ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

看護師で転職回数が多い理由は?転職で失敗しないためにすること

更新日:

転職回数が多いと、転職活動が不利になる。
どの職種でもよく言われることですが、求人倍率が高い看護師の世界でも言われていることです。

今回は、
・何回くらいなら支障なく転職できるのか?
・すぐに辞めてしまう看護師に共通しやすい理由は?
・転職回数をこれ以上増やさないためにできること
などをまとめてみました。

看護師が転職で不利にならない転職回数は?

転職回数○回といっても、それが多いのか、少ないのかは他の要素と合わせて判断されます。

看護師が転職時に不利にならない転職回数は、
・20代:2回
・30代:3回
・40代:4回
と言われています。

まずは、「看護師を何年やっていて、何回目の転職なのか?
同じ30代で3回目の転職でも、20代前半からずっと看護師をやっている人と、看護師になって1年程の人では印象が随分違ってきます。

次に面接官が気にするのは、「一つの医療機関でどれくらいの期間勤務していたか?
複数回転職した看護師でも、1か所で3年以上勤務していたのか?
もし短期間で退職、転職を繰り返していると、面接官は理由を突っ込んで聞いてきます。

 

転職回数が多い看護師はどんな理由で転職しているのか?

転職回数が一般的な回数を超えている看護師も多くいますが、転職の際に注目されるのは「退職した理由」です。
例えば、「結婚、出産、介護、家族の転勤」などの場合は、やむを得ない理由として面接官からはマイナスに捉えられることは少ないです。
病院の労働環境や管理体制が杜撰すぎる場合の退職も、理由と自分はきちんと仕事をしていたことをアピールできれば問題にはなりません。
また、その延長で体調を崩したり、メンタルヘルスを害していた場合もです。

しかし、そういった理由以外で転職回数が多い看護師は、辞め方にパターンがあるようです。

○不満が多いタイプ

転職を繰り返す看護師は、給与や待遇への不満をはじめ、「不満」があることを理由にして辞めてしまうことが多いです。
自分の評価が低いことや同僚や上司など一緒に働く人への不満を理由に挙げる人もいます。

もっと自分に合った職場があると思っての転職でしょうが、面接官からすれば「我慢とか、努力とかに欠ける人なのでは?」と捉えられることがあります。

○やりたいこと探しタイプ

ポジティブな転職理由として「他の仕事もしてみたくなった」や「スキルアップのため」といったものがあります。
確かにより高いスキルを身に付けようとする姿勢は立派です。
しかし、1年もたたないうちに「他の仕事もしてみたくなった」という理由で転職している人は、その職場や診療科の何を理解しているのでしょうか?

面接官からすると、「飽きっぽいだけ」や「他に理由があるのでは?」といぶかしがられてしまいます。

 

転職回数が多い看護師が、長期間勤務できる病院を探すには?

転職回数や理由によって、看護師が転職する際に不利になることはご理解いただけたと思います。
しかし、何度も転職を繰り返している看護師でも、その後定着して勤務できている人は沢山います。

これ以上、転職しなくてもすむ職場の探し方をご紹介しましょう。

○転職を繰り返した理由を書き出してみる

そもそも、どうして今まで何度も転職しなければならなかったのでしょうか?
何が嫌だったのか?理由を書き出してみましょう。
もしかすると、目先の待遇にとらわれて、「嫌だった理由を転職先探しの条件に出来ていなかった」ことが転職の失敗理由だったのかもしれません。

○自分が長く勤務できる医療機関の条件を把握する

長く勤務するためには、自分の志向やライフスタイルに合った勤務条件で働くことが求められます。
残業が多すぎて、過度に自分を犠牲にし過ぎるような働き方になっていないか?
教育や人事評価制度などがどの程度整っていることを望んでいるのか?

それらを把握したうえで、優先順位をつけて下さい。
転職する際に、優先順位1位、2位の理由は絶対に譲らないでください。
ここを妥協してしまうと、また転職を繰り返す原因になってしまいますから。

○転職先で頑張りたいことを考えてみる

仕事を続けていくためには、モチベーションを維持するものが必要になります。
それは目標だったり、やりがいだったりと人それぞれです。
こんなことを頑張りたいといったものを持って転職した方が、長続きしますよ。

 

転職回数が多い看護師が転職活動に困ったら

看護師は元々重労働の上、精神的にも辛い職業です。
環境によっては長く続けることが難しく、意図せず転職回数が多くなってしまった人もいるでしょう。

もし転職回数がネックで、転職活動を苦戦しているのであれば、看護師の「転職エージェント」に相談してみるといいですよ。

転職エージェントでは、看護師から現職の不満などをヒアリングし、長く勤務できる医療機関の条件などを教えてくれます。

面接の際も
「○○を頑張ったが、思うように行かなかった。こちらでは、□□という点を気を付けて勤務したい」
と伝えた方が、面接官の心象がアップする
といった面接のアドバイスもしてもらえますよ。

人間関係がいつもネックになっているのならば、配属先の人数や年齢層、雰囲気などは先に知っておきたいですよね。

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→


内定後に、コンサルタントが年収交渉を行ってくれることもあるので、さらに給与アップにつながるかもしれませんよ。

転職回数が多いからと言って、看護師を諦める必要はありません。
どういった働き方が向いているか知った方が、あなたも楽になれます。
一度相談してみてください。

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.