ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

看護師を辞めたいと思った方へ!先輩看護師がやっていること

更新日:

額に手を当てるナース

 

不規則なシフト体系に、ストレスフルな勤務で疲れきっている看護師は沢山います。
激務に加え、患者さんや医師、看護師同士の人間関係で日々グッタリ。

このまま仕事を続けていると、体調を崩したり、うつ病を発症するリスクは高くなるばかりです。

 

人に相談しても、1日中寝てみても解消しない、慢性的な「疲れた」や「辞めたい」に見舞われるようになったら、どうしたらよいのでしょう。

 

まず、「看護師」という仕事のメリットは

人材不足の為、「常に求人がある」ことです。
平均して、看護師や助産師などの有効求人倍率は3倍以上といわれています。

 

地域によっては、多少、条件の譲歩が必要かもしれませんが、
たとえ辞めても、次の職場が見つかりやすい
ことです。

 

「どうしてもこの病院でないとならない」という特別な理由がない限り、いつ辞めてもいいんですよ。
そう考えると、少し気持ちが楽になりませんか。

それを踏まえて、「看護師の仕事に疲れて辞めたい」と頻繁に思うようになったのならば、心身に異常をきたす前に、思い切って職場を離れてみましょう。

 

一口に「職場を離れる」と言っても、色々なパターンがあります。

 

1.休暇を取る

一番てっとり早いのは、有給などを利用して1週間程度の休暇を取ることです。
ゆったり過ごしてみたり、ちょっとした旅行をして、気分転換してみるのも良いでしょう。

 

完全にリフレッシュするには少し期間が短いかもしれませんが、今の病院でどうしても勤務し続け、評価もそれなりに欲しい方にはオススメの方法です。

 

2.休職してみる

1週間程度の休息では回復できそうにない方、心身ともに診断が付く程に患ってしまっている方には、休職することをオススメしています。

 

そこまでこじらせている方は、1度仕事のことを完全に忘れて、心身ともに回復することに専念することが第一だからです。

この方法のメリットは、
元の職場に戻れる保障がある
ことです。

長期間に渡り仕事をしないことで、収入面が気になる方もいらっしゃるでしょう。
診断書が出る病気に罹患している場合には、傷病手当が支給されます。
今までの給料満額とはいきませんが、収入がゼロになることは避けられます。

 

「休職」は、復帰後の受け皿と些少ですが収入も確保できる方法ですが、昇進時などの評価には、マイナスとなる可能性が高いです。

しかし、身体的にも、精神的にも疲弊している状態で勤務しては、インシデントを起こしてしまう危険性も高くなります。
また、うつ病など症状が進んでしまうと、回復までに膨大な時間を費やすことになり、看護師を続けられなくなる可能性や日常生活にも支障をきたす恐れも出てきます。

限界を超えて、自分ではどうしようもなくなる前に対応することが、長期的に見たらプラスになることもありますよ。

 

3.病院を辞める

前項までは、今の病院で働き続けたい理由がある人向けでしたが、
・今の病院でないといけないという理由や思い入れがさほどない方
・休んだところで、原因が解決されない方
には、
思い切って病院を辞める
という選択肢もあります。

今の環境で「限界が近い」と感じている理由は何でしょうか?

・夜勤続きで疲れている?
・連日残業で、忙しすぎる?
・休みがない?
・人間関係が最悪?
・常にサービス残業?

辛くて、辞めたいと思い至った理由は、一時的に休むことで解消されるものでしょうか?

例えば、病院のシステムや人間関係が原因の場合、たとえ休職したとしても、復帰後に環境が変わることの方が稀でしょう。
むしろ休職したことで、復帰後にアナタへの風当たりが強くなる場合もあります。

休職できるのならばまだ良いですが、中には休職を認めない病院もあります。

 

アナタの中で昇華できる範囲を超えていることが問題ならば、
環境を変えることで問題を解決
してみませんか。

 

退職してしまうと収入がゼロになると懸念される方もいらっしゃいます。
もし規定の勤続年数を満たしていれば、退職金支給の対象になります。
そこまで長く勤務していない方でも、6ヶ月以上勤務していれば、給付開始時期や給付期間は、状況によって異なりますが、雇用保険の失業給付の対象になりえます。

 

そして何より、冒頭で述べた
看護師には、たとえ辞めても、次の職場が見つかりやすい
という強みがあります。

 

どうしても不安な方は

アクションを起こす前に、第三者に相談してみるとよいでしょう。

医療現場の知識があって、ストレスの原因としがらみのない人でもよいですが、もっと視野を広げて判断したいのならば、無料で相談に乗ってくれる転職サービスのコンサルタントをオススメします。

 

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒


「マイナビ看護師」が高評価なのは、求人情報や病院内の情報を豊富に持っているだけでなく、これまで転職を考えた
看護師の「悩み」や「転職事例」を良く知っている
から。

アナタを悩ませていることへの解決方法を提示してくれたり、希望すれば環境が良くなるような職場を紹介してくれます。

例えば、一般応募だと夜勤が必須の病院でも、コンサルタントを通すことで「日勤のみ」で採用されたケースもあります。

相談したからといって、絶対転職しなくても大丈夫
他の病院の環境や勤務条件を見るだけでも、考え方を変えるきっかけになるかもしれません。

「看護師の仕事に疲れた」とよく思うようになったら、気軽に相談してみてください。

-看護師, 看護師の悩み
-, , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.