた理由を調査したアンケートによると、大きな退職理由は2つありました。

○人間関係が悪い
リーダーが人格を疑う位、暴言が酷く、鬱になった。
病欠すると、後日出社した時に他のスタッフが冷たい。
介護職v.s.看護師など、職種間の対立が激しい。
職場がギスギスしている。
上司のパワハラが酷い。
嫌われるとキツい仕事ばかりを振られるようになる。

○運営元への不満
拝金主義な上司や経営者が嫌。
職員の給与は最低賃金ギリギリなのに、経営者一家はブランドで着飾っている。
設備が壊れたままなのに、保養所とか建ててる場合じゃないでしょ。
助成金が経営者個人のポケットに入っていることを知ってる。
違法行為をさせようとする。

 

それでも辞めることをためらってしまうのは?

それでもすぐに「そんな酷い職場、辞めちゃえ」とならないのは、なぜでしょうか?

○お世話になっている人がいるから
新人時代から色々教えてくれたり、力を合わせて頑張ってきた仲間がいる人の場合、「せっかく教えてもらったのに」と申訳ない気持ちになってしまうことが原因になっています。

辞めたいと思う理由が人である一方、残りたいと思う理由も「人」なんですね。

○人手が足りない
介護業界は、圧倒的にマンパワーが不足している業界です。

常に人員不足が叫ばれる介護職ですが、現場レベルでみると一層深刻です。
例えば病欠で1人休んでしまうだけでも、シフトに大きな穴が開いてしまいます。
他のスタッフがフォローしようにも、その人も手一杯すぎる業務をすでに抱えているんです。
その結果、1つの業務に十分時間が割けなかったり、利用者への対応が遅くなったりします。

自分が抜けると、残っているスタッフに申し訳ない。
巡り巡って、利用者に迷惑がかかることが心苦しい。
自分が抜けた後のことを想像すると、辞めたくても「辞めたい」と言い出せなくなってしまうのです。

 

介護従事者が退職を決意したタイミング

介護の仕事を辞めたいけど言い出せなかった人が、それでも退職を決意したのはどんな時でしょうか?
いわゆる「辞める潮時」をまとめてしました。

○ボーナスが出たから
ボーナスが出てから1ヶ月後に退職すると伝えた。
半年前の評価だし、満額貰ってから辞めたかった。

○貯金が十分に貯まったから
退職できたとしても先立つものがないと、一気に生活苦になってしまいます。
最低でも失業給付が支給されるまでの3ヶ月分程貯金があれば、しばらくはどうにかなると思った。

○やりがいが感じられない
お金のためだけに続けているけど、やりがいが全くない。
「人間相手の仕事なのに、これでいいんだろうか?」と考えることが増えたのがきっかけだった。

○人事異動で人間関係が大きく変わった
人事異動で嫌な人が上司になることが決まった。
利用者の事よりもコストを掛けないことしか考えない人だったので、辞める決心がついた。

○医療行為を強要される
講習を受けていないのに、たんの吸引や褥瘡の処置などの医療行為をするように指示される。
利用者の家族から「講習を受けているのか?」と確認されたスタッフもいるので、通報されるリスクがある。
何かあって訴えられるのは嫌だから、今のうちに辞めようと思った。

○うつの症状が出たから
上司のパワハラが酷く、眠れなくなった。
食欲もなくなり、1ヶ月で7キロ近く激ヤセしていた。
ドクターストップもかかり、退職に至った。

 

辞めるか迷っているのならば

「他の人に迷惑がかかる」ことがネックで、退職を切り出せない方って多いと思います。
それはあなたが仕事に対して、きちんと責任を持って当たろうとしているからです。
「無責任」や「逃げ」なんかじゃありません。

就業規則に書かれている期限までに辞意を伝えておけば、あなたは義務をしっかりと果たせているのです。
誰に対しても、引け目を感じる必要はありません。
もし心身に症状が表れているのならば、すぐにでも職場を離れる選択をしましょう。

それでもまだ「辞めてもいいのか悩んでいる」のならば、中立な立場の第三者に客観的な意見を求めてみてはいかがでしょうか。

職場の人に相談すると、辞めたがってることを他の人に知られて居づらくなったり、自分の負担が増えることを懸念して、引き留められることがあります。

友人や家族に相談するのもいいですが、今後のキャリアを考えるのであれば転職のプロである、転職エージェントに相談することをオススメします。
彼らは会社をやめるかどうか悩んでいる人に沢山接しており、「転職した方が良い人、残った方が良い人」のパターンを知っています。

沢山ある転職エージェントの中でまず相談した方が良いのは、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」です。

リクルートエージェントの面談は、「何のために働くのか?」という点に重点を置いてヒアリングをするのが特徴。
その上で辞めた方が良いのか、続けた方が良いのかのキャリアアドバイスを行い、求人情報の紹介までしてくれます。

さらに「職務経歴書などの応募書類の添削」や「通過率が30%近く向上する面接力アップ講座」、「応募作業代行」、「面接のセッティング」、「給与の交渉」なども行ってくれて、利用料は全て無料です。

利用満足度NO,1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手(株)リクナビが運営する求人サービスです。
登録はしなくてもいいんですが、公式サイトだけでも読んでみてください。
サービスの特徴として、

『日本最大級の求人&非公開求人を有している』

何と言ってもこれが最大のメリットです。
年間41万人もの転職者が利用しています。
豊富な求人情報があり、あなたの希望条件によって最適の求人を探すことができますね。

さらにみなさんが利用するメリットとして、
・10万件以上の非公開求人があり求人を選べて便利。
・転職の成功実績がNO,1だから安心して転職を任せられる。
・求人探しから面接のサポートまでしてくれて安心。
・年収を上げている人が多いし、実際に上げられた。

無料で非公開求人も見ることができます。

-転職の悩み
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.