ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の子育て・家庭

看護師がママになったときの働き方

投稿日:

女性が多い看護師という職業は結婚、妊娠、出産、育児と言ったライフステージに大きく左右もされやすい職業でもあります。今まで職場に妊婦さんがいたらフォローをしたこともあったでしょう。

 

いざ次は自分が出産をしたら、家庭と育児そして仕事を両立しながら働くには今までと同じ環境、状況では難しいことは明らか。どんな働き方があるのかを紹介していきます。

 

看護師がママになったら働くために必要な心構え

看護師というハードな業務をこなしてきて、出産を経て、また働こうと思った時に今までと同じように働くにはかなりのハードルがありますね。

 

看護師と子育てを両立するために必要なことはたくさんあります。段階を追って、説明をしていきますね。

まずは働くために必要な心構えを挙げていきます。

 

①優先順位を決めておく

・生活のためのお給料が必要なのか
・看護師として働きたい自分の気持ちか
・キャリアか

など、何のために働くのか?をいくつか挙げて、優先順位を決めておきます。

 

これは職場や働き方を決めるときにはもちろんのこと、働き続けていく中で迷った時に道しるべとなります。

 

②公的サービスは使えるものを調べておく

全部を一人で抱え込む必要はありません。使えるサービスはどんどん利用していきましょう。

 

育児と仕事を両立させるためには必要なことなので「使えるサービスは使う」の精神で行きましょう。

 

③人には期待をしない

これは親など身内です。親に預かってもらうから、といった確約のないものは線引きが難しくなります。

 

身内だからとどこまでも頼んでしまうと相手の生活の負担になります。もし頼むのであれば、子育てという時間も労力も使うものをお願いするのですから、それに見合う対価お金が一番わかりやすいですが)を払うことを覚悟しておきましょう。

 

後々のトラブルとなって「面倒を見られない」と言われたら働くことも一気にできなくなります。そう考えると一番確実なのは、公的なサービスを利用するということですね。

 

④どうなったら「辞める」かも決めておく

働くということに執着をしてしまい、無理が来ているのに続けた結果、自分も子供も影響が出てしまったとなれば困ってしまいます。

 

・どんなことが起こったら、どんな状態になったら辞めるのか
・辞めるのも看護師を辞めるのか?働いている職場を辞めるのか?

を決めておくといいですね。

 

たとえば、託児所が利用できない年齢になったら、働く場所を変えるために転職をするとか、子供が何かトラブルが起こったら、など立ち止るときを決めておくといいでしょう。

 

復帰をしたら「がんばらなきゃ」と力が入る人が多いので大切なことです。

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

 

看護師のママに必要な職場環境

心構えが出来たら、次は働く場所ですが母親となってから職場を探す時には、また以前とは違った職場環境が必要になってきますね。

 

実はこんな点も注意して探すといいよ、という点もありますので紹介をしていきます。

 

①託児所がある

年齢によりますが、保育園などに入るには難しい地域だと保育園に入るまでの間、託児所に入れるとそれだけ復帰も早くからできます。

 

院内保育のいいところは、すぐにお迎えに行けるところですね。

 

②病児保育がある

保育園や託児所など預け先はすぐに思いついても、忘れてはいけないのが病児保育。

 

子供は小さいうちは熱やら感染症ですぐにお迎えコールがあります。そうしたときにも預けられる場所も確保をしておくことは必要です。

 

これがあるのとないのでは復職ができるかどうかに大きく関わってきますから、ない場合には病気の時にどうするかを決めておきましょう。

 

③ママさんナースが多い

これは今現在だけでなく、子育てをしてきた経験のある看護師が多い職場は、子供のあれこれに理解があるところが多いです。

 

・子供の行事のための休暇が取りやすい
・病気のための休みや早退、遅刻のフォローをしあう
・育児の悩みなどを雑談で話せる

など、息抜きになることもあります。

 

わたし自身、ママさんナースばかりの職場で働いたことがありますが、育児の話を聞いたり、子供の病気で休むときにも快く了承してもらえて助かりました。

 

④職場は近い方がいい

通勤に時間をかけることは負担が増えるだけです。子供を連れて帰るのにラッシュの時間に当たると疲れも倍増、子供もぐずるといいことなしです。

 

保育園に入れたらお迎えなどを考えるとなおのこと、職場と自宅は近い方がいいです。

 

⑤復職支援システムがある

ブランクがあると医療体制なども変わっていることが多く、一から自分で学ぶには育児中には時間もありませんから大変です。

 

