ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

新人薬剤師が辞めたい理由!転職した方が成長できる場合もある

更新日:

薬剤師の仕事がつらくて辞めたい。
やっと薬剤師になれたのに、仕事に行くのが憂鬱になっている新人薬剤師さんって多いです。

新人薬剤師が「辞めたくなる理由」と「新人でも転職した方がハッピーになれる例」をまとめてみました。

辞めたくてつらい新人薬剤師さん、参考にしてみてください。

 

薬剤師が仕事を辞めたくなる主な原因

人間関係に悩んでいる

女性の多い職場でもある薬剤師業界。先輩や上司との関係に悩んでいる新人薬剤師も少なくありません。

特にチェーン店でない調剤薬局や病棟勤務の場合、人事異動や人の流動性がほぼなく、接する人間が固定化されてしまいます。
物理的にも部屋が狭い職場が多いので、ドラッグストアなどのように人の多い職場に比べて逃げ場がないつらさがあります。

 

長時間のオーバーワーク

ドラッグストアーなど営業時間が長い職場だと、長時間労働になりがちです。
調剤併設店に勤務すると、店舗によっては調剤以外に品出しなどの作業も行わなければなりません。
キャンペーン前日や欠品が多い日は、閉店後から商品補充が終了するまで帰れません。

他にも入社後に退職が相次ぎ、一気に人手が足りなくなってしまう場合もあります。
そうなると必然的にアナタを含む残っているメンバーへの負担が重くなります。

併設店の場合は、パート勤務の薬剤師でシフトを回していることがあります。急な欠勤や長期休暇中などに出勤できない場合、フルタイムで働いている人がシフトを埋めることになります。
結果、連勤続きで疲弊してしまいます。

 

新人薬剤師ならではの「辞めたくなるスパイラル」とは?

人間関係やオーバーワークも仕事がつらくなる要因ですが、新人ならではの「負のスパイラル」に陥っているケースもあります。

 

仕事ができない

新人なので仕方ない部分もありますが、それを良しとしない先輩や上司も存在します。

例えば、今の職場ではどれくらいの数の採用薬がありますか?
薬剤師の仕事の基本として、「今、提供できる薬を把握」しなければなりません。

あまりに覚えが悪く、調剤に時間がかかっているようだと、先輩から「邪魔だから」と邪険に扱われる原因になりかねません。

新人の間は、知識や経験不足から大変な思いをしたり、悔しい思いをすることがあるかもしれません。
そして優しく指導してくれる先輩ばかりではないのが現実です。

自分が「仕事ができない」と感じているのならば、仕事の「どういう部分が」できていないのか?をしっかり見極めることも必要です。

 

大失敗で自信喪失

「調剤する薬を間違えた」、「特記事項を見逃して、薬物アレルギーがある薬出してしまった」など、調剤過誤を起こしてしまった人もいるでしょう。
そのことが原因でクレームになったりすると、本当に辞めたくなるほどつらいです。

でも調剤過誤は、新人だけの問題ではありません。

 

できない新人認定される

こうしたミスを犯してしまったことが原因で、先輩から「できない子」という目で見られてしまうことは新人薬剤師にとってはつらいことでしょう。

一度「できない子」だと認定されると、それを覆すのはなかなか大変です。功を焦って失敗してしまったり、ミスを恐れて萎縮することで余計なミスを連発したりしてしまいがちです。

本来ならばミスをカバーしたり、過誤をしない方法を指導するなど、チームワークで新人を育てようとするものです。
新人を育てるどころか貶めるような職場は、他にもストレスが溜まるような原因が潜んでいます。

 

あなたは「どうしたら良いか分からず困っている新人」をいじめのターゲットにするような、最悪な職場で働き続けたいですか?

 

評価は職場しだい!やることやって低評価なら他を探そう

新人時代は、特に先輩などの第三者からの評価を気にしがちです。
「これでよい」という基準を作っている途中なので仕方のないことですが、あまりに他人の評価に振り回されても苦しくなりますよ。

なぜなら、職場の評価は絶対評価ではなく、その職場限りの物なのですから。

ある職場で「できない子」認定された新人も、他の職場だと戦力として頼りにされるようになったことがありました。
なぜそんな変化があったかというと、「職場の雰囲気が変わった」からです。「ミスしても全員でカバーしよう」という風潮が委縮しなくても大丈夫だという安心感につながったのです。
新人薬剤師のスキルがいきなり上がったわけではありませんが、前の職場より自信を持って積極的に仕事に励めるようになったそうです。

 

チームワークが素晴らしい職場でも、人間関係に悩んでいる職場でも、新人時代は「やることをやって、仕事を覚える」ことが大前提です。
それでもいじめにあったり、うつや病気になりそうな程過重労働な職場だったのならば、どうにか改善できないか上司に相談できませんか?

相談しても上司が理解を示してくれなかったり、人事異動などで解決が図れない職場ならば、そこに拘らずに違う職場を探した方があなたのためになるかもしれません。

 

3年未満の退職は悪いことばかりではない

よく「新人は3年は仕事を続けないと転職できない」という事をいう人がいますが、そんなことはありません。
薬剤師は「調剤する」という点や「薬に携わってる」業界であれば、職場を変えてもキャリアを積める職業です。

むしろ何か所か経験した方が、同じ疾患でも医師や患者さんによって様々な処方の仕方があることを知ることができます。

薬剤師は薬のプロとして、どんな処方にも対応できる力が求められます。
若いうちに多種多様な薬や処方の仕方に出会うことで、キャリアアップが図れるというメリットもあります。

 

最終目標は、働きやすい職場に出会うこと

新人のうちはどうしても思ったようにできなかったり、キツいことを言われて上手く昇華できなかったりと、色々な面で苦労の連続だと思います。

耐えられるうちはよいですが、うつ病を発症して仕事どころか日常生活もままならなくなってしまっては、努力して薬剤師になった意味がありません。
分からない時、悩んでいる時に、相談に乗ってくれたり、教えてくれる人はいますか?
1人もいない完全アウェーな職場だったとして、1年後、3年後のあなたはどんな風に成長しているか想像ができますか?
もし想像できないのならば、今の職場環境ではこれ以上成長が望めないのかもしれません。
潰れてしまう前に転職も視野に入れましょう。

 

新人薬剤師が転職しようか悩んだときに相談してほしいのが「転職エージェント」です。
転職のプロの彼らの元には、様々な求人情報や薬局内の情報が集まってきます。どんな職場で働きたいのかを伝えることで、志望に合いそうな求人を紹介してくれます。

 

提供される情報は、一般の求人サイトには出回らない様な求人情報がメインです。
また「応募書類の添削や応募代行」、「面接日のセッティング」、「面接対策」、「入社手続き」や「年収などの条件交渉」まで行ってくれるので、時間のない在職中でも効率的に転職活動をすることができます。
しかも、これだけのサポートが無料で受けられます。

転職エージェントの中で登録マストなのは、求人数、転職実績No.1の「リクルートエージェント」。

1分簡単!リクルートエージェント
▶︎詳細と無料登録はこちら

リクルートエージェントにしか求人を出さないという企業もあるので、登録しておいて損はありません。

薬剤師はベテランになっても続けられる職業です。
つらいことの多い新人時代だからこそ、働きやすいと感じられる職場で沢山の経験を積むことに専念して欲しいと思います。

-転職の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.