ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

幼稚園の先生辞めたい人にオススメ!好待遇や経験が活かせる転職先ってこんなにある

更新日:

子供たちの笑い声が絶えない幼稚園。
小さい子供に接する仕事がしたくて幼稚園の先生になったけど、内情はそんなほのぼのしたものじゃなかった。

・同僚の陰口
・上司のパワハラ
・問題園児&モンスターペアレント
・持ち帰りの仕事で深夜残業しているのと変わらない
・しかも給料が安い

接する人間のほとんどが「女性」の職場だから起こる問題や悪しき慣習がまかり通る労働環境のせいで、心身共にボロボロ。

「もう、幼稚園の先生辞めたい…。でも幼稚園教諭の経験ってつぶしが効かなそうだし、辞めてどうする?」
と悩んでいます。

一見ニッチに見える幼稚園の先生の経験ですが、実は様々な業界で経験を活かせる仕事なのです。
今回は、幼稚園の先生を辞めた人が活躍できる仕事の例をいくつかご紹介します。

身体を壊してしまったり、子供と接することが苦痛になってしまう前に、転職先について考えてみてください。

 

幼稚園の先生と似て非なる「保育士」に転職

幼稚園の先生を辞めたくて仕方ないのに、「保育士」って!?と思われるかもしれませんが、幼稚園教諭と保育士の仕事は似て非なるものです。

行事に追われている幼稚園の先生の仕事に比べると、保育士の仕事はゆったりめです。
幼稚園の先生が保育士になる最大のメリットは、「幼稚園教諭時代の経験を活かしながら、子供の成長に携わることができる」ことです。

しかし、「幼稚園教諭の免状しか持っていないから、その方法はムリ」と思っているあなた。
実は2019年度末までの期限はありますが、幼稚園教諭免許と勤務経験を活かして「保育士試験を受けずに」保育士資格を取得できる制度があるのです。

この制度を利用できる幼稚園教諭は、
・認定こども園や幼稚園などで、3年以上の勤務経験がある幼稚園教諭
・3年間の勤務時間が3420時間を超えている
人です。

資格のある人は、保育士養成機関(専門学校、大学など)にて、4教科(8単位分)の講義と演習を受けてください。

4教科は、
・保健と食と栄養(講義)
・福祉と養護(講義)
・相談支援(講義)
・乳児保育(演習)
です。
順調にいけば4ヶ月程度で単位が取得できます。

単位取得後に申請するだけで、保育士試験を受験しなくても保育士の免状がもらえます。

 

幼稚園の先生から障がい児施設の先生に転職

近年、障がいの認知が高まったことを背景に、発達障害と診断される子供が増加傾向にあります。
あなたの身近でも「放課後デイサービス」などの施設が増えていませんか?
療育などのケアが必要な子供の数に対して、障がい児施設も対応する職員の数も足りていない状況です。
ですので、幼稚園の先生の免許や経験を持っている人にニーズが高い業界でもあるのです。

同じ子供でも、障がい児施設の仕事内容や子供たちとどう接したらいいのか?不安に思われるかもしれません。
障がいにも種類があります。
運動が苦手だったり、気持ちを言葉にすることが苦手だったり…。
それぞれ抱えているハンディキャップは異なりますが、今幼稚園で接している子供たちと何ら変わりはありません
笑って、泣いて、色々な課題にチャレンジする姿がサポートするのが仕事です。

障がい児施設の指導員として働く際に求められるのは、幼稚園の先生として培った「子供の遊ばせ方」や「楽しませ方」です。
というのも、障がい児施設の職員は、介護福祉士や社会福祉士といった資格を持っている人たちで構成されています。
こうした資格を持っている人は、介助や相談支援業務の経験やスキルはありますが、純粋に楽しませながら支援を提供するという点では専門外になります。
利用している子供たちが「楽しんで」プログラムに参加できるように、
・ゲームなどの企画立案、進行
・室内の装飾
などを整えることが障がい児施設の先生の仕事になります。

幼稚園教諭の免状と経験がフルに活用できる職場ですので、まずは職場見学をしてみるのもいいでしょう。

 

子供関連ショップの販売員や教室・施設クルーに転職

幼稚園の先生は、職業柄子供のファッションや流行しているものを熟知しています。
子供自身が好きな物ももちろんですが、保護者受けが良い製品やサービスについてもよく知っています。

保護者とのコミュニケーションの取り方や育児あるあるも身に付いているので、現場に出ても即戦力として活躍できるポテンシャルを十分に持っています。

そのため、子供関連商品を扱っているショップや教室、アミューズメント施設では、幼稚園の先生の経験がある人は重宝されています。

 

幼稚園でなくても、幼稚園の先生の経験は十分活かせる

幼稚園の先生をされている方は、子供と接することが好きという気持ちがベースにあるからこの仕事を選ばれたのでしょう。
職場環境に恵まれないことが原因で、その経験やスキルを活かすことができない仕事に転職してしまうことはもったいないことです。
外野の雑音に惑わされることがなかったり、今よりも待遇のいい仕事は他にもあるんです。
子供と接すること自体が嫌になってしまう前に、他の働き方についてもぜひ知って頂きたいです。

そういう時に活用してほしいのが、転職エージェントです。

エージェントとの面談を通して、自覚していなかった分野への適性や興味が発見できるかもしれません。
公募してしまうと応募者多数で選考作業が大変になる職種や会社の求人募集を扱っていることもあります。
もしマッチングする求人があれば、随時、情報提供してもらえますよ。

未経験職種への転職成功者の多くが活用していたのが、

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

「いま辞めたら会社や同僚に迷惑をかけるかも・・・」
「辞めないでねって前に言われたしなあ~」

と思っていませんか?
ハッキリ言いますが、考えるだけムダです。

会社があなたに辞めて欲しくないなら、あなたが働きやすい環境を整えてくれるはず。

給料を上げたり、有給を取りやすくしたり・・・

あなたが辞めても会社には迷惑はかかりませんから。

だから、余計な心配をせずに転職先を探して大丈夫ですよ。

>登録30秒!リクルートエージェントで求人を探す

意外に手のかかる応募書類の作成についても、他のエージェントに比べて的確に指導してくれます。
異業種への転職の場合、自分の経験やスキルをどうアピールするか?などを、面接の練習を通してアドバイスもしてもらえます。

幼稚園の先生の経験は、あなたが思っている以上に可能性を秘めているのです。
自分で気づかなかったキャリアの可能性を広げたいのならば、一度相談してみてください。

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.