ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

保育士から転職する際に知っておくべきこと、活躍できる働き方

更新日:

子供の笑顔に癒される反面、重労働や保育士同士、保護者との人間関係に疲れ切っている保育士。
お疲れで、今すぐ辞めたいとお考えかもしれませんが、即断してはいけません。

保育士の転職には、知っておかないと苦労することがあるからです。

今回は、「保育士が転職する時に知っておくべきこと」と「保育士の経験が活かせる働き方」についてまとめました。

辞めたい理由の解消につながる転職先探しの参考にしてみてください。

 

保育士を辞めたくなる理由

保育士を志す人は「子供が好きだから」という理由がほとんどだと思います。
でもせっかく保育士になれたのに「辞めたい」と思ってしまう理由は何なのでしょうか?

○人間関係

保育士は「オンナの世界」です。
保育士同志もですが、主に接する保護者も女性。
オンナの世界特有の噂や悪口、理不尽な苦情に悩まされ、人間関係に疲れてしまう保育士も多いです。

○金銭面

保育士の給料は本当に安いです。
早朝から夜遅くまで働いた上に、持ち帰りの仕事まであるのに、手取りが20万円ない保育士は沢山います。
それなのに研修費や教材費、給食費など持ち出しが多いことも、保育士を続けていくことが難しいと感じてしまう理由の1つです。

○休めない上に、体力的にキツイ

子供の相手は想像以上に体力を使います。
毎日全力でぶつかってくる子供たちの相手をする保育士にとっては、腱鞘炎や腰痛は職業病とも言えるでしょう。
そして、自身の身体が辛くても、自分の子供が急病でも、保育士は休むことができません
子供に寄り添う仕事なのに、自分の子供が辛い時に寄り添えないなんで皮肉ですね。

これだけハードな理由が揃えば、保育士を辞めたくなるのも無理はありません。
では、保育士が転職するとしたらどんな道があるのでしょうか。

 

異業種に転職したい保育士が知っておくべきこと

保育士は人材不足から、施設を変わるだけの比較的転職のしやすい業界と言われています。
しかし、保育士が異業種に転職しようとすると事情が一変します。

まず、異業種転職の場合、保育士の資格や経験は考慮されないと考えておいた方が良いでしょう。
給料ベースも高卒と同じになることも覚悟しておいた方が良いです。

保育士から異業種に転職を考えた時に、よく候補に挙がるのが「事務」と「サービス業」です。
事務職は定時に帰りやすい職業ですが、非常に倍率の高い職種です。
経験者が多く応募してくる上に正社員での採用は少ない傾向にあります。
PCが使える保育士は、ぜひPCスキルをアピールしてください。
派遣社員として事務の仕事を始める人もいますが、一定の年齢を超えると紹介される仕事数が激減するリスクもあります。

次に「販売や娯楽施設」などのサービス業に就く保育士も多いのですが、休みが取りにくいという問題にぶつかります。
サービス業はシフト勤務の場合が多く、夜も遅くなりがちです。
土日は基本的に出勤なので、子供がいる人が続けていくことが難しい労働環境です。

保育士のデメリットを解消したくて異業種に転職したのに、新たに問題を抱えてしまう。
保育士が異業種に転職することは、「今までのキャリアが評価されない」だけでなく、生活スタイルにも関わってきます。

 

保育士のキャリアが活かせて、問題を解決できる働き方は?

保育士が異業種に転職する際のリスクから考えても、できるならば保育士のキャリアを活かせる職を選んだ方が良いのではないでしょうか。
保育士の資格や経験が活かせる働き方って、実は色々あるんです。

○子供を預かる

・託児スペース
最近は美容院やホテル、病院、イベントなどを利用する親子連れのために託児スペースを併設している施設が増えてきました。
短時間だけ、スポットで子供を預かるので、保護者との関係に悩まされることが少ないというメリットがあります。

・ベビーシッター
自分が働ける日だけ、ベビーシッターとして働くという方法もあります。
プライベートとの両立が図りやすくなるので、保育士時代に行けなかった子供の行事に参加しやすくなったりします。

・院内保育
病院勤務者のために院内に保育施設を設ける病院は増加傾向にあります。
また、病児保育も需要の大きい仕事ですので、求人も増加傾向です。
病院の経営状態によっては給料が増えることが予想されます。

・家庭保育園
自宅で少人数の保育を行う「家庭保育園」を運営するという方法もあります。
自治体によっては補助金も出るので、収入面のメリットがあります。

・児童養護施設や乳児院
児童養護施設や乳児院では、保育士の資格を持っている人が重宝されます。
運営母体によっては、月20万以上の給料がもらえたり、夜勤のない働き方もできます。
正社員での採用が多いので、生活が安定しやすくなります。

・学童保育
保育資格を活かした働き方として、放課後児童支援員として働くという方法もあります。
この資格を取得する要件に、保育士資格の保有者が含まれています。
資格を活かして、スキルアップを図ってみてはいかがでしょうか。

○介護職

元々、介護と福祉は学ぶ内容に共通点が多い分野です。
介護業界では、福祉に関連する資格保有者を求める求人が多く出されています。
保育士もその1つ。
人へのサービス経験者という事で採用されるケースも多い業界です。

 

保育士が辞めたくなる理由を解消できる働き方は?

保育士って、保育園で働く以外にも活躍の場が沢山あるんですね。
転職したいと思った時は、「辞めたいと思う理由」をよく思い返してみましょう。
その理由を解決できる職場であれば、「保育士」であることを辞めなくても、辞めたい理由を解決できるような働き方が見つかるかもしれませんね。

保育施設によって待遇も方針も全く異なります。
「給料がいい」、「残業が少ない」、「人間関係がいい」など、こうなればいいのにと思う環境を転職先の条件にして探してみるといいですよ。

条件の良い求人情報を探すのならば、沢山の求人情報が集まる「転職エージェント」の力を借りてみましょう。

転職エージェントでは面談を通して、あなたの希望や働き方に合っている求人を、数ある求人情報から探してくれます。
異業種も視野に入れた方が良いのかなどの相談にも乗ってくれますよ。

また転職エージェントでは、職場の内情について情報収集しているので「職場の雰囲気や人間関係」や「待遇」などの情報を事前に教えてもらえます
人間関係が気になるのならば、人数や年齢層を聞いておきましょう。

求人数の多さでオススメなのは、

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

仕事を辞めたいと思っても、転職となるとハードルが高いですよね。けど、今の職場をずっと続けるか?と言われたら「続けない」が本音。

いつか辞めると思っていても、結局辞めれないままズルズルと言ってしまう人が多いんです。

でも、この記事を読んでいるアナタは、今の仕事を辞める一歩を踏み出せたということ。次も簡単。スマホで気になる求人を検索してみるだけ。

 

求人は転職サイトで探してみてください。なぜなら、一般に公開してない求人を見れるから。

中でも、リクルートエージェントは非公開求人数が20万件と業界NO.1です。

>無料登録!リクルートエージェントで非公開求人を見る

気になる職場があったら、応募手続きから面接のセッティングまで専任コンサルティングが行ってくれます。
内定後にもう少し年収アップを図りたいのならば、年収の交渉も行ってくれることもあります。
これだけ手厚いサポートがあるならば、働きながら転職活動ができそうですね。

保育士はどれだけ技術が進んでもなくなることのない仕事の1つでしょう。
環境を良くすることで、これまでの経験やスキルを活かしてほしいものです。

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.