ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

退職・失業

気まずい退職ランキング【どうしてこうなった?】

更新日:

koko

【Hさん(20代男性)の相談】

退職まであと1ヶ月前。

このまま円満に退職するはずが、気まずい雰囲気。

普通、祝福モードで送別会してもらったりするもんじゃないの?

俺の何がいけなかったんだ?

 

モヤモヤ中のアナタ。

悩める退職者はアナタだけじゃないですよ。

Tech総研で2年以内に転職経験のある200人にアンケートを実施したところ、退職時に気まずい思いをしたと答えた人が46%にも上ることが分かりました。

今回は「気まずくなった原因」を、皆さんの体験談を交えながら。、ランキング形式でお届けします。

 

気まずい退職の原因はコレ!

1位 退職することを自分で公表する前に、他者から漏れてしまった!

退職日が決まっていない段階で、先に上司に言いふらされた。

(男性/メーカー)

同期には詰め寄られるし、取引先には不安がられた。

 

(女性/IT)

お世話になった先輩方には自分から言おうと思っていたのに...

 

上司の指示でギリギリまで黙っていた

(男性/商社)

退職日にお世話になった方が運悪く長期出張中で、退職の挨拶もできなかった。

出張から帰ってきて、辞めたことを同僚に聞かされたらしい。

確実に「薄情なヤツ」と思われた。

 

(男性/金融)

辞める直前まで黙るように言われていた。

職場が混乱しないようにとのこと・・・

「突然辞めた」みたいに思われたかもしれない。

 

2位 引き留め方が強引過ぎる

退職の手続きをしてくれない

(女性/人材)

顔を合わせるたびに引き留めるだけでなく、手続きを全然してくれない。

上司のデスクに眠っていた退職願を見つけてしまったときは、めまいがした。

 

勝手に新規プロジェクトに投入

(男性/IT)

月初に翌月末までで退職したいと伝えたのに、勝手に新規プロジェクトのメンバーにされた。

プロジェクトの期間も翌月末まで。

引継ぎ資料を作りたくて余裕をもって伝えたのに、それどころでなくなってしまった。

後任の後輩よ。グダグダのまま任せることになって、ホントにごめん。

 

ちなみに、1月は転職開始のベストシーズン!
多くの企業が4月に向けて、募集を開始します。

2月以降は転職希望者も増えるため、人気求人に応募が殺到してしまいます。
今のうちから始めるのが、転職成功の秘訣ですよ!

→512人が暴露!あなたの行きたい会社は大丈夫?

3位 退職すると分かったとたんに、冷遇された

辞めると分かった瞬間から上司に嫌われた

(男性/公務員)

引継ぎ中もずっと揚げ足を取られ続けた。

嫁姑問題がちょっとだけ分かった気がした。

 

「居なくなる人はいいよねー」と嫌味の嵐

(女性/メーカー)

ノルマがきつくなり、上層部がピリピリしていた時期だったから、

毎日、同僚やお局さんから嫌味を言われた。

 

社長にまで冷たくされた

(男性/金融)

その上、なかなか後任を雇ってもらえず、退職後も度々呼び出された。

もちろん、行かなかったけど・・・

 

社宅から追い出された

(男性/保険)

退職まで3ヶ月もあるのに、辞めるといった翌日に出て行くように言われた。

いくら何でもひど過ぎる。

 

4位 引継ぎが思うように進まなかった

時間が足りない

(男性/IT)

未経験者が後任になってしまい、初歩的な用語から指導することに。

一向に進まず、最後は「マニュアルを見たらできるから」と押し切る形で退職することになった。

 

後任が鬱に、そして途中変更。

(女性/飲食)

業務量が多すぎて、引継ぎ中盤で後任が鬱になり、休職することに。

別の後任に一から引き継ぐことになったが、時間がなかったので相当はしょった引継ぎになってしまった。

 

いかがでしたでしょうか?

集約すると主な原因は、

  • 自分で退職することが伝えられなかった
  • 周り(特に上司)が強引
  • 「辞める=逃げ」だと思われている
  • 退職までの時間が短い

という結果が見えてきます。

中には、不可抗力な事例もあります。

 

ですが、退職後も別の現場で顔を合わせる可能性があるため、人間関係は崩さずに退職したいところです。

その為には、

  • 周りと普段からコミュニケーションをとっておく
  • 日頃から業務マニュアルなどをまとめておく
  • ポジティブ転職だと理解してもらう
  • 上司には早めに辞意を伝える
  • 周りにも自分から伝えるようにする

などを行っておくことで、気まずい退職は回避しやすくなるのではないでしょうか?

 

正しい退職のノウハウを具体的に知る方法とは?

「いずれ転職するつもり」

「近々、退職予定」

という方は、辞める前に一度、退職ノウハウを知っておいてください。

 

検索したり、辞めたことのある友人に聞いても良いですね。

ただ、転職するから辞める予定の方は『転職エージェント』に話を聞いてみるのが良いでしょう。

なぜなら、転職しても今の会社と関わる可能性は十分あるからです。

特に、同業で転職活動予定の方は注意してください!

 

とはいえ、退職前って、社内の先輩や友人なんかには話せないものです。

仕事の辞め方を無料サポートしてくれるサービスがあったら、使いたいと思いませんか?

そんな嬉しいサービスを提供してくれるのが、

転職成功実績NO.1:リクルートエージェント

人間関係・雰囲気など、リアルな企業の内部事情を教えてくれる
残業時間が少ない職場を紹介してくれたので、自由時間も増えた
内定後に自分の希望年収を交渉してもらえるから、昇給に成功した

転職に失敗した人の多くは「内部情報を知らなかった&希望条件を妥協した」ことが原因です。
ネットの口コミや求人サイトにある表向きの情報だけで決めたので、自分に合う職場を見つけられなかったんですね・・・

逆に、転職成功した人は、求人の応募前に「人間関係や職場の様子、残業の度合い」を教えてもらっていたんです!
リクルートエージェントでは、実際に働いている人からアンケートを取っているので、最新情報がゲットできますよ。

リアルな内部口コミを聞いているので、就職後に「社風が合わない」なんてことはありません

簡単登録!12万件以上の求人から探してみる>

 

これから退職する予定の方、後悔なく辞めれると良いですね。

せっかくなら、最後くらい後味良く終わりましょう!

 

-退職・失業

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.