ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

デイサービスを辞めたい!看護師が悩むポイントとオススメの転職先

投稿日:

高齢者が入浴や食事、リハビリなどをするために通うデイサービス。比較的介護度の低い高齢者が多く通うことから、看護師の仕事も楽なのではないかと思われがちです。

 

しかし、仕事内容をよく知らないまま転職すると、理想と現実のギャップに悩むことが多くあります。

 

そこで今回は、デイサービスを辞めたいと思う原因やおすすめの転職先などについて紹介します。

 

デイサービスでの看護師の役割とは?デイケアとはどう違うの?

主な看護師の役割は、デイサービスに通う利用者の健康管理です。朝、デイサービスに到着した利用者のバイタルサインを測定し、体調を確認します。

 

利用者の多くは、介護度が低く、介助すれば日常生活が不自由なく送れる人たちです。しかし、なかには重い病気を抱えていたり麻痺などの障害があったりする人もいるので、異変があったときには迅速に対応する心構えが必要になります。

 

体調確認後に入浴やリハビリなどを行いますが、実施中や実施後に体調が変わりないか気を配ります。さらに、入浴後の軟膏塗布や褥瘡処置、服薬管理など、医師の指示に基づいて行います。

 

また、看護師は機能訓練指導員という役割を担う場合があります。機能訓練指導員とは、自立した生活を送るために利用者に合った機能訓練ができるようサポートする人のことです。

 

機能訓練指導員という資格があるわけではありません。看護師や准看護師の他に、理学療法士やあん摩マッサージ指圧師などの国家資格を有している人が兼務できます。

 

デイサービスでは、これらの国家資格の中で看護師が配置されている確率が高いので、看護師が兼務することが多いです。利用者の状態に合わせて、機能訓練の計画を立てて実施し、評価します。

 

デイサービスと似たような介護サービスに、デイケアがあります。デイケアとは通所リハビリテーションのことで、主な目的はリハビリによる機能回復です。

 

そのため、入浴ではなくシャワー浴だったり、食事がお弁当だったりと、デイサービスに比べると生活援助の部分が手薄になります。その代わり、理学療法士などの専門職による充実したリハビリが受けられます。看護師の役割は利用者の健康管理で、デイサービスと大きな違いはありません。

 

デイサービスで働くメリット・デメリット

「働いてみたらイメージと違った!」
「デイサービス、自分には合ってないかも」

デイサービスならではのメリット、デメリットももちろんあります。今から紹介するので、辞めると決断する前に読んでみてください。

 

〇メリット

1.基本的に日勤のみ

デイサービスは、利用者が日中に利用するものなので、基本的に日勤のみの勤務です。

 

ただし、職場によっては夜間対応のデイサービスを実施している場合もありますので確認しましょう。さらに、土日は定休日のデイサービスもあります。

 

日勤のみの勤務だと、規則正しい生活ができるので体の負担が軽くなります。また、趣味や家族との時間など、プライベートとの両立もしやすいです。

 

2.レクリエーションが楽しい

デイサービスでは、

・カラオケ
・書道
・手芸

など、様々なレクリエーションが行われています。レクリエーションは、利用者の息抜きの他に、思考力や身体能力を向上させる目的があります。

 

室内で行うものだけでなく、お花見や紅葉狩りなど、季節を感じられるようなレクリエーションも企画されます。もちろん仕事なので、利用者が安全に過ごせるように注意を払いますが、一緒に参加するので看護師も楽しめます

 

3.急変のリスクが少ない

デイサービスに通う利用者は、体調が安定している人がほとんどなので急変のリスクが少ないです。そのため、病棟で働いているときのような緊迫感は少なく、ゆっくり関われます。

 

医療処置も少ないので、ブランクがある看護師が復職するときにも人気があります。

 

〇デメリット

1.看護師1名体制のことも多いので、相談できない

デイサービスの規模にもよりますが、看護師1名体制のところも少なくありません。医師も常勤ではないので、医療職は自分1人だけということもあります。

 

その場合、利用者が体調を崩したときや怪我をしたときに、相談する人がいないので自分で判断しなければなりません。的確で迅速な対応が求められるので、責任が重いです。

 

2.医療処置が少ないので物足りない

これはメリットとしても取り上げましたが、なかには看護師としてのやりがいが感じられず物足りないという人もいます。

 

病棟では、経験年数に合わせてスキルアップできる制度が設けられていますが、多くのデイサービスではありません。医療の最前線で活躍したい人や、向上心の高い人には向かない職場です。

