ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 仕事に行きたくない、辞めたい

介護職を辞めたい!辛いのは今の職場だから?介護職だから?

更新日:

この介護施設で働き続けるとか考えられない…。
そう感じているあなたは、今の職場に疲れていませんか?

でもいざ今の職場を辞めるとなると、選択しなければなりません。

違う介護施設で働くか?
介護職自体を辞めてしまうのか?

今回は、介護職を辞めたいと思った時に「介護職を続ける」、「介護職以外に転職する」を選択した際のメリット・デメリットについてまとめてました。

 

介護職を続けてみる場合のメリット・デメリット

「介護の仕事自体は好き」
「ケアマネージャーの資格を取れるまでは頑張ってみよう」
辛いけれど、介護職を離れるつもりがない場合のメリットやデメリットはどんなことがあるのでしょうか?

まず介護職を続けるデメリットは、「給料が安い」、「重労働」、「サービス残業が多い」などのブラック施設で働くリスクがあることです。
きっとそれは、介護職員として働く上で大きな不満点になっていることだと思います。
ならば、介護職は続けながら、他の施設に転職することを考えましょう。

介護業界は慢性的な人手不足に悩んでいます。
求人を出しても人が集まらないので、待遇を良くしていく努力をしている施設もあります。
なので、探せば「給料が良い(妥当)」、「休みが取りやすい」、「残業代がきちんと支給される」といったホワイト施設も存在しているのです。

さらに介護業界は、「人間関係」がネックで早期退職してしまいやすい業界でもあります。
人間関係の問題も、職場を変えると大幅に改善される可能性があります。

一口に介護施設と言っても、
・デイサービス
・グループホーム
・障碍者施設
など様々です。

新しい施設もどんどんオープンしているので、今の職場に拘らずにいろんな求人を探してみてはいかがでしょうか。

 

介護職以外に転職する場合のメリット・デメリット

もう介護業界はこりごり。