ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

NICU看護師を辞めたい!仕事がきつい理由は?

更新日:

予断を許さない状況で産まれてきた小さな命を守る「NICU」

 

新生児に特化した治療を行うNICUでは、ハードな反面、回復した時の喜びややりがいは大きな仕事でもあります。

 

今回は、

・NICU看護師を辞めたいと思う理由
・仕事内容
・メリット、デメリット
・持っていると優遇されやすい資格

などをまとめてみました。

 

NICU看護師を辞めたいと感じる理由

新生児と聞くと可愛らしい、幸せな現場というイメージを持たれがちです。ですが、実際はカワイイなんて言ってられる暇もありません。ハードな現場ゆえに、新生児が憎いと感じてしまうことも…。

 

看護師たちは何で辞めたいのか?まとめてみました。

1.ちょっとしたミスでも責任が重い

他の科と違って、新生児を対象とするNICUでは小さなミスも許されない雰囲気があります。これからの人生があるのに、助けられなかったときは相当なショックを受けます。

 

ショックを受ける時間もなく、ご家族のケアや処置を続けないといけない環境もまた、酷です。

 

2.親の対応が大変

新生児の親への対応がツラくて辞めたいと感じる看護師も多いです。子どもが無事に産まれてくることが何よりと思うのが親です。

 

産まれてすぐにNICUで治療となると、感情が高ぶったままの両親は取り乱しても当然です。もちろん、看護師として理解はしているものの、なだめたり説明したりするだけで精一杯になってしまいますね。

 

3.採血、注射ができない

特別な環境ですので、一般病棟とは違った仕事内容になります。採血や注射などをしないことの方が多く、不安を感じる看護師もいます。

 

この先もずっとNICUで働き続けるなら気になりませんが、看護師は転職の多い職業です。スキルアップのため、他の科に移りたいと感じることもあるでしょう。

 

NICU看護師の仕事内容は?

NICU(新生児集中治療室)」は、新生児に特化した集中治療室のことで、先天性の重い疾患や低体重児などを24時間体制で治療する部署です。細菌感染や十分育つまでの栄養管理などは、特殊な保育器で行います。

 

NICUに収容される新生児は、重大な疾患を抱えているため、急変が付き物です。そのため、NICU看護師は最先端の医療機器を扱う知識と高いスキルや経験が求められます。

 

また、NICU看護師は、他の部署や病棟との兼務が禁止されています。

 

NICU看護師の主な仕事内容は、

○新生児の看護

新生児の状態や機器の状態を常に観察し、必要があれば適切な処置を行うことです。
具体的には、

・バイタルチェック
・呼吸器などの機器の管理
・授乳
・おむつ交換

などです。

 

○家族のケア

誕生間もない我が子が重篤患者だったら…。新生児の家族は、不安な気持ちで毎日を送ることになります。

 

そのため、

・家族の精神的なケア
・面会対応

などで、お子さんの状態を伝えたり、精神的な不安を軽減できるように寄り添った看護が求められます。

 

 

NICU看護師になるメリット・デメリット

NICU看護師として働く上で、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

○NICU看護師として働くメリット

NICUでは、対象が新生児のため、使用される機材や求められるスキルが一般病棟やICUよりも高めになります。
そのため、

・通常のIUCよりも、高度なスキルや知識が身に付く
・最先端の医療機器に対してのスキルや知識が身に付く

といったメリットがあります。

 

○NICU看護師として働くデメリット

NICU看護師は、新生児を専門に看護します。新生児の場合、バイタルの正常値や薬の適正量が成人とは全く異なります。

 

一般病棟やICUからNICU看護師になった場合、数値の違いに慣れることが大変です。

 

他にも、

・いつ急変が起こるか分からないので、常に緊張状態でいるという精神的な負担が大きい
・夜勤や残業などで、拘束時間が長い

といったことも挙げられます。

 

これらを通じて、NICU看護師には、

・体力的にも、精神的にもタフ
・気持ちの切り替えが上手くできる
・家族に寄り添ったコミュニケーションが取れる

といった要素が求められます。

 

 

NICU看護師にとって有利な資格

○助産師

新生児に特化したNICUでは、新生児の取り上げからケアに当たれるだけの専門知識を有した看護師が優遇されます。

 

NICU看護師として活躍するための、最もポピュラーな資格です。

 

○新生児集中ケア認定看護師

日本看護協会が主催している、臨床の場での専門家を認定する資格です。

 

新生児への医療行為の意味を理解した上で、ケアに当たることができる看護師が取得できます。そのため、医療行為について高い知識を有している看護師として重宝されます。

 

○特定行為研修制度

修了者は、一般の看護師ができない医療行為も特別に行うことができるようになる研修です。

 

一刻でも早い対応が求められるNICUで、迅速な処置を行うことができる看護師として優遇されます。

 

 

NICU看護師を辞めたいあなたへ

これまでお伝えした通り、NICUは肉体的にも、精神的にもハードな部署です。どんなに手を尽くしても、小さな命が消えてしまう現場に立ち会うこともあるでしょう。

 

しかし、重篤な状態から回復し、元気に退院していく赤ちゃんの姿を見ると頑張ろうと思えることも、この仕事のやりがいの1つです。

 

それでも、ハードな環境にこれからも耐え続ける必要はありません。「新生児が怖い、憎い」と思ってしまったら、一旦NICUを離れる合図です。

 

次はどんな看護をしたいですか?スキルアップでも良いですし、ゆったりと働ける職場でも良いですね。

 

まずはアナタが譲れない条件を考えてみてください。そのうえで、求人探しをスタートさせましょう。

 

自分のにはどんな職場が良いのかな?と悩んだら、転職エージェントに相談してみてください。キャリアアドバイザーが、あなたの悩みを聞き、客観的なアドバイスをくれます。

 

転職エージェントの場合、色々な医療機関の待遇や勤務状態も比較しながら説明してくれます。

 

気になる病院が見つかれば、求人募集のかかっている医療機関を紹介してくれたり、病院見学のセッティングを行ってくれますよ。

 

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→

 

気になる医療機関があれば専任コンサルタントに聞いてみてください。

 

見学や面接などのスケジューリングも、全部専任コンサルティングがしてくれますよ。

 

NICUだけがアナタの働く場所ではありません。きつくてツラいなら、違う職場もありますから。

 

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.