ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職

その内定、ちょっと待った!ブラック企業に就職しないために確認したい書類はコレ

更新日:

書類

 

就職活動のエンディング、「内定」をもらったアナタ。
内定が出たのが、CMなどで有名な大企業だからといって、安心はできない。
なぜなら、その企業が実はブラック企業かもしれないから。

入社後に「こんなはずではなかった」と後悔しないためにも、チェックは抜かりなく!

そして、万が一ブラック企業だと分かったときは、速やかに内定辞退しよう。

 

ブラック企業は内定後にコレを提示しない

通常、内定を受諾した後に企業は内定者に対して、
【雇用契約書や労働条件通知書】
を提示する。

雇用契約書、または労働条件通知書とは、
動労者を雇用した場合に雇用条件を書面にまとめたもの

労働基準法で「書面で明示」することが義務付けられている。

この書類は2通1セットになっており、企業側と内定者側の両者が合意した上でサインし、契約を結ぶこととなっている。

 

なので雇用契約書が提示された場合は、
・職種や勤務地
・雇用形態
・雇用期間
・給料体系や残業代の支給方法
・労働時間/残業時間
・休日
・福利厚生
・給料の〆日や支払日
・退職に関する記載
など、事前に聞いていた雇用条件と相違はないか?をしっかりと確認して欲しい。

中には
ボーナス:最高3か月分
と記載た企業があった。

一見、好条件だが、よく確認してみると
5年以上前に1度だけ、しかもごく一部に支給された額で、
ここ数年は数千円~数万円の寸志しか支給していないことが発覚した例もある。

小さな字で書かれた括弧書き内や上記のような「最高」などの曖昧な表現は、ここ1,2年の支給額などを納得いくまでしっかり説明してもらおう。

ちなみにブラック企業は
雇用契約書を提示しない企業が多い

なぜなら、
雇用形態や給与体系等のウソが入社前にバレてしまうから

なので、内定が出ても文章で「雇用契約書」や「労働条件通知書」を出してこない会社には、
「雇用契約書を下さい」
と言って相手の反応を見てみよう。

ここで
出し渋ったり、逆切れしてくる会社は、
かなりの確率でブラック企業

もしブラック企業だと判明したら、【迷わず内定辞退】して欲しい。

なぜならブラック企業は、百害あって、一利なし。
アナタの時間を理不尽に浪費するだけの存在だからだ。

なお就業してからも、給与体系などの条件が変わる場合は、新しく作成し直してもらおう。

 

さらにブラック企業では、就業規則も作成されていないケースもある。

就業規則は
10名以上の従業員がいる会社では作成が義務付けられている
ので、10名以上の従業員がいるのに「就業規則が存在しない」会社は相当危険と考えて欲しい。

就業規則には、有給について等も記載されているので、入社前にチェックしたい書類の1つである。

 

雇用契約書では、ココもチェックして欲しい

雇用契約書を入手したら、チェックして欲しいポイントがもう1つある。
それは、
試用期間
の欄。

入社後、正式採用まで大体3ヶ月程度の試用期間を設ける企業は沢山ある。
中には契約社員やアルバイトとして採用するケースもある。

しかしブラック企業には、ある特徴がある。
それは
試用期間が異様に長い

ブラック企業の中には、
「試用期間中なので、いつでも解雇できる」
と言って正社員になる前に解雇する企業も存在する。

悪質なケースだと
「トライアル雇用助成金」目当てで採用し、
一定期間が過ぎると解雇
を繰り返している、どブラックな企業も社会問題になっている。

その期間が
6ヶ月

つまり、6ヶ月以上の試用期間を設けている会社は、かなり怪しい。
この手の会社は、解雇前提なので、
「試用期間中は社会保険や雇用保険に加入しない」
と言い出すこともよくある。

長期間の試用期間+社保未加入=内定辞退
と考えて欲しい。

中には、試用期間として
3年間は契約社員
という条件を出している会社もある。

ノルマも仕事内容も正社員と同じだが、クリアできなければ、即解雇。
それまで獲得してきた顧客情報はまる儲けというビジネスモデルだそうだ。

そういった企業は「避けるが吉」だが、もし入社してしまい、試用期間が理由の解雇が横行しているのならば、
正社員でなくても、
14日以上雇用されると、正当な理由なく解雇することは違法
になることもお忘れなく。

会社内部を詳しく知りたいなら

入社後まずは販売員を経験したのち、本社に戻りそれぞれの仕事をしていくようになります。
しかし、実際に理想の仕事ができるかどうが分からないですよね。

【キャリセン】
就活支援サービスとして現在NO,1の実績があります。

キャリセンの特徴として、、

5万人の学生が利用しているので安心。
完全に個別相談なので、知り合いにバレない。
・特別選考のオファーが多い。
・内定獲得率が普通より5倍高い。

あなたの狙った会社へのゴールが近くなります!
(※無料で使えるのは全て掲載企業のお金で運営されているからです。)

就活は、一人の力ではきっと難しいでしょう。
頼れるサポーターと相談しながら、進めていくことでより良い就活をすることができます。

≫≫『キャリセンの詳細を見たい方』は次のページ

-転職
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.