ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

派遣看護師という働き方とは?新人看護師の悩みは解消できる!

更新日:

腕組みで考えるナース

 

最近、自分の時間を持てていますか?

常勤看護師として勤務している以上は、残業に勉強会、委員会出席と拘束時間が長くなりがちです。
特に新人看護師は、覚えることも膨大な上に、休みの希望が通りにくかったり、せっかくの休日が出勤になったり…。
仕事に縛らることで、心身を病むほどのつらさを感じている方も沢山います。

看護師は、もっと自由度の高い働き方はできないのでしょうか?

 

答えは「あります!

それは、
派遣看護師
という働き方です。

派遣看護師とは、病院ではなく、派遣会社と契約を結び、派遣先の医療機関で働く看護師のこと。
勤務条件は派遣会社との間で決められるので、病院はその条件以外の労働を求めることはできません。

つまり、条件次第では
・残業もほぼなし
・会議や委員会への出席もなし
・勉強会への参加義務もなし
・休みの希望が通りやすい
など、自由度の高い働き方ができます。

 

現役派遣看護師が語る、「派遣看護師のメリット」

派遣看護師として働くメリットは、ずばり
自分に合った勤務先や条件で働くことができる
です。

そこでどんな点がメリットなのか、現役派遣看護師に「派遣看護師」の良いところを聞いてみました。

・自分の希望する勤務条件で仕事ができる
・残業や過重労働を避けることができる
・残業した分は、満額残業手当がもらえる

・好きな日に休める
・休日出勤がない
・勉強会や委員会、会議に出席しなくてよい
・看護研究もしなくてよい
・常勤看護師時代に比べて、精神的にラク

などが挙がりました。

これだけフレキシブルな働き方ができる上に、なんと
比較的、収入が良い
のです。

中には常勤看護師時代とほぼ同等の収入を得ている派遣看護師もいました。

 

現役派遣看護師が語る、「派遣看護師のデメリット」

いい事づくしに見える派遣看護師ですが、デメリットもあります。
現役派遣看護師がデメリットだと感じるのは、

・社会保険へ加入できない場合がある
・登録会社によっては、「有給がない」と説明された
・いつまで経っても、常勤看護師からよそ者扱いされる
・契約満了日よりも前に契約終了することがある
・常勤に戻る際、面接で派遣期間について突っ込まれる

などが挙げられました。

基本的に、契約した労働条件と違ったり、人間関係のトラブルが発生した場合は、派遣会社が間に入って解決に向けて動いてくれます。

しかし、肝心の派遣会社が労働基準法に定められた規定を満たしているにも関わらず、有給を取得させないなど、違反をしている悪徳業者も存在しているようです。

また、これは常勤看護師と同じですが、
産休・育休を取得するには、条件をクリアしなければならない
ため、産後の復帰先に不安が残ってしまうことが挙げられました。

様々な意見が上げられましたが、多くの方が共通して「最もデメリット」だと感じていることは、
ボーナスがない
点でした。

派遣であるがゆえに、予定より早く契約満了になり、時間的にも、収入的にもロスが発生する点も、派遣看護師のデメリットです。

 

派遣看護師になるには

デメリットを加味しても、フレキシブルな勤務体系と常勤看護師と変わらない収入を得ることができるため、派遣看護師は働き方の1つとして支持されています。

派遣看護師になるには、まず派遣会社へ登録し、希望条件などのヒアリングを受けます。
その後、条件にマッチする求人があった場合は、現場見学や書面などで条件確認。
合意後に勤務開始となります。

しかし、派遣看護師として活躍するためには、
大体3年以上の勤務経験
が必要です。

一般の派遣労働者と異なり、派遣看護師にもとめられるものは、即戦力です。
ですので、派遣開始直後から求められるレベルの看護技術を提供できる点と、業務の流れを理解している点が求められます。

 

未経験分野だったり、経験が浅いと、派遣看護師になれないの?

看護師経験はあるけど、応募したい求人が未経験の分野だったり、キャリアが浅いというケースもあります。
そういった方は、派遣看護師になれないのでしょうか?

答えは、「なれます

例えば、「急性期病棟の勤務経験者」。
急性期病棟で経験する内容は、看護知識や技術の基礎となることが多いです。
3年以上の経験者ならば、マルチに活躍できる人材としてみなされます。
そのため、未経験分野でも派遣看護師として活躍できる見込みが十分あります。

また経験が浅く、急性期病棟の勤務経験がない看護師でも、医療行為が少ない派遣先を探せば派遣看護師として勤務することができます。
ただその場合は、現場見学やコーディネーターとの面談を通して、自分のスキルで対応できる現場か?をしっかり確認する必要があります。

 

新人看護師では派遣看護師になれないの?

新人時代。
慣れない勤務体系や人間関係に疲れてしまい、自由が欲しいと感じやすい時期なのではないでしょうか?
新人看護師でも派遣で働けたら、こういったストレスから開放されそうでしょう。
しかし、前項で紹介したとおり、派遣看護師として活躍するには「3年以上の勤務経験」が必要です。

では、新人看護師は派遣看護師になれないのでしょうか?

答えは、「なれないことはないが、オススメはできない

例えば、訪問入浴など医療行為が極端に少ない案件なら採用されたケースもあります。
しかし、看護師としてのキャリアとしては評価されづらいでしょう。

また、現場は、派遣看護師を教育するというスタンスではありません。
即戦力になれない場合、常勤看護師の足を引っ張ることになり、現場に居づらくなる可能性もあります。

さらに、今後、常勤看護師になろうとした際に、面接で派遣期間について追求されることが予想されます。

時間的な制約は改善されるかもしれませんが、
長い目で見ると新人看護師が派遣看護師になることは、プラスになるとは言いがたい
でしょう。
つらいこともあるでしょうが、最初の3年以上は常勤看護師としてスキルとキャリアを積み上げることに費やして欲しいと思います。

 

派遣じゃなくても、条件にあった病院は探せます

安易に派遣看護師にならなくても、勤務環境を変えることはできます。
夜勤がつらいなら「日勤のみ」だったり、先輩のパワハラに悩んでいるのならば、「人間関係の良い病院」だったりと、アナタに合った働き方ができる医療機関は他にもあります。

利用満足度NO,1:看護のお仕事


看護のお仕事は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。
これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

転職活動中の看護師の実に2/3が利用していることになります。

その理由は、21万件以上と膨大な求人量と経験豊富な専任コンサルタントが揃っているから。
しかも、利用料は全て無料です。

「自分の時間がなさすぎる」ことに悩んだら、お気軽にご相談ください。
アナタのキャリアを伸ばしつつ、状況を改善できる方法が見つかるかもしれません。

-看護師転職
-, ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.