ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

老健看護師という働き方のメリット・デメリット!老健求人の注意点

更新日:

車椅子と手

 

今の勤務体系がきつすぎる。
もっと自分の時間を持ちたい。
そう考えるアナタは、忙しすぎる看護師ではないですか?
特に「夜勤」がネックとなっている方が、沢山いらっしゃいます。

看護師が活躍できる場は、病院だけではありません。
今回は選択肢の一つとして、「老健(介護老人保健施設)」での働き方について、ご紹介します。

 

看護師が老健で求められることは

「老健」とは、原則65歳以上の要介護認定者が入所する施設。
高齢者が自宅に戻ってからも生活できるようにリハビリやケアを行う施設のこと指します。
色々なタイプがありますが、病状が安定している方、治療の必要がない方が入所します。
ちなみに、医師は常駐していません。

ですので、求められる仕事内容は
・バイタルチェック、服薬管理、褥瘡や口腔のケアなどの健康観察
・急変時の手配や付き添い
がメインになります。

老健ではリハビリが大きな柱となりますので、介護士と共に
・入浴、排泄サポート
・食事の介助
・館内イベントへの同席
なども業務に含まれる施設もあります。

 

老健で働くメリット

追い立てられるような働き方が少ない
そもそも老健は、入所者のリハビリやレクリエーションを軸に、午前・午後のスケジューリングが行われています。
ですので、ナースコールに追われながら通常業務も消化しなければならない病院勤務とは違い、比較的時間にゆとりを持って勤務できる施設もあります。

外部からの急患もないので、病院勤務の頃に比べてゆったり仕事ができると言う看護師もいます。

急変はまれで、残業が少ない
病院とは違い、治療の必要のない方や病状が安定している方を対象としているので、急変などで残業することが少ない職場です。

入所者にじっくり向き合える
入所者の自立が最終目標の施設ですので、リハビリやレクリエーションを通して、入所者にしっかり向き合った看護がしやすいです。
リハビリが進む姿を見ることができるので、入所者の方と達成感を一緒に味わえる喜びがあります。

夜勤をすれば、収入アップ
介護老人保健施設の場合は24時間看護になりますので、看護師も夜勤に入る必要があります。
その分は手当が付くので、収入アップにつながります。

 

老健で働くデメリット

仕事の境界が曖昧
看護師と介護士が同時に働くという環境の為、仕事の線引きが難しい場合があります。
業務分担ができていない施設だと、相手にどこまで求めるかが原因で人間関係が悪くなり、「看護師v.s.介護士」の対立に発展するケースもあります。

介護ケアが大変
健康管理が基本業務ですが、入所者の特性上、介護業務もこなさなければなりません。
特に夜間のオムツ交換や俳諧などで、人員配置によってはハードになる場合もあります。

夜勤がある
労健では、いわゆる「夜勤72時間ルール」が適応されません
人員構成によっては、夜勤が多くなる可能性があります。

緊急時は1人で対応しなければならない
特に夜間は、医師が不在・看護師1名の配置になることが多いです。
急変時には、医師への連絡、救急搬送の手配、状況説明、付き添いなども1人でこなさなければなりません。
またそれに伴って、責任ものしかかってきます。
そのため、老健の夜勤看護師は、病棟でのキャリアを持った看護師の方が適しているでしょう。

病院勤務に比べて、給与が低めになる場合もある
医療行為が少ない分、業界を見渡すと病院勤務に比べると給与が低めな傾向にあります。
母体となっている運営元の経営状況によって待遇が違ってくるので、応募前に経営状況をチェックする必要があります。

 

老健求人に応募する際には…

できるだけデメリットの少ない施設を選びたいものです。
そこで、労健施設の求人に応募する際にチェックしたい項目を挙げてみました。

1.「仕事の境界が曖昧」な部分は、
看護師と介護士の役割分担を質問
してチェックしましょう。

2.「介護ケアが大変」な部分は、
日勤・夜勤の人員配置を確認
して、負担が大きすぎないかをチェックしましょう。

3.「夜勤がある」は、2同様人員配置を確認。
もし夜勤自体が難しいのならば、
日勤のみの勤務は可能か?
をチェックしましょう。

老健勤務のメリットは、
日勤常勤や日勤パートなどの働き方がしやすい
点です。
収入よりも働き方に重点を置いている方は、こういった働き方で探してみるのもいいでしょう。

4.「緊急時は1人で対応しなければならない」ことで発生する責任が嫌という方もいらっしゃるでしょう。
特に救急搬送するまでに時間がかかる立地の場合は、尚更でしょう。
病棟でのキャリアが浅い方、一刻も早く医師にバトンタッチしたい方には、
医師が常駐している介護老人保健施設

病院に併設されている老健
を選ぶと良いでしょう。

 

とはいえ、面と向かって聞いたら不採用になるかも…

慎重に職場選びをしたい気持ちはありますが、あまりに突っ込んで聞きすぎて不採用になるのでは?という懸念もあるでしょう。
特に、「看護師と介護士の仲が悪いか?」などは、聞きにくいですよね。

そういうときにオススメしたいのが、

利用満足度NO,1:看護のお仕事


看護のお仕事は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。
これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

10年以上に渡って看護師と医療現場の橋渡しをしてきた経験から、施設の人間関係や裏事情などにも精通しています。
人事担当者に直接聞きにくい内容は専任コンサルタントにお尋ねください。

求人数は、21万件以上の求人案件と膨大。
普通に探していては目にすることのない「非公開求人」もあります。

その中から、アナタに合った働き方をご提案。
場合によっては、条件の交渉まで行ってくれます。

「あまりに忙しすぎる」、「日勤だけにしたい」とお考えならば、どういった求人があるかだけでもチェックしてみてください。

-看護師転職
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.