ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 退職・失業の悩み

【失業給付Q&A】 失業給付をもらうための具体的な手続きは?

更新日:

失業給付

 

失業給付の基本手当を受けるためには、まず住所地を管轄する公共職業安定所で離職の確認を受け、「求職の申し込み」をします。

その際、離職票、雇用保険被保険者証、印鑑、運転免許証または写真付き住民基本台帳カード、写真などを持参します。

受給資格が決定すると、雇用保険受給説明会の日時と失業認定日が指定されます。

求職の申し込み後の7日間は待機期間となり、基本手当の支給はありません。

さらに、自己都合による退職の場合、3ヶ月間は基本手当が支給されない給付制限の期間が設けられます。

この期間を経て、指定された失業認定日(4週間に1回)に公共職業安定所で出向き、直前の28日間について失業していたかどうかの認定を受けます。

この間に2回以上の求職活動が必要で、失業状態が確認されると基本手当が振り込まれます。
→『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-一般企業・公務員, 退職・失業の悩み
-, ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.