ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

仕事で困るレベルのメンタル弱い人は、あの名曲を聞け

更新日:

何かしようにも続かない。
嫌なのに「No」が言えない。
仕事や日常生活がうまくいかないことに悩んでいませんか?

もしかしたらその原因は、「メンタルが弱い」ことに起因しているのかもしれません。

 

メンタルが弱い人の特徴

まず、メンタルが弱いといわれる人には、どんな特徴があるのでしょうか。

・必要以上に緊張する
・人にどう思われているのかが常に気になる
・人の意見に影響されやすい
・打たれ弱く、落ち込みやすい
・自信が持てない
・自分の意見を言うのが苦手
・ネガティブに考えがち
・不満が溜まりやすく、すぐに愚痴りがち

思い当たることはありませんか?

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

どうしてメンタルが弱いのか?弱いと不利なのか?

メンタルが弱くなる原因はいくつかありますが、生まれ持った資質や思考の傾向が影響を及ぼしているようです。
元々、内気だったり、感受性が強いタイプは、少しの刺激でも落ち込んだり、傷ついてしまいます。

他にもメンタルが弱いといわれる人は、「悲観的な解釈」をする傾向があるといわれています。
同じことが起こっても、メンタルの強い人は気づかなかったり、他人の評価をそれほど気にしなかったりします。
ところがメンタルが弱いといわれる人は、問題を過大に捉えたり、必要以上に悲観しがちです。
結果として、他人より余計に自分を追い込んでしまっているのです。

もっとも良くないことは、
自分で「メンタルが弱い」と思い込むこと
です。
何事に対しても「メンタルが弱いから…」と理由づけて落ち込む、という負のスパイラルから抜け出せなくなってしまいますよ。

アナタは自分の性質を不利だと思っていませんか?
繊細だったり、悲観的な解釈をすること自体は、悪いことでありません。

言い換えると、
・繊細→他の人が気付かないことに気付ける
・悲観的な解釈→最悪の事態を想定した、慎重な行動ができる
ということになります。

いわゆるメンタルの強い人には、できないことだらけですよ。
むしろ世界中の人が、おおざっぱだったり、イケイケだったら、とんでもないことになりそうです。

世の中をうまく回していくには、アナタのようなタイプも必要なんです。

 

仕事や日常生活が上手くいくためにも、メンタルの弱さを克服しよう

そうはいっても、今のままでは生きにくさを感じていることも事実です。
メンタルの弱さも自分を構成する特徴の1つに過ぎないと受け入れて、強くなるための方法をいくつかご紹介しましょう。

 

○無理やり自分を変えようと思わないこと

メンタルを強くするために、イメトレをする方がいます。
自分が強くなった姿を強くイメージしてみるのですが、その方法はあまりオススメできません。
ふとした瞬間に、現実の自分とのギャップに気付き、さらに落ち込んでしまうからです。

同様に「ポジティブシンキング」も辞めてしまいましょう
最新の心理学研究では、「ポジティブシンキングよりもネガティブシンキングの方が成功できる」という結果が出ています。

本当の強さを手に入れるためには、
ありのままの自分を認めること
が大切です。

まさにアナ雪の「Let it go」の境地を目指しましょう。

 

○ありのままの自分になるためにできること

自分を受け入れるためにできることをいくつか紹介します。

・「ほめ日記」を付ける

やり方は、ノートに毎日、自分の長所や良かった点を書き出すだけです。
最初は書けなくても、いいんです。
自分のよい所を見ていなかったということに気付けたことに意義があるんです。
1日1つでいいんで続けていくと、思っているより「自分はいい奴なんだ」ということに気付けます。

 

・習慣化に取り組んでみる

ちょっとしたことを習慣にして、できた自分を褒めてあげるという方法です。
きちんと挨拶する、シンクは常にきれいにしておくなど、日常生活でできることでいいんです。
やるべきことがきちんとできていることや毎日褒めてあげることが、自己肯定力の向上につながるのです。
習慣として定着させるために、3週間は続けましょう。

習慣化と並行して、規則正しい生活を送ることも心がけましょう。
睡眠不足や過度の飲酒はメンタル面に悪影響を及ぼします。
きちんと食べて、しっかり睡眠を取る。
そしてできたら、自身を褒めてあげることを心がけましょう。

 

・自己主張は悪いことではないと認識する

メンタルが弱い人は、自己主張したり、拒否することが悪いことだと思いがちです。
本音を押し殺して生きていくのは辛くないですか?
「No」が言えないことで嫌な仕事を押し付けられたり、不利益を被るのはもうやめましょう。

暴言や著しい職務放棄でもない限り、自己表現することで他人を嫌な気持ちにさせることはまずないでしょう。
もし相手の意に沿えなくても、それは相手の問題なのですから。

「できない」ことはできないでいいんです。

 

・専門家の力を借りる

どうしても自己主張することが難しかったり、休んでも疲れが取れないなどの症状がある場合は、専門家を頼りましょう。
「自己主張についてのセミナー」を受講して、自分の意見を言えるトレーニングをしてみるのもよいでしょう。
心労が大きすぎる場合は、心療内科などの医療機関を頼ってもいいです。

アナタの現状を見極めてもらい、「心が軽くなるにはどうしたらよいか?」を専門家からアドバイスしてもらいましょう。

 

メンタルに良くない環境にいるのならば

アナタ自身が変わろうとしても、必要以上に否定され続ける環境にいては思うように効果が表れません。
委縮してしまうような職場に居ても、アナタにとって良いことはありません。

自己改革の一環として、環境を変える事も視野に入れた方が効果が出やすこともあります。
ありのままのアナタの意見を求めている会社が世の中にはあるかもしれませんよ。

今の会社で生きにくさを感じている方に相談することをオススメしているのが、求人数、紹介実績ナンバー1の「リクルートエージェント」。

面談を通して、アナタがどういったことに向いているのかを一緒に考えてくれます。
もっと活躍できるような条件や仕事内容の求人があれば無料で情報提供してくれますよ。

メンタルが弱くったっていいじゃない。
だからこそ、見える世界や活躍できる舞台があるんです。

その場所に立てるきっかけになるといいですね。

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.