ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

精神科病棟に転職したい看護師がチェックしておくポイントは?

更新日:

近年、うつ病や総合失調症などのメンタル面の不調が広く知られるようになってきたこともあり、精神科、心療内科のニーズが増えてきています。
一方で、精神科病棟を入職先として検討している看護師も増加傾向にあります。

一人でも多くの看護師が精神科病棟を希望することは心強いことですが、入職した後に「思っていた職場と違う」となっては残念です。

今回は、精神科病棟への転職を考える看護師がチェックしておくポイントをまとめてみました。

 

看護師が精神科病棟への転職を考えるワケは?

最近、精神科病棟を入職先として希望する看護師さんって、増加傾向にあります。
どんなことに期待して、精神科病棟を志望するのでしょうか?

一番よくあがる理由は、「精神科病棟は、残業が少ない」からです。
精神科病棟の患者さんは、クリティカルな急変が少ないので、急な残業もあまりありません。

他にも

・長期入院が多いため、患者さんにじっくり向き合った看護ができる
・薬の知識が身に付く
・精神看護に興味がある

などのメリットがあるからです。

 

精神科病棟の看護師に必要なスキルは?

○少しの変化を見逃さない観察眼

精神科は他の科と異なり、数値で病状を判断することが難しい分野です。
うつ病などの精神疾患や認知症を患っている患者さんとは上手くコミュニケーションを取れないことはよくあることです。
そのため、精神科病棟で働く看護師には、「患者の少しの変化も見逃さない観察眼」が求められます。

○投げ出さずに向き合える根気

精神科は完治までに時間がかかることが多く、入院期間も長くなりがちです。
精神科の患者さんは、精神的に不安定なことが多く、暴言や暴力という形で不安感が表れることがあります。
「暴言を真に受けずに聞き流し、根気よく長期的な治療にあたることができる資質」が求められます。

妄想から暴れる患者さんを制止するために、精神科病棟では男性看護師が多く活躍しています。

○コミュニケーション力

精神科病棟の患者さんは、自分の病状を上手く伝えられないこともよくあります。
患者さんの状況を把握するために、「患者さんの話を聞く力」と「患者さんが答えやすいように話を聞きだす力」が求められます。
精神科病棟に入院している患者さんをケアするためには、信頼感も必要になります。
少しづつでもコミュニケーションをとって、相手の事を分かってあげるためにも、患者さんとの会話力を通して、信頼関係を築いていきましょう。

○薬の知識

精神科病棟での大きな仕事の1つに「薬の量の管理」があります。
精神科に入院している患者さんは、服薬する薬の種類や量の管理が必須です。
精神的に不安定な患者さんの中には、薬を飲んだフリをして、吐き出す人もいるからです。

また、精神科病棟に入院する患者さんは、他の病気も併発している場合があるので、処方される薬の種類が多岐にわたります。
自分が施されている治療に不安を感じる患者さんもいるので、どんな薬なのかを質問される機会も多いでしょう。
そのため、精神科病棟で働く看護師は、薬の詳細な知識が求められます。

 

働くなら慢性期病棟?急性期病棟?

さて、精神科病棟で働くにあたって、どういった環境で働くかを選ばなければなりません。
慢性期か、急性期か?
それぞれのメリット、デメリットを参考に、自分がどちらに向いているかを考えてみましょう。

○慢性期病棟のメリット、デメリット

《メリット》
・患者さんと関わる時間が長いので、じっくり向き合った看護ができる
・病状が比較的安定している患者さんが多いので、夜勤などの金空対応が少なめ
・長期的な看護が行えるので、精神看護の経験を積みたい人に向いている

《デメリット》
・相性の悪い患者さんとも長期間関わっていかなければならない
・高齢の患者さんが多い医療機関では、介護的な業務が多くなりがち

○急性期病棟のメリット、デメリット

《メリット》
・注射などの処置が多いため、看護技術の向上が見込める
他の診療科との連携をすることが多く、幅広い知識が身に付く
・患者さんの回復が分かりやすいので、やりがいを感じやすい

《デメリット》
・救急機能がある医療機関は忙しい
・患者さんの入退院が頻繁で、じっくりとした看護が実現できない
・患者さんとゆっくりコミュニケーションが取れない

 

精神科病棟への転職は、実情を調べることがマスト

看護師が精神科病棟への転職を考えた際は、自分の看護感や向いている環境を見極めた上で入職先を決める事をオススメします。
ただ、病院が公表しているデータなどだけを参考にするのは危険です。

・人間関係が悪すぎる
・慢性期と聞いていたのに、忙しすぎる

実際に入職してみて、想像していた環境と全然違っていたら、続けていくことが難しくなるかもしれません。
入職先の実際の姿を知ることは、看護師が転職を成功させる上でこの上なく大切なポイントなのです。

希望する病棟や医療機関の情報収取をしたいのならば、様々な医療機関の情報を沢山ストックしている「転職エージェント」を利用するといいですよ。
転職エージェントでは、病棟の人間関係や師長の考え方、入院患者の層、主な業務などの情報を、応募前に教えてくれます
もっとよく知りたい医療機関があるのならば、「病院見学」を依頼することも可能ですよ。

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒


気になる医療機関があれば専任コンサルタントに聞いてみてください。
見学や面接などのスケジューリングや年収交渉も、全部専任コンサルティングがしてくれますよ。

あなたの看護感にあった精神科病棟に出会うためにも、求人情報や病棟の内情などの情報収集に活用してみてください。

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.