ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

退職届を出すとボーナスがもらえない?満額支給で退職するには?

更新日:

 

会社員の年2回の楽しみと言えば、「ボーナス」。
今の会社には不満タラタラで近いうちに転職するつもりでも、ボーナスだけはもらいたいですよね。
でも、1つ間違えるとボーナスが出なくなってしまうんです。

今回は、転職でボーナスゼロを回避する方法をまとめてみました。
ボーナス満額支給を目指してください。

 

ボーナスについての規定を知ろう

ボーナス支給前に会社を辞めようと思い立ったら、まず就業規則で自社の「ボーナス支給規定」を確認しましょう。
チェックする項目は、
・ボーナスの算定期間
・支払日在籍条項があるか?
の2点です。

ボーナスの算定期間は年2回支給の会社の場合、6ヶ月が多いですが、中には3か月ごとにチェックポイントを設けている会社もあります。
直近のボーナスの算定期間が終了しているのかを確認しましょう。

また、すでに転職活動を始めている場合は、「支払日在籍条項」も確認しておいた方が良いでしょう。
仮にボーナス支給日よりも前に内定が出て、早期入社を求められてしまった場合を考えてください。
ボーナス支給日よりも前に転職先に入社することを選んだ場合、支払日在籍条項があると、たとえ半年前の勤務に関する報酬であっても受け取ることができなくなります。
もし条項がない場合は、算定期間の出勤実績の割合に応じたボーナスの支払い請求をすることが可能です。

余談ですが、退職前の有給消化期間についてはどうでしょうか?
有給消化中はまだ今の会社に籍がある状態なので、条項の有無に関係なく支給対象となります。
ただし、明確な算定規定がない会社だと、辞めることが前提の場合はボーナスがゼロになったり、減額されることがあります。

ちなみに、リクルートエージェントに無料登録すると、各企業の内部事情を知れちゃいます。

転職先を決める前に、一度覗いてみてください!
>>428人が内部情報を暴露!あなたの会社は大丈夫?

ボーナス満額支給のためには

すでに算定期間が終わっていることのはずなのに、退職を言い出すタイミングで金額が変わることは理不尽ですよね。
ボーナスを満額支給されてから退職するためには、やはり
退職を申し出るのは、ボーナス支給後
の方が無難でしょう。

退職届を出すまでの間は、辞めようとしていることを気付かれてはいけません。
かつて退職前に社内の近しい人に退職をほのめかす発言をしたことが噂になり、減額されてしまった人がいます。
薄情かもしれませんが、社内の友人や先輩後輩、取引先の人にも知られないようにした方が良いです。

 

「もらい逃げ」だと思われない、好印象な退職までの動き方

これまたおかしなことですが、ボーナス支給直後に退職届を出すと「もらい逃げ」だと揶揄されることがあります。
かと言って、転職先が決まっているのに退職の意思を伝えることを先延ばしにすることは、現職にも、転職先にも、取引先にも迷惑をかけることになります。
辞めるからには後任の決定や引継ぎなどの準備時間が必要となります。
では、どのタイミングで退職することを伝えるのがベストなのでしょうか?

・まだ次の会社が決まっていない場合
転職先が決まっていないのであれば、退職届を出すタイミングはできるだけ遅い方が良いです。
離職期間が長くなると、アナタの市場価値は下がってしまいます。
会社にうんざりしている部分もあるでしょうが、離職するリスクが背負い込める覚悟ができるまでは在籍していた方が転職市場では得になります。

・転職先が決まっている場合
すでに新しい会社から内定が出ているのならば、入社時期はいつまでにと打診されていますか?
一般的には、1〜2ヶ月後程度で入社してほしいと言われることが多いでしょう。
なお、退職するにあたって、現職の引継ぎが必要になります。
自分の担当している仕事の洗い出し、後任の決定、業務の引継ぎやマニュアルの作成、取引先へのあいさつ回りなど。
大体1ヶ月程度で引継ぎを行うことになりますが、有給消化がある場合は退職日を先送りするか、もっと短い期間で引継ぎを行うことになることもあります。

転職先への入社日から逆算すると、「ボーナス支給日の1〜2週間までに退職届を提出する」のがベストタイミングということになります。

もし仮にこのタイミングで退職届を提出しても、引継ぎが長引いたりして、希望日に退職できない場合もあります。
そうなった場合は、転職先に入社日をずらせないか?相談しましょう。
決して中途半端な引継ぎで退職してはいけません。
引継ぎすらきちんとせずに辞めてしまっては、それこそ「もらい逃げ」の烙印を押されてしまいます。

アナタが思っているよりも、世間は狭いものです。
特に同業での転職の場合、アナタについての情報は容易に知られてしまいます。
また、せっかく転職できた会社からも入社直後から「いい加減な人間」認定されていては、その会社で活躍することが難しくなります。
「引継ぎをきちんと終わらせたい」という理由ならば、急ぎのプロジェクト要員でもない限り、入社日の延長は受け入れやすい理由です。
むしろきちんと物事が処理できる人間として、評価を上げる機会だと考えましょう。

万が一、ボーナス支給日前に入社を打診されたら…。
「今、抱えている仕事の区切りが○日(ボーナス支給日後)につくので、それ以降でお願いできないか?」と切り返してみましょう。
ボーナス時期に最終面接を行う際、面接官が「本当にうちに来るつもりがあるのか?」を試して、わざと早めの入社日を打診することがあります。
間違っても「ボーナスが出てから」とは答えないようにしましょう。

 

お金も大切だが、それ以上に大切なこともある

ボーナスも大切ですが、それ以上に大切なことは「巡りあわせを大切にすること」です。

ボーナスに囚われて、せっかく出会った企業を逃してしまっては元も子もありません。
入社時期が合わずに内定が取り消されないために、時にはどちらか一方を選ばなければならないこともあります。

計画的に転職活動をしたいのならば、転職エージェントを利用するという手段もあります。
中でも求人数、転職実績No.1 業界最大手のエージェントは、「リクルートエージェント」。

 

1分簡単!リクルートエージェント
▶︎詳細と無料登録はこちら

転職でどんなことをしたいか?
いつ頃新しい会社に移りたいか?など、面談時に色々な条件をヒアリングしてくれます。
志望企業との面接日のセッティングや入社日の調整まで担当者が行ってくれます。

もちろん「ボーナスが安定して支給される会社」という条件を出されてもOKです。
せっかく半年間頑張ったのですから、ボーナス満額支給で退職できるといいですね。

-転職の悩み
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.