ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

看護師業務が大変な科3選&職場が合わなかったときの対処法

投稿日:

病院で働く看護師にとって避けられない部署異動。

 

新人時代からずっと同じ診療科に勤めている人もいるかもしれませんが、多くの看護師が異動を経験します。慣れた部署から異動するのは、誰にとってもストレスです。

 

また、働いているうちに様々な噂を聞き、「ここだけは行きたくない!」と思う診療科もあるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、看護師が大変だと思う診療科や不安を乗り越える方法を紹介します。

 

診療科が変わると、仕事内容も変わる!

看護師の仕事は、保健師助産師看護師法によって「診療の補助」と「療養上の世話」の2つに定められています。しかし、診療科や患者さんが変われば仕事内容も変わるのが看護師業務です。

 

医師のように、専門科目だけを勉強すれば良いわけではありません。必要な知識や技術も変わるので、異動するとなれば新たに勉強する必要があります。

 

例えば、整形外科で働いていた看護師が精神科に異動になると、仕事内容が全く異なります。整形外科では、手術後の処置やリハビリのサポートを行いますが、精神科では患者さんの心に寄り添い小さなことでも見逃さない観察力が求められます。

 

また、同じ診療科でも仕事内容が違うこともあります。

 

例えば、同じ循環器でも、循環器内科と循環器外科では仕事内容が変わります。循環器内科では、主に内服やカテーテル治療で対処できる疾患を抱えた患者さんが対象です。心電図を読み取る力や、生活指導の知識などが必要になります。

 

一方、循環器外科は開胸手術のようにダメージが大きい手術を必要とする患者さんを対象とします。そのため、術前から術後の管理や、安静が解除になるまでの身体介助の技術を身につけなければなりません。

 

このように、看護師の仕事は専門的でありながら幅が広いので、覚えることがたくさんあります。異動となると気が重くなるという看護師が多いのは当然かもしれません。

 

ちなみに、看護のお仕事では24時間365日いつでも相談できます!

生活リズムが不規則な看護師にとっては嬉しいもの。

電話、メール以外にLINEでも連絡できちゃいます。

24時間OK!看護のお仕事に相談&求人を探す⇒

 

看護師にとって大変な科は?

ここでは、看護師が大変と感じることが多い診療科を3つピックアップします。

 

精神科

うつ病や統合失調症など、心の病気を扱う科です。病院の規模によって、開放病棟のみだったり閉鎖病棟を併設していたりします。

 

精神科は、他の科とは違う点がたくさんあります。

 

まず、他の科に比べて採血や点滴の回数が少ないです。このような医療的処置が少ないので、看護技術のスキルアップできないと悩む人がいます。

 

今後、他の科に異動になったときや、転職しようと思ったときに不利になると思うようです。医療行為をバリバリ経験したいという看護師には不向きといえます。

 

また、精神疾患を患う患者さんの中には、幻覚から暴言・暴力をふるう人もいます。このような患者さんの言動に傷つき、仕事に行くのがつらいと思うこともあるようです。

 

患者さんへの細やかな観察と配慮が必要ですが、自分自身の心の健康を守ることも欠かせません。

 

小児科

子どもが好きな看護師には人気ですが、仕事となると大変だと感じることも多いです。

 

まず、小さな子どもが病気と闘っている姿を間近で見ることになります。面会時間が終わり、親が帰るときに泣きだす子どももいるでしょう。このように子どもが苦しむ姿を見るのは辛いことです。

 

また、子どもは年齢によって危険なことが理解できず、ベッドから転落したり点滴を抜いたりと事故を起こす危険があります。注意深く観察し、早めに予防策を講じることが大切です。

 

さらに、親との関わりが大変と感じる看護師が多くいます。大切な子どもを預けるので、親もナーバスになりやすいです。

 

時には、苦情を言われることもあるかもしれません。親の気持ちを理解し、優しくケアできる看護師が求められます。

 

