ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職

美容部員を辞めたい理由は?実は色々な仕事でニーズが高いって本当?

更新日:


化粧品に囲まれ、女性に美を提供する美容部員は、百貨店の花形とも言われています。
コスメ好きな女子が羨む美容部員の世界ですが、実は辞めたがっている美容部員って多いのです。

きらびやかな世界の裏で何が起こっているのでしょうか?

「美容部員が辞めたい理由」と「ニーズの高い転職先」についてまとめてみました。

 

美容部員を辞めたい理由は?

○百貨店は拘束時間が長いから

百貨店は早番、遅番のシフト勤務です。
遅番勤務になると、百貨店の閉店時間が20時ごろ。
そこから残務処理などをして、退勤できるのは21時を過ぎています。

しかも土日祝は、基本的に出勤。
身近な人とスケジュールが合いにくい労働環境なのです。

プライベートな時間が取れずに人間関係が狭くなってしまったり、家族と過ごす時間も少なくなってしまうことが嫌で、美容部員を辞めたいと感じる人が多いです。

○顧客の奪い合いで、人間不信になる

百貨店の美容部員は、毎月ノルマが課されています。
そして自分が接客販売した分が売上実績として計上されます。
人気のある美容部員さんだと、忙しい時間帯はお客様に待ってもらわないとならないこともあります。

たまに自分が休みの時にお客様が来店されることもあります。
「しばらく入院するから、私がリタッチするね」とか嘘を言って、他の美容部員のお客様を横取りしてしまうような美容部員がいるんです。
どうしてだましてまで他人の顧客を横取りするかというと、自分のノルマ達成が掛かっているからです。
ノルマ達成ができない美容部員は、足りない分を自腹購入してでも数字を作ろうとするからです。
また、ノルマが達成できない美容部員は雑用を押し付けられるようになるのですが、そのことが屈辱だという空気があります。

自爆営業をしたくないがために、人の顧客を横取りする。
仲がいいと思っていた人でも平気でそういった行為をすることで人間不信になり、辞めたいと思う美容部員もいます。

○正社員雇用が少なく、給料が安すぎる

美容部員のほとんどは、契約社員や派遣、アルバイトで構成されています。
正社員の美容部員の場合も、百貨店の正社員と化粧品メーカーの正社員に分かれます。
化粧品メーカーの正社員は、ほんの一握りなのです。

たとえ正社員の美容部員として雇用されたとしても、月給は20万円程度。
契約社員だと、1日中立ち仕事なのに、月給15万円程度しかありません。
アルバイト雇用の場合だと、高くても時給1200円がマックスです。

これだけ重労働で、給料が安すぎる。
しかも化粧品などを自腹で揃えなければならないために、「生活できない」と辞めたがる美容部員もたくさんいます。

ちなみに、10万件の非公開求人がある『リクルートエージェント』が無料で見れるので、試してみてください。
>>リクルートエージェントの求人をみてみる

美容部員のスキルや経験がそのまま活かせる転職先は?

○ドラッグストアの美容部員

「百貨店の売り場に立ってこそ美容部員」と思っている方も多いのですが、実はそれがストレスの元なのです。
顧客の奪い合いなどからでも分かるように、百貨店の化粧品売り場は、女同士のプライドのぶつかり合いが頻繁に起こる職場なのです。

そんな不毛な争いに疲れて美容部員を辞めたい人は、「ドラッグストア」の美容部員という働き方もあります。
右肩下がりの百貨店業界に比べて、インバウンドの増加が著しいドラッグストアの方が売上高が高いのです。

しかも顧客も変に肩肘を張らずに、気軽な雰囲気で買いに来るので、精神的にも楽に勤務することができます。
ドラッグストアの場合、1メーカー1人とか2人の少人数の配属になるので、協力し合って売っていくことが求められます。

 

異業種ではこんな転職先もある

○高級外車のショールーム受付

輸入車ディーラーのショールームって、インテリアもスタッフもラグジュアリーな雰囲気ですよね。
そういった点は、百貨店の美容部員にも通じるものがあると思います。

高級外車ディーラーがなぜ畑違いの美容部員の採用に積極的かというと、「顧客の奥様の対応ができる人材」が欲しいからです。

セレブでも、買い物の決定権を奥様が持っているご家庭って意外にあるんです。
という事は、奥様を攻略した方が、成約率がアップするのです。

ショールームに連れてこられたはいいけど、全く興味のない車を見せられて退屈している奥様のお相手として、美容やコスメ、ファッションなどの話題が豊富な美容部員の知識や経験、センスが活かされるのです。

○ブライダル業界へ転職

結婚式の主役である、花嫁を輝かせることが仕事のブライダル業界。
この業界で美容部員が活躍できる理由は、
「女子が喜びそうな物」を良く知っており、「購買意欲をくすぐるトーク術」を持っている
からです。

結婚式場の紹介や式の進行についてのアドバイスをはじめ、イベントの企画なども手掛ける事ができます。
自分なりの提案力が求められる仕事ですが、未経験から成長できる高さの目標が設定されており、徐々に成長できるキャリアプランが用意されていることが多いです。

さらにブライダル業界では、経験やスキルを積むごとに昇給していく給与ベースになっていることがほとんどなので、収入面でもアップが見込めます。

モデル給与としては、月給20〜40万円。
チーフなどに昇格すると、年収380〜550万円程度が見込まれます。

 

まとめ

美容部員の世界は、実は他の業種・職種を知ることが難しい、隔離された世界です。
例にも挙げましたが、世の中には本当に多様な働き方があるのです。

美容部員の仕事が心底好きならば、「マネージャー」や「トレーナー」クラスを目指してみるといいでしょう。
しかし、美容部員の世界に疲れ切っているのならば、辞めて違うことを始めてもいいんですよ。

美容部員として培ってきたスキルや経験を求めている仕事は、他にもあるのですから。

そういう時に活用してほしいのが、転職エージェントです。

エージェントとの面談を通して、自覚していなかった分野への適性や興味が発見できるかもしれません。
公募してしまうと応募者多数で選考作業が大変になる職種や会社の求人募集を扱っていることもあります。
もしマッチングする求人があれば、随時、情報提供してもらえますよ。

未経験職種への転職成功者の多くが活用していたのが、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

意外に手のかかる応募書類の作成についても、採用担当者に自分の強みやスキルをアピールできる書き方を無料でアドバイスしてもらえます。

美容部員は「特殊な仕事だから」と諦めないで、一度相談してみてください。

-転職
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.