ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職

信用金庫辞めたい!しんどいだけで高給取りでもない実態

更新日:

 

金融機関といえば、高給取りなイメージのある優良な業界だと思う方が多いでしょう。
でも、実際はそんなにいいものじゃなかった。

特に営業エリアが限定される信用金庫は、待遇も決していいとは言えないものなんです。
なんというか…働力に対してのリターンが少ない。
働いていて、むなしくなることもあります。

今回は、信用金庫行員が「信用金庫勤務のここが嫌だ」と思っている点をまとめてみました。

 

信用金庫勤務は1円の取り扱いもおろそかにできない

金融関係者あるあるの1つとして、「1円でも合わないのならば探し出せ」というものがあります。
至極当たり前のことですが、1円でも合わないと帰れません。
文字通り、その1円が出てくるまで、ゴミ箱を全部ひっくり返してまで探し出す。
信用金庫でもそれは同じです。

あってはならないことですが、まれに「顧客から集金した現金を戻ってから集計したら合わない」ということもあります。
現金の取り扱いは、顧客が目の前にいる時に、正確に行わないとなりません。
こういった事態が発生した場合、「きちんと渡した、受け取っていない」の水掛け論になってしまうからです。
当然、上司からキツいお叱りを受けた上で、顧客の元へ謝罪に出向かないとなりません。

信用金庫のような金融機関に勤める以上は、1円1円を慎重に取り扱わないとならないプレッシャーが毎日ついて回ります。

 

ノルマがエグいのに、スキルが身に付かない

信用金庫のメインターゲットは、「個人顧客」や「中小企業」です。
事業貸出以外にも、マイカーローンや住宅ローン、投資信託にカードローン、果ては全労済まで扱っています。
しかも、その1つづつにノルマが設定されているのです。

これらのノルマをすべて達成できた行員って、今まで出会ったことがありません。
でも、上司は未達であることを責めてきます。
信用金庫は、いわゆるパワハラが蔓延している職場なのです。

これだけ多くの金融商品を扱っていれば、相当な知識やスキルが身に付いていると思われがちです。
でも実際は、何のスキルも身に付いていない。
PCのスキルが高いかと言われればそうでもない。
信用金庫勤務というブランド力はあっても、一般企業に転職してついていける実務能力があるかと言われると疑問です。

ちなみに、10万件の非公開求人がある『リクルートエージェント』が無料で見れるので、試してみてください。
>>リクルートエージェントの求人をみてみる

 

信用金庫の行員は、人が思ってるほど高給でない

金融機関に勤務していると、信用金庫勤務は周囲から高給取りだと思われることがよくあります。
でも、実際は全然高給取りじゃない。
むしろ安い。

金融機関には、都市銀行、地方銀行、農協、信用組合などがあります。
経営基盤もそれぞれ違います。

金融機関の中でも、信用金庫というのは営業区域が決められているため、県外や他の地方への転勤がありません。
経営規模の違い、転勤がない勤務体系などから、都市銀行のように給料が高くなることはありません。

強いて言うならば、一般的な会社員と同じくらいでしょうか。
正直、生活もカツカツです。

 

信用金庫行員が待遇アップを考えているのならば

新規貸出を獲得するために毎日頭を下げて、1円に神経をすり減らして…。
でも、普通の会社員と給料は変わらない(もしくは安い)。
なんだか、やり切れませんね。

しかも都市銀行は今、人員をどんどん減らす方向に動いています。
この波がいつ信用金庫に押し寄せてくるか分かりません。

もしあなたが信用金庫勤務に不安を感じているのであれば、もっと待遇の良い会社や業界に転職することを考えてもいいのかもしれません。

そういう時に活用してほしいのが、転職エージェントです。

エージェントとの面談を通して、自覚していなかった分野への適性や興味が発見できるかもしれません。
公募してしまうと応募者多数で選考作業が大変になる職種や会社の求人募集を扱っていることもあります。
もしマッチングする求人があれば、随時、情報提供してもらえますよ。

様々な業種の求人を数多く抱えているのが、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

意外に手のかかる応募書類の作成についても、あなたのスキルや経験がより魅力的に映る表現になる様にアドバイスしてもらえます。

信用金庫行員という肩書は、様々な企業でニーズの高い職種です。
このアドバンテージを活かして、今よりも年収アップが狙える求人に出会えるといいですね。

内定後にコンサルタントが年収アップ交渉をしてくれることもあるので、一度相談してみてください。

-転職
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.