ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

ショートステイ看護師には向き不向きがある?働くメリットとデメリット

更新日:

ショートステイってどんどん増えていますよね。
求人も増えていますが、看護師にとって働きやすい環境なのでしょうか?

看護師がショートステイで働く「メリット」、「デメリット」についてまとめてみました。

 

ショートステイとは?

ショートステイとは、老人福祉施設などで短期間、利用者であるお年寄りを預かるサービスのこと。
大体2日~1週間程度の利用が一般的です。

家族が留守の間だけ利用する方や平日は毎日など、利用頻度や期間もまちまちです。

午前中はバイタルサインや処置、看護記録などの看護師業務に当たることが多いです。
午後からは薬の管理や申し送り、レクリエーションや利用者の話し相手になるなど、比較的ゆったりと過ごすことができます。

 

看護師がショートステイで働くメリット

看護師がショートステイで働くメリットは色々ありますが、主だったものをまとめてみました。

○夜勤も残業もない、少ない

ショートステイでは、基本的に夜勤がありません。(夜間常駐型の施設は除く)
また1日の業務内容も利用時間も決まっているので、利用者の急変がない限り残業もほぼありません。
遅くても17時ごろに、夕食前のインスリン注射が終われば上がれます。

急変しても家族や管理者が病院に連れていくことがほとんどなので、救急搬送以外で看護師が病院まで付き添うことはないでしょう。

特に子供が小さい看護師には、プライベートとのバランスが取りやすい環境です。

○医療行為がない

ショートステイの利用者は基本的に元気な方が多いので、看護師が医療行為を求められることはありません。
主な仕事内容は、
・バイタルサイン測定
・内服管理
・看護記録
で、たまに怪我などの創処置をする程度です。

点滴や採血などもないので、手技に自信のない看護師には働きやすい環境です。
もしあったとしてもインスリン注射や在宅酸素を使っている利用者への酸素投与程度です。

介護士がいるので、病棟勤務に比べて体力的に楽です。

○ショートステイは比較的少人数

病棟でも介護施設でもネックになるのは、「人間関係」の問題です。
人数が多すぎても、少なすぎても、派閥や密すぎる人間関係に息苦しさを覚えてしまいます。

その点ショートステイは、大体20人以内で運営しており、人間関係も良好な所が多めです。

○介護関連の知識が身に付く

ショートステイの場合、ケアマネージャーなどの介護福祉職の方と一緒に仕事をする機会が多くなります。
そのため介護関連の知識が多く身に付きます
ショートステイ経験者の看護師は、患者の退院後の在宅介護や施設での介護についても視野に入れた看護を実現しやすくなります。

 

看護師がショートステイで働くデメリット

メリットの多いショートステイ看護師ですが、デメリットはないのでしょうか?

○給料が安い

夜勤や残業のないショートステイ看護師は、病棟看護師と比較してしまうと給料が安くなってしまいます。
夜勤手当のウェートは大きいので、基本給だけになってしまうと実入りが少なく感じてしまうでしょう。

○看護技術の低下

ショートステイでは、医療行為がほとんどありません。
そのため、看護師としての技術を使う機会がなく、せっかく身に付けたスキルが錆びついていくリスクがあります。
ずっとショートステイ看護師を続けるのでしたらいいのですが、いずれ病棟や医療行為が求められる施設への転職を考えているのならば、懸念点になってしまいます。

○医師が常駐していない

ショートステイには医師が常駐していないため、気になる点があってもすぐに医師に相談できません。
看護師が受診するか否かを決定しなければならないことがプレッシャーになる方もいます。

○介護業務もやらなければならいことがある

ショートステイは職員が少なめのため、看護師も介護職の手伝いをしなければならないことがあります。
例えば、入浴や排せつの介助、食事のサポートなど。
施設によっては、体力的にきつい業務もやらなければならないこともあります。
看護業務をどれくらい優先させてもらえるかは、施設によります

○業務が退屈に思える

医療行為が得意な看護師にとっては、医療行為が少ないショートステイの仕事は物足りなく感じるかもしれません。
介護の勉強はできますが、症例についての研究を深めたりする機会は病棟勤務に比べて少なくなります。
物足りなさが、転職を考える理由になってしまうかもしれません。

○利用者や家族への対応に苦慮する

病棟勤務時でも患者やその家族への対応は気を付けていたとは思いますが、ショートステイでは更に丁寧な対応が求められます。
例えば、利用者の持ち物管理。
病院では紛失した際は自己責任ですが、ショートステイでは職員が責められることがあります。

他にも、認知症を患っている利用者への対応に悩んでいる看護師も多いです。
徘徊したり、転倒しないように職員が常に見守らなければなりません。
同じことを何度説明しても分かってくれなかったり、「帰りたい」と訴えてくる利用者もいます。

 

ショートステイ看護師として働きたいのならば

看護師がショートステイで働くメリット、デメリットをお伝えしました。
それでもワークバランスや家庭の事情で日勤のみの看護師勤務を望むのならば、ショートステイはオススメできる働き方です。

もしショートステイで働くとしたら、待遇や人間関係のよい所を選びたいですよね。
そんな時は、医療機関のあらゆる情報をストックしている看護師の「転職エージェント」を活用することも1つの方法です。

ちなみに転職エージェントは多くの医療機関と付き合いがある上に、転職希望者からのヒアリングを通して色々な情報を持っています。
応募先の医療機関の人員体制や内情、入所者の年齢層や持病などを、事前に教えてくれることがあります。
見学だけでは分からないこともありますから、より信ぴょう性の高い情報が得られますよ。

看護のお仕事【利用者満足度1位】

「転職は初めて、まずはどこに登録したらいいのか分からない...」

という方にオススメなのが『看護のお仕事』

  • 内部事情に詳しい
  • 全国各地に12万件以上の求人
  • 面談後、自分の適性に合った求人を紹介してもらえる

登録後、求人紹介から待遇交渉まで、全てのサービスが無料で利用できますよ!

新年度、新たな気持ちで職場を探してみてください。

詳細と無料登録はコチラ


内定後に、コンサルタントが年収交渉を行ってくれることもあるので、さらに給与アップにつながるかもしれませんんね。

今の働き方と比べてどんな点が楽になるのかなど、話を聞くだけでもOKですよ。

-看護師, 看護師の悩み
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.