脳神経外科

脳神経系の病気になると、半身麻痺などでADLが低下する患者さんが多いです。そのため、保清や食事など日常生活全般において介助が必要になります。

 

寝返りができない場合には、褥瘡のリスクが高いのでこまめに体位変換します。このように、脳神経外科で働くと、身体介助が多いので体力的につらいという声が多く聞かれます。

 

さらに、脳のダメージにより不穏行動をおこす人も珍しくなく、常に気が抜けません。暴言・暴力をふるう人もいるので、患者さんとのコミュニケーションに悩むことも多いです。

 

 

「大変」と感じる理由は人それぞれ

大変な科をピックアップしましたが、読んでいる人によってはそう感じないかもしれません。

 

看護技術よりも精神的なケアの方が得意という人や、大変だけれども身体介助を極めたいという人もいるでしょう。正確にいうと、大変だと思うかどうかは人によって異なります。

 

私の友人で長年精神科勤務だった看護師がいますが、とても楽しく自分に合っていると言っていました。ですので、一般的に大変だと言われているからといって、マイナスイメージをもたないようにしましょう。

 

また、同じ科でも働いている病院によって大変かどうかが変わることもあります。病院が小規模で軽症な患者さんが多い場合や、人間関係が良好で大変さをカバーできる場合です。

 

実際に働いてみないと分からないことも多いので、異動する前からあまり不安にならないように気を付けましょう。

 

 

異動に不安を感じたときの乗り越え方

できる範囲で予習する

不安な気持ちがおこる原因のひとつに、情報がないことが挙げられます。

 

誰でも最初は不安です。いくら経験のある看護師でも、初めて働く科に異動が決まれば不安になります。

 

これを少しでも解消するために、できる範囲で良いので異動先の科の予習をしましょう。メジャーな疾患やそれに対する治療法、看護するうえでの注意点など、ざっくりでも予習することでイメトレができます。

 

また、実際に異動したあとも、知識があるので仕事しやすくなります。

 

実際に働いている人から情報収集する

異動先の科に、仲の良い同期や先輩などはいませんか?このような人がいる場合は、ぜひ情報収集をおすすめします。

 

実際に働いている人から聞く情報が、1番頼りになります。そのときに、これは覚えておいた方が良いという知識を聞いておくと、上記に挙げた予習にも役立ちます。

 

不安感じることを明確にする

新しい科に異動する前は、漠然と不安を抱えていることが多いです。自分が何を大変だと感じるのか、不安に思うのかを明確にしましょう。

 

そのとき、今まで経験したことのない看護スキルもピックアップしておくことをおすすめします。そうすると、異動後のオリエンテーションで質問できるので、受け持ちをする前に教えてもらえます。

 

また、慣れるまでフォローに入ってくれる看護師に伝えておくと、いざというとき助けてもらえます。

 

次の異動までと割り切る

病院で働いている以上、異動は避けられません。どうしても自分には合わないと感じるときは、師長に相談して異動の希望を出しましょう。

 

なかなかすぐには異動できないかもしれませんが、自分の意思を伝えることが重要です。

 

そして、希望を出した後は次の異動までと割り切ってみましょう。様々な経験を積むことで、看護師としてレベルアップできます。

 

 

もし、今の病院が合ってないのなら・・・

新しい環境に飛びこむのは不安ですよね。それが、大変だといわれている科ならなおさらです。

 

でも、実際には大変かどうかはその看護師によるところも大いにあります。異動前から過剰に不安に思わず、自分のできることをコツコツやっていきましょう。

 

もし、異動後にどうしても耐えられないと思ったときは転職もひとつの方法です。

 

これまでの経験で、自分にはこの科は合う・合わないということが分かったと思います。それを転職エージェントに伝えると、希望の科で求人を出している職場を探してもらえます。

 

働きながら新しい職場を探すのは大変なので、賢く転職サイトを利用しましょう。

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

自分に合ってない科も存在するのは事実ですし、我慢し続ける必要はないですから、それだけは覚えておいてくださいね。

 

-看護師, 看護師の悩み
-, , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.