ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

臨床心理士辞めたい!辛くなる原因と解決のポイントは?

更新日:

心理のプロである、臨床心理士。
人の心を扱う仕事なので、悩みなんてなさそうと言われがちですがとんでもない!

心の仕組みが分かっていても、ストレスの多い仕事です。

人間関係にも悩むし、仕事が辛くて仕方がないこともある。
正直、しんどい割に、給料だって高くない。

今回は悩める臨床心理士の実体験から、「臨床心理士を辞めたい理由」と「転職先例」、「転職を成功させるポイント」をご紹介します。

臨床心理士が仕事を辞めたい理由は?

人の心に寄り添う仕事である臨床心理士。
心理の専門家であるがゆえに、人一倍自分のメンタルヘルスや管理が求められる仕事でもあるのです。

・人間関係に疲れた
・準備などにも時間がかかり、プライベートな時間が確保できない
・ストレスで体調が良くない
・給料が低すぎる
・資格を取ったけど、臨床心理士に向いていない気がする

辞めたい理由はそれぞれでしょうが、放置しておいてはご自身の健康を害する場合もあります
では、実際に臨床心理士の仕事を辞めた人は、「どんな理由」で「どんな業界」に転職したのでしょうか。

 

臨床心理士が仕事を辞めたいと思った実体験

では、ほんの一例ですが、実際に臨床心理士の仕事を辞めた人の実体験をご紹介ます。

○重労働なのに、給料が安すぎる

高齢者が多い精神科病棟で臨床心理士として働いていたAさん。
慢性的な人員不足の部署だったので、本来臨床心理士が受け持つ仕事でないことも押し付けられていました。
臨床心理士の仕事のウェイトが低いことと、患者の層が高齢者だったため、臨床心理士というより介護的な仕事の多さも悩みの1つでした。

Aさんが転職を決意した大きな原因の1つが、給料の安さでした。
残業続きで働き詰めだったにも関わらず、月収は手取りで14万円ほど。
生活を切り詰めて、やっと暮らしていける状態だったのです。

そんなAさんは、
・もっと臨床心理士としての業務量が多い職場
・給料面をもっと改善したい
という観点で転職活動を開始。

小児専門病院の臨床心理士として、採用されました。
給与面も改善され、検査やカウンセリングなどの業務をメインに行うことができるようになりました。

○キャパオーバーで退職を考えた

大学で心理学を選考していたBさん。
最初は研究職希望でしたが、現場で自分のスキルや知識を活かしたいと臨床心理士になりました。

知人の運営する相談施設で、カウンセラーとして活躍するBさん。
研究職では出会うことのない症例のクライアントを受け持つことで、臨床心理士としての経験を積んでいきました。

一見、順調そうに見えたBさんですが、「人の悩みを聞き続ける」ということで知らず知らずのうちに、自身の心が弱っていったのです。

最初はただの体調不良だと思っていたのです。
しかし、ある日、出勤できなくなったことで、自身の精神が限界に近い事に気付いたのです。

カウンセリングの基本は、傾聴することです。
臨床心理士が結論を出すのではありませんが、「聞く」という作業はそれだけ負担の多い行為なのです。

結局、Bさんは療養のために退職。
回復後に転職活動をすることになりました。

Bさんの「人と接する仕事がいい」という希望で、コンサルティング会社へ再就職しました。

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

臨床心理士が転職する方法は?

では、いざ臨床心理士が転職しようと思った時に、どんな方法で転職先を見つけたらよいのでしょうか?

よくある方法が、
・転職サイトに登録して、希望の仕事を自分で探す
・知り合いから紹介してもらう
というものでしょう。

自分の希望通りの職場に就職できればそれでもいいでしょうが、そうでなかった時は大変です。

・給料や待遇が聞いていた内容と全然違う
・仕事内容が全然違う
・残業だらけ
・人間関係が悪い

想像していたり、説明されていた職場環境と大きく異なる場合は、転職したことを後悔してしまうかもしれません。

しかも知人などからの紹介の場合、その不満を漏らすことも、早期退職することもできずに、さらにストレスを溜めてしまう原因にもなります。

 

臨床心理士が転職を成功させるポイントは?

臨床心理士の求人情報は、表向きにはそこまで多いとは言えません。
求人数自体が少ないということもありますが、応募者の殺到を避けるために「転職エージェント」などに求人を依頼していることが多いからです。

ですので、臨床心理士が転職を考えた場合、色々な転職エージェントに登録することも、転職成功に向けての有効な手段です。

転職エージェントに自分の希望を伝えて、求人情報が入れば連絡してもらうことも出来ます。
また、臨床心理士の職に拘らない、もしくは臨床心理士でない仕事を希望するのならば、臨床心理士の経験や自分の志向性が活かせる職を教えてもらえることも出来ます。

なにより、転職エージェントを通すと、事前に転職先の人間関係などの情報を知ることも出来ますし、労働条件が違っていた場合もエージェントが間に入って改善に取り組んでくれることがあります。

知人とは違って遠慮しなくていいので、「おかしい」と感じることはどんどん質問して、エージェントから確認してもらってもOKなので安心です。

転職エージェントは数多くありますが、まず登録しておいた方が良いエージェントは、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

意外に手のかかる応募書類の作成についても、より魅力的な人材だと思ってもらる様にマイナス点をどうプラスに転換するか、アドバイスしてもらえます。

臨床心理士の転職は、患者さんが後任者に馴染んでもらったり、引継ぎをする時間が掛かります。
もし、転職を決意したのならば、少しずつ周囲に自分の仕事を渡しながら、準備していってください。

 

-転職の悩み
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.