ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

インシデントを起こして看護師を辞めたいと思った方へ

更新日:

聴診器と薬剤

看護師を続けていく上で、避けて通れない「インシデント」。
人間である以上、どんなに注意していても起こってしまう問題です。
特に同じインシデントを何度も起こしてしまったときは、もう「自分は看護師に向いていない」とか「看護師を辞めたい」と思うほど凹むものです。

 

けれど、忘れないで欲しいのは、
インシデントを経験していない看護師は1人もいない
ということ。

 

なぜなら、
ヒューマンエラーはゼロに近づけることはできても、ゼロにならない」から。
従事しているのが人間である以上、どんなに強制されても限界があるのです。

 

完璧そうな先輩も、師長もインシデント経験者。
失敗を糧にここまで成長してきたのです。

では、先輩看護師達はインシデントを起こして、「辞めたい!」と思った時に、どうやって乗り越えてきたのでしょう。

その1.きちんと事前準備や確認を徹底する

担当になった患者さんの病状や治療方針などを事前に確認しました。
また薬剤のダブルチェックや患者さんの名前確認など、当たり前のことを徹底するようにしました。

また、あやふやな部分は先輩に多少嫌な顔をされても、確認するようにしてインシデントを防ぐようにしました。

その2.先輩達のアドバイスを聞く

予想が付くと思いますが、インシデントを起こした直後に、先輩や師長など上役からのお小言があるでしょう。
事案によっては本当に厳しい言葉があると思います。
その言葉の中に再発防止につながるアドバイスが沢山盛り込まれています。
傷口に塩を塗られる思いでしょうが、その1つ1つを真摯に受け止めてください。

 

自己嫌悪の嵐で「看護師を辞めたい」と思ってるアナタ。
辛いでしょうが、
落ち込むぐらいがちょうどいいんです。

 

逆に「自分は悪くない」と開き直る看護師はもっと重大事故を引き起こす危険があります。
後悔することで確実に成長しているんですから、あまり落ち込みすぎないように。

ちなみに、今のお給料に満足していますか?
「もう少し高ければな・・・」なんて考えたことありますよね。

実は、登録する転職サイトによっては、年収600万超えも夢じゃないんです!

年収620万の求人多数!看護のお仕事で探す⇒

その3.インシデントが起こった原因を分析する

反省することも大切ですが、より大切なのは「どう再発防止するか」。
今回のインシデントが何故起こってしまったのか?を冷静に振り返ってみてください。

 

きちんと業務マニュアルを見返したりすると、その原因が思い込みだったり、本当に小さなミスだったりしませんか?

医療事故研究会の報告でも指摘されていますが、インシデントの原因の約8割が「無知」や「未熟」なんです。

 

インシデントレポートを書く上でも、原因を見極めることは肝になる部分です。
それを見極め、足りない部分を埋めていく努力をすることが一番大切なんじゃないでしょうか。

その4.不安な気持ちはむしろ大切

インシデントを起こしてしまった後は、「また失敗するのでは」という気持ちから萎縮しがちです。
この言いようのない不安感がストレスで辞めたいと考える看護師も多いです。

 

でも、「大丈夫!」という根拠のない自信をもたれるより、常に「大丈夫かな?」と慎重すぎる方が全然良いことです。

精神的にはちょっとしんどいですが、再発防止策がしっかり身に付くまでは「おっかなびっくり」位でいいんですよ。

その5:インシデント発生!そのとき上司は?

さて、トラブルが発生した際に本性が分かるといいますが、
インシデントを起こした際の上司や病院は、どんな対応をしましたか?

 

先輩や師長が飛んできてくれて、一緒に対応してくれたり、対策を考えてくれましたか?
そういう病院は、言葉でどんなきつい事を言われても良い病院」なんです。

 

部下を守り、育てる仕事をきちんとしているスタッフがいる環境なので、辞めてはいけない病院です。

逆にインシデントが起こったことを報告しても「で?何?」という反応だったり、「何してんの?」と責めるだけの対応をする病院は、「要注意の病院」です。

 

なぜなら、
問題解決の姿勢がなく、上司が自分の保身に走りがちな体質
だから。

 

部下を育てるという感覚が薄く、システム的な問題からインシデントが起こったとしても、アナタ1人のせいにされ、全責任を押し付けられる可能性があります。

 

もし要注意の病院に勤務しているのならば、問題に巻き込まれる前に転職を考えた方が良いかもしれません。
重大なインシデントに関わってしまった場合、「看護師を辞めたい」でなく「続けられなくなる」んですから。

 

いざ転職を考えても、病院の内情が分からないと同じような病院に入職してしまうんじゃないかという不安がありますよね。

 

そこでオススメしているのが、、、

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→


マイナビ看護師」は、年間10万人以上の看護師さんの転職をサポートしている、国内最大級の支援サービスです。
業界一の老舗サービスなので、専任のキャリアコンサルタントの情報量が豊富

 

沢山の病院を見てきた経験から今後どうするのがベストか、無料でアドバイスをしてくれます。
希望すれば、全国6万件以上の求人情報からアナタにあった病院探しもアシストしてくれます。

病院や上司の対応に疑問を感じる方は、その旨を一度相談してみてはいかがでしょうか。
第三者に聞いてもらうことで道が開けるかもしれませんよ。

この記事を書いた人

こんにちは!現役看護師のサチエです。
私、15年働いている中で8回転職をしました。失敗ばかりでしたが、その経験を元に職場環境のが良い病院求人の探し方を見つけたので、こちらでお話しさせていただきます。

-看護師, 看護師の悩み
-, , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.