 

3.介護業務も行う

デイサービスでは、看護業務だけを行えばいいのではなく、介護業務も行います

 

介護業界も人手不足なので、介護職員だけでは手が足りないことも多いです。入浴介助や食事介助など、看護業務が落ち着いているときには手伝います。

 

それが苦でない人はいいですが、なかには「看護師なんだから看護業務だけしたい」という人もいます。このような人にとって、デイサービスの仕事は辛く感じるでしょう。

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

悩む看護師続出?!介護職員との関わり方

デイサービスで円滑に働くために避けて通れないのは、介護職員との関わりです。働くスタッフのなかで1番多いのは介護職員なので、連絡事項を伝えたり一緒に行動したりと関わりが多くなります。

 

看護師が辞めたいと思う原因のひとつに、介護職員との関係悪化があります。例えば、看護師の立場から意見を言っても聞いてもらえない、看護業務をしているのに「介護業務を手伝ってくれない」と文句を言われるなどです。

 

これは、看護師と介護職員の立場や考え方が違うことにより起こります。看護師は良かれと思ってアドバイスしても、介護職員にとっては偉そうに聞こえてしまうこともあるのです。

 

コミュニケーション不足が原因で起こることが多いので、普段から信頼関係を築くように努めましょう。

例えば、

・挨拶や何気ない普段の会話を大切にする
・アドバイスをするときは、偉そうな言い方にならないように気を付ける
・手伝ってもらったときは、ありがとうの一言を忘れない
・困っていることや手伝ってほしいことはないか確認する

などです。

どれも基本的なことですが、小さなことの積み重ねが良い職場環境を作ります。

 

それでも辞めたい!おすすめの転職先

悩んだ結果、どうしても他の職場に転職したいと思った人に、オススメの職場を紹介します。

日勤のみで看護業務に専念したいなら「訪問看護」

利用者の自宅に訪問し、医療や看護を提供します。主な仕事は、体調管理、排便コントロール、清潔保持、褥瘡処置などです。家族に対して、介護の仕方を指導することもあります。

 

夜間はオンコール体制のこともありますが、日勤がほとんどです。利用者や家族に寄り添いながら、看護業務に専念できます。

 

日勤のみでスキルアップしたいなら「クリニック」

デイサービスと同様、日勤のみなのでプライベートを大切にしながら働けます。医師と看護師が常勤なので、何かあっても助けてもらえます。

 

診療科が様々なので、自分がさらに勉強したい分野があれば学べるので、スキルアップできます。

 

ひとりで責任が重すぎると感じたなら「介護老人保健施設」

同じ介護系の職場ですが、医師が常駐しているので判断に迷ったときに指示を仰げます。相談できる相手がいないと不安という人にオススメの職場です。

 

他の施設と違い在宅での生活をゴールとしているため、利用者が元気になっていく様子を見守れます。

 

看護師の職場は、多種多様です。デイサービスで働いた結果、どんなところに悩んだり不満を感じたりしたのか明確にしたうえで職場を選びましょう。

 

デイサービスを辞めても、働ける職場はある!

デイサービスは、利用者にとって生活の一部となっており、なくてはならない場所です。病院と比べると看護師の業務は少ないかもしれませんが、利用者が健康に過ごすために重要な役割があります。

 

辞めようか悩んだときには、看護師としてどんな働き方をしたくてデイサービスを選んだのかもう1度思い出してみてくださいね。

 

「プライベートだけでなく、業務のやりがいも欲しい」
「介護職員との関係が難しい…」
「ひとりで見るのは責任が重すぎる」

という悩みがあるなら、職場を変えてみるのも良いですね。

 

このままデイサービス看護師を続けていても、辞めたいという思いがますます強くなってしまうだけです。

 

看護師自体が嫌になってしまう可能性もあるので、ダラダラと続けることは避けてくださいね。

 

このタイミングで辞めて良いか?悩んだら、キャリアアドバイザーに相談してみると良いでしょう。何百人もの看護師さんの相談に乗ってきた担当者が、あなたの将来にアドバイスをしてくれます。

 

中でも、連絡が取りやすく親身になって相談に乗ってくれたと評判なサイトがあります。

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒

 

辞めたいと感じるということは、何かしら問題があるはず。

 

その悩みを今の職場でも解決できるのか?
それとも、転職しないと解決できないのか?

 

自分の将来に迷ったら相談してみてくださいね。

 

-看護師, 看護師の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.