そこで復職支援システムがある職場だと、働きながら学んでいくシステムがあるので、スムーズに復職がしやすくなります。

 

⑥残業が少ない

残業の多い職場や時間外の業務が多い職場は時間がとられることはもちろんのこと、時間が読めないので時間に追われる生活になります。

 

ただでさえ復帰したら忙しくなるのですから、時間にゆとりを持てるような職場を選びたいですね。

 

看護師のママが整えたい家庭環境

職場に必要な環境がそろったら、あとは家庭の環境を整えていきましょう。両立をするためには必要なことです。

 

①家事を時短出来るアイテムをそろえる

これは一気には無理だと思いますが、徐々にでも整えて行けるといいですね。

・乾燥まで出来る洗濯機
.食洗機
・ルンバ

は家事の手間を減らしてくれます。

 

朝や帰ってきてからはバタバタとすることになるので、少しでも時短出来るアイテムは揃えて、家事の負担を減らしていきましょう。

 

②夫と協力をすることを確認する

親であれば、もちろん対価を払うことが必須と言えますが、夫に関しては家族である前に同じ子供の親です。自分たちの子供なのですから、二人で育児をすることは大前提です。

 

夫が「手伝うよ」と言ったらパンチです。妻の育児を手伝うのではなく、二人でしていくもの、とハッキリさせておきましょう。

 

後々自分が抱えて苦しくなってしまいますし、「なんでやってないの?」とか、のたまう夫も出てきますから要注意です。

 

看護師のママの働き方

 

母親となって看護師として働くには様々なことを考えて働く土台を作っていかなければいけません。

 

土台が準備が出来たら、働き方を決めていきます。自分に合った働き方を選んでいけるようにしましょう。

 

①日勤のみ

子供の生活リズムと合うので、育児中の人は選ぶことが多いですね。夜勤がないのでお給料は多くは望めませんが、自分の体としても負担が少ない働き方です。

 

②午前のみ、午後のみの半日勤務

これは幼稚園や小学校低学年など、早くに帰ってくる子供のいる人は選ぶことが多いです。

 

ただ、し職場の種類が限られたりするので狭き門でもあります。子供がある程度大きくなったので働きたいけれども、まだお留守番なども難しい時期などにはおすすめな働き方です。

 

③フルタイム

夜勤も日勤もこなす勤務です。シフト制になるので、子供の急病などでも穴はあけられません。家族のサポートはもちろん必須となります。

 

働いていたことのあるシフト(2交代、3交代)であればイメージはしやすいかと思いますが育児、家事が入ると負担はもちろん大きいです。

 

④夜勤専従

月に4回からというところなどであれば、夫が休みの日に合わせてシフトを組むことが出来ます。

 

夜間保育は子供もつれて行けますが、子供にも負担をかけるので、あまりおすすめしません。体力がある人や夜勤が苦でなかった人は日中が子供と過ごせたり、用事を済ませるなど自由に動けるのでお勧めです。

 

⑤時短勤務

忘れてならないのが時短勤務です。時短でも正社員で雇ってもらえるのであれば、子供の成長にしたがってフルタイムに徐々に変えて行くことも出来るので長く勤めることを考えるとおすすめです。

 

 

ママ看護師が働きやすい職場を探すには

母親となって看護師として働くには家事、育児の両立が必要なので身体はもちろんのこと気持ちも大変です。幸いなことに、看護師は他の職業よりも融通の利く働き方ができます。

 

それに、職場もたくさんあるので「ちょっと厳しいかも」と思っても、すぐに違う職場に移りやすいです。とはいえ、自分に合った職場で長く働けることに越したことはありませんよね。

 

職場探しとなると、履歴書送って面接して・・・となかなか面倒ですから。応募前の段階で、子育てと両立できる職場を選ぶのが一番!

 

そこで利用したいのが、看護師の転職サイト。実際の残業時間や休みの取りやすさ、などは病院に直接聞いてみないと分からないことです。

 

直接聞くといっても、残業率は聞きにくいですよね。転職サイトでは、本当は知りたいけど聞きにくい質問を、あなたの分かりに病院へ聞いてくれるんです。

 

自分では調べにくい情報も分かるので、就職後のミスマッチも起こりにくいですよ!

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

自分だけで抱え込まないようにして、また楽しく充実した仕事をしていきましょう^^

 

《この記事を書いた人》

ユウコです!看護師歴10年目、現在は産婦人科のクリニックで働いています。
先輩からのいじめがツラくて転職をしました・・・
その経験を元に、お話させていただきます。

 

-看護師, 看護師の子育て・家庭
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.