ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

病院の評判・口コミ 看護師

箕面市立病院は優良病院?看護師としての求人と評判・口コミは?

更新日:

日経が実施する「実力病院調査」でモデル病院にも選ばれたことのある箕面市立病院。

 

「看護師が働きやすい」という評判を聞いたのですが、本当のところはどうなんでしょうか?

 

箕面市立病院が本当に働きやすいかどうか、色々な角度から見てみましょう。

 

転職希望者も、入職を希望する新卒看護師も参考にしてみてください。

 

箕面市立病院の病院概要と特徴

○箕面市立病院の病院概要

箕面市立病院は北摂エリアの中心総合病院として、急性期医療や高度・専門医療を提供している二次救急病院です。

所在地は、大阪府箕面市萱野5丁目7-1です。

診療科目は、

・内科、消化器科、胃腸センター
・外科、神経内科、脳神経外科、
・小児科、産婦人科、女性専用外来
・精神科、心療内科
・整形外科、形成外科、 リハビリテーション科
・泌尿器科、皮膚科、耳鼻いんこう科、眼科、歯科
・放射線科、麻酔科

特に消化器科が有名な病院です。

 

病床数は、317床。うちICUと回復期が63床です。

 

看護基準は、7:1です。

 

○箕面市立病院の特徴

1.市立病院なので、身分は「公務員」

箕面市立病院は市立病院ですので、看護師の身分も「公務員」になります。

 

そのため、年間休日も多く、有給休暇もはじめから20日付与と恵まれた環境です。

 

2.比較的ゆったりとした勤務体制

箕面市立病院は、病棟勤務の際に3交代制と2交代制を取っています。

 

夜勤時にも看護師3人体制を取っているので、急患や急変時にもある程度の余力を持って対応に当たることができます。

 

休憩や仮眠が取れない病院もありますが、箕面市立病院の場合は仮眠も十分に取れます

 

落ち着いた勤務体制のため、残業も少ないです。

 

急患が重なった際や繁忙期に2時間程度の残業が発生する程度で、定時で退勤することもできます。

 

3.看護師の年齢分布

箕面市立病院に在籍している看護師の年齢層は、20〜50代。いづれかの世代が欠けていることがなく、バランスよく在籍しています。

 

子供のいる看護師も多いのも、箕面市立病院の特徴です。

 

箕面市立病院で看護師が働くメリット・デメリット

○箕面市立病院で看護師が働くメリット

1.人間関係が良く、離職率が低い

箕面市立病院はスタッフ間の人間関係が良く、定着率が非常に良い病院です。

 

離職率が10%以下というデータもあります。

 

看護師を年齢別にみても、まんべんなく分布していることでも分かります。

 

2.仕事とプライベートの両立がしやすい

箕面市立病院では、「有給休暇の取得推進」や「残業削減」などを推進しており、サービス・運営についての調査でモデル病院として紹介されたこともあります。

これらの取り組みのおかげで急性期病院とは思えない程、プライベートな時間が確保しやすい働き方が実現できています。

 

3.院外研修で補助が出る

箕面市立病院では研修や勉強会を随時開催することで、看護師のスキルアップを図っています。

 

院外の研修については、補助金が支給されたり、出張費が支払われることもあります。

 

4.子育てに理解がある

箕面市立病院では、仕事と子育ての両立に理解のある働き方を用意しています。

 

看護師の産休・育休の取得率も高く、子供が急病時も早退させてもらいやすい環境です。

 

院内に24時間制の保育施設もあります。

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

○箕面市立病院で看護師が働くデメリット

1.辺鄙な上に、駐車場代が高い

箕面市立病院は、千里中央駅からもバスで15分程度かかります。

 

そのため勤務する際は、車通勤を勧められます。交通費は支給されますが、駐車場代が月額1万円かかる点に注意が必要です。

 

2.託児料金が高い

院内保育があるのは良いのですが、利用料金が割高です。

 

夜勤の際に利用すると赤字になるくらいなので、改善を望む声が多いです。

 

3.若い世代の看護師の教育が課題

箕面市立病院では人間関係が円満なことが美点でしたが、近年入職してきた世代の一部に不満を持つ看護師もいます。

 

挨拶やマナーなどの基本的な事から指導が必要な看護師をどう指導していくかが課題となっています。

 

4.常勤看護師の公募が少ない

箕面市立病院は離職率の低さから、常勤看護師の公募は少なめです。

 

アルバイトなどで募集がかかることがあるので、病院HPをチェックしてみましょう。

 

5.残業代が出ない

若手だけでなく、ベテランも残業代を支給してもらえないようです。残業削減を推進していますが、やはり少しの残業はあります。

 

逆に言うと、残業代が出ないから早々に帰宅するというスタンスを取りやすいです。ただ、前残業もあるので、ゼロにするのは厳しいところ。

 

 

箕面市立病院で働く看護師の給料は?

では、箕面市立病院で働いている看護師の給料はおいくらくらいなのでしょうか?

募集要項から初任給を参考にしてみると、

・短大3年卒 282,500円
・4大卒   288,900円
(準夜勤、夜勤 各4回勤務の場合)

となっています。

 

最初のうちは夜勤に入らないこともあることを考慮すると、「1年目の月給は約24万円程度」です。ちなみに、「5年目看護師 月給27万円」、「10年目看護師 月給29万円」程度です。

 

看護師全体と比べてもごく平均的な金額ですが、箕面市立病院の場合、勤続年数に合わせての昇給率がかなり高く設定されています。

 

ちなみに、賞与は4か月超。ベースが上がるほど沢山支給されやすい環境にあります。

 

常勤看護師の募集頻度が低い箕面市立病院ですが、夜勤のアルバイト看護師の募集はまだ募集頻度が高めです。

 

身分はアルバイトですが、1回夜勤に入ると約4万円の収入になります。週2回入るだけでも、30万を超える収入になります。

 

箕面市立病院についてもっと知りたい時は

箕面市立病院についての情報をお届けしましたが、これだけ好待遇の病院ならばぜひ入職したいと思うのは当然です。

 

ただ問題なのは、募集頻度が少なく、公募には年齢制限があるという事です。

 

それでも諦めきれないという方に、ちょっとした裏技を伝授します。

 

とっても簡単な方法ですが、それは看護師の転職をサポートする「転職エージェント」へ相談することです。

 

箕面市立病院のように人気の病院は公募を掛けると応募者多数になり、選考作業が大変なことになります。

 

そのため、付き合いのある転職エージェントに「非公開求人」として、こっそり人材集めをお願いすることがよくあるんです。

 

箕面市立病院についても、少人数の空きが出たタイミングで依頼が入ることがあるので、いくつかの転職エージェントに登録しておくと、迅速に情報をキャッチできるようになるのです。

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

転職エージェントでは、現役看護師にアンケートやヒアリングを実施しています。そのため、ネットの口コミよりも有益な内部情報をゲットできるんです!

 

賢く利用しながら、転職成功させてください!

 

-病院の評判・口コミ, 看護師
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.