ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

看護師2年目が辞めたいと思った時にやるコト

更新日:

器具と看護師激動の1年目を乗り越えて、いよいよ2年目。

 

業務には少しずつ慣れてきたけど、なんか1年目より辛いんだけど!

 

毎年、そう感じる2年目看護師が大量発生しています。「2年目が辛い」と思ってるアナタ。

 

これはアナタが極端に出来ない看護師だからではなく、ほぼ全員が思っていることなので、安心してください。

 

1年目を通して基礎は出来ているはずなのに、2年目看護師が辛いと感じる理由は何なのでしょうか?

 

その1:追う立場から、追われる立場になったから

1年前は自分が新人で、先輩の業務を見て学ぶ時間が長かったでしょう。

 

しかし2年目になると、今度は自分が指導する立場になります。今の自分のスキルで指導できるか不安に感じる看護師は沢山います。

 

特に仕事を覚えるのが早い新人が入職した部署。

 

2年目看護師は、「追いつき、追い越される」焦燥感に駆られることが不安の原因になっています。

 

しかも2年目になるとミスが許されない立場になることも、追い討ちを掛けています。

 

だからこそ、1年目で学んだ基礎をもう一度丁寧におさらいし、基本に忠実に業務をこなすよう心がけることで乗り切るのです。

 

 

その2:独り立ちするから

1年前は常にプリセプターから指導が受けられる、いわば至れり尽くせりな環境。しかし2年目からは、独り立ちして、自力で業務をこなさないといけません。

 

急に手を離された不安を自分の中に溜め込んでしまいがちなのも2年目看護師の特徴です。

 

同期に相談したくても、いなかったり、相手もいっぱいいっぱいだったりと、なかなか本音を言える場がないのが苦しい。

 

でもね、そういうとき程、第三者の力が必要なのです。プリセプターから卒業したら、話しかけてはいけないというルールはないですよね。また2年目以降の看護師の現場教育担当はいませんか?

 

困ったときは、話しやすい先輩や師長達に遠慮なく相談するんです。

 

改まって思いを全て伝えなくとも、「辛いんです…」の1言だけでも吐露できると、少しは気持ちが軽くなりませんか。

 

もしかすると先輩達の経験談から、突破口が見つかるかもしれません。

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

 

その3.責任や業務量が増えるから

 

2年目看護師が一番プレッシャーに感じているのが、「業務量の増加」です。それに伴い、「責任」も大きくなります。

 

このプレッシャーに耐え切れず、「辞めたい」と考えようになりがちです。

 

けれど、これは看護師として成長する上での大きなチャンスなのです。3年目には、アナタがプリセプターとして指導する立場になります。

 

さらにもっと年数を積むと、事故対策など業務外の大仕事を任されるようになります。

 

2年目という期間は、『プレッシャーに慣れ、アナタが看護師として大成していく上での器作りをしていく時間』だと考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

その4:2年目看護師の悩みは、プレッシャーだけじゃない

 

任される仕事が増えるはずの2年目。なのに、自分は医師と先輩看護師の下働き状態。

 

道具の準備や薬剤受け取りの為に薬局とナースステーションとの往復の毎日で、臨床に入ることすらできていない

 

実は看護師2年目に退職する人って多いのです。

 

1年目は死に物狂いで日々の業務をこなすだけで精一杯だったのが、2年目になると周囲の様子が少しずつ分かってくるんです。

 

このままこの部署にいて、自分は看護師としてのキャリアを積めるのだろうか?ふと、疑問に思って、環境を変えることを選ぶ看護師が沢山います。

 

また1年我慢したけれど、どうしても苦手な先輩と上手くやっていける気がしないなど、人間関係に悩んで退職する看護師も多いです。

 

 

だけど2年目だけど転職できるの?不安・・・

いざ転職しようと考えても、「キャリアの短さ」がネックになると思い、躊躇してしまう方がいます。

 

一般論として「3年は我慢しなさい」と言われています。確かに3年以上のキャリアがあれば、一通りの業務をこなすことができると見なされます。

 

一見、2年目は不利に思えますが、必ずしもそうではありません。

 

2年目の強みは、

+ クリックして下さい

・前職のローカル・ルールに染まっていない
・基礎が出来上がっているので、1年目に比べて教育コストが安い
・即戦力になれるポテンシャルがある

という点が挙げられ、実は採用する側からは重宝がられている存在なんです。

 

職場の同僚には、なかなか辞める前提の話をしにくいものです。そんな時に利用してほしいのが看護師専門の転職サイト。

 

キャリアドバイザーがあなたの性格、転職先の条件を聞き、あった求人を探してくれます。まだ転職は早いかなと思ったら、とりあえず相談だけでも行ってみてください。

 

中でも、親身になって相談に乗ってくれ、24時間いつでも連絡できるという点が、看護師さんの間でも人気です。

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

2年目だから辞めてはいけない!キャリアに傷がつく!と言われても、それはあくまで外部の声。

 

まずはあなたの体調と相談しつつ、ゆっくり進んでいってくださいね。

 

 

この記事を書いた人

こんにちは!現役看護師のサチエです。
私、15年働いている中で8回転職をしました。失敗ばかりでしたが、その経験を元に職場環境のが良い病院求人の探し方を見つけたので、こちらでお話しさせていただきます。

 

 

-看護師, 看護師の悩み
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.