ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

実際どうなの!?フライトナース、驚きの年収!

投稿日:

はじめまして。私はフライトナース三年目の看護師です。もともと、救急に興味があり、救命病棟で働きたいという気持ちで救命の看護師として働いていました。

 

その後、ドラマ「コード・ブルー」に出会い、比嘉愛未さんが演じていたフライトナースに憧れて、フライトナースを目指し、今に至ります。

 

ドラマと現実はやっぱり違いますが、それでも、フライトナースはとてもいい仕事です。私はフライトナースの仕事にやりがいを感じています。

 

フライトナースが乗るドクターヘリはある病院が限られていますし、資格や経験年数が必要になるので、フライトナースになれるのは看護師の中でもわずかしかいません。

・気になる年収は?
・どういう仕事をしているの?

そんなみなさんの疑問に、今日はお答えしたいと思います。フライトナースが気になっているみなさんに読んでほしい内容です。

 

フライトナースの仕事内容

フライトナースは、ドクターヘリに乗って緊急に対応しなくてはならない患者さんの元へ行きます。大規模な災害であったり、事故であったり、病院に来ることができな患者さんはたくさんいるんです。

 

主に一緒に行動するのは、フライトドクターですね。ドクターの指示のもと、看護師の仕事をします。

(1)フライトがある場合

フライトナースというと、毎回ドクターヘリに乗っていると思う人が多いかもしれませんが、実は毎回ドクターヘリに乗っているわけではありません。ドクターヘリに乗る日を「フライトがある日」と言います。

 

フライトがある日は、まずは病院で待機をしています。そして、ドクターヘリの要請があれば、ドクターヘリに乗って現場に行きます。現場に行き、点滴など処置をして病院へ搬送するので、1日に何往復もするわけではありません。多くて3回の往復ですね。

 

また、現場では処置だけではなく、不安な患者さんに声がけするなど、精神的なサポートもします。看護師としてのスキルだけでなく、人間性も磨かれていきますね。

 

(2)フライトがない場合

フライトがない場合は、所属している病院の救急病棟にいます。

 

救急車で救急搬送された患者さんの対応をしています。救急車は24時間、いつでも来るので、病棟は忙しいです。

 

ただ、そこで得たスキルがフライトナースにも活かすことができるので、フライトがなくとも充実して働くことができます。

 

 

フライトナースになるには資格がいる!?

フライトナースは、看護師免許を持っていれば誰でもなれるわけではないんです。厚生労働省によって条件が指定されています。

 

その条件とは、
看護師経験5年以上、救急の経験が3年以上
です。

 

若い看護師さんにとっては、なかなかハードな条件かもしれません。なぜ、こんな条件があるのか。

 

経験してみてわかったのですが、フライトナースは限られた物資で素早く医師の指示通り動かないといけないんです。そうなると、勉強も必要ですし、経験も大切になってきます。

 

これは救急の病棟で働くことによって、鍛えられます。

 

さらに、ACLSプロバイダーなどの資格も取得する必要があります。

 

フライトナースのやりがい

そんなに大変な思いをして、なる必要がある!?と思う人もいるかもしれませんね。

 

看護師の仕事はたくさんありますし、ほとんどの仕事は看護師免許さえあれば、対応できます。

 

では、なぜ、私がフライトナースになったのか、そのやりがいについて紹介します。

 

(1)人の役に立っていることが実感できる

ドクターヘリが向かう現場というのは、山奥であったり、災害の現場だったり、大変な現場であることが多いです。

 

しかし、一人でも多くの人を助けたいと行動していると、搬送後、無事退院できる人に多く出会います。その時が一番嬉しいですね。

 

患者さんで私のことをおぼえていてくれる人もいて、感謝の気持ちを言われると、嬉しくなります。こんなに人の役に立ててると実感できるのは、フライトナースならではだと思います。

 

(2)ドクターなどチーム医療ができる

フライトナースの仕事は、一人ではこなせません。医師の指示やその他医療職の連携があって、成り立ちます。限られた物資の中処置を行うので、みんなで協力しないといけません。

 

病棟でももちろん連携しますが、病棟よりもっと強い信頼関係で結ばれています。

 

それぞれの資格でできる業務を活かして、患者さんのためにチームとして行動することはとてもやりがいを感じます。

 

(3)かっこいい仕事だと自覚できる

一つ一つに仕事が充実しているフライトナース。自分で言うのもなんですが、こんなにかっこいい仕事はないです。

 

病棟だと、つまらない噂話や窮屈な人間関係があったりするじゃないですか。フライトナースにはそれがありません!みんなキビキビと動いています。かっこいい仕事だと思いながら働くのは、楽しいですよ。

 

(4)看護のスキルが上がる

自分で言うのもなんですが、私できることすごく多いですよ。もう看護師として必要な技術は全部できるのではないかと、自信があります。

 

ドクターヘリが向かう現場にいる患者さんは、子供も大人もいます。年齢関係なく対応できるのは、フライトナースならではです。普通の病院だと子供は小児科です。

 

緊急対応もできますし、看護師としてのスキルをどんどんつけていきたい人には、強くオススメします!とてもやりがいのある仕事です!

 

たとえ、フライトナースを辞めたとしても、これだけスキルがあれば、いろんな仕事ができます。

 

気になるフライトナースの年収

それでは、みなさんが気になっている、フライトナースの年収の実態について伝えます。

 

フライトナースは、病院の救命病棟所属となるので、基本の給料は病棟で働くものと同じです。病院によって差はありますが、だいたい年収450万円から550万円程度です。

 

ここに、危険手当や対手当が付きます!これも病院によって差があるのですが、年収に換算すると500万円から600万円へアップします!やりがいのある仕事で、給料も上がるのは嬉しいですね。

 

まわりのフライトナースも給料には満足していると、よく聞きます。

 

ドクターヘリがある病院は、大きい病院であることが多いので、残業代など福利厚生もしっかりしてます。また、働いている看護師も多いので、残業はそこまで多くないです。

 

救急搬送により、人手が必要な場合は残業することもありますが、協力的に働いているので、嫌な気持ちはしないです。年収も満足できる仕事なんて、なかなかないですよ。

 

 

フライトナースで働くには?

資格や経験を満たせば、誰でもなれるフライトナース!

 

なりたい!と思ったあなたは、まず、看護師の転職サイトに登録するのが一番の近道です。担当者が丁寧に、希望に沿った職場を見つけ出してくれます。

 

フライトナース自体多くないので、ネットでの口コミも少ないですし、一人で調べるには情報が少ないのが現実です。

 

転職サービスを使うことによるメリットは他にもあり、病院見学にも同行してくれます。

 

私が助かったのは、質問しずらいものもどんどん相手の職場に聞いてくれたことですね。給料や勤務体系など、質問してくれました。やっぱり働くなら、条件がいいところがいいです。お金はやっぱり一番大事なところです。

 

転職サイトは色々とありますが、中でも病院内の情報に詳しく、親身になって相談に乗ってくれることで有名なサイトをご紹介します。

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

ドクターヘリは今後、増やす方向だと言われています。

 

今は全国に限られた数しかありませんが、今後増えることは間違いないです。こまめに求人をチェックすると見落とす可能性もあるので、そう言う時もエージェントに頼ってしまいましょう。

 

 

フライトナースはスキルアップ&高いお給料が欲しい人にオススメな仕事

フライトナース、もしかしたら大変という印象を与えてしまったかもしれません。大変か?と聞かれたら、やっぱり大変です。

 

現場は緊張感にあふれていますし、1秒を争います。油断できません。長年看護師として働いていますが、勉強することはまだまだたくさんあります。

 

それでも大変さより、やりがいが多いので、みなさんにオススメしたい仕事です。こんなに満足感を得られる看護師の仕事は他にないと思います。ずっと看護師をしてきた私が言うので間違いないですね。

 

看護師としてのスキルもかなりアップします。救急対応ができる看護師はなかなかいません。少しでも気になったみなさん、一緒にフライトナースとして働きましょう!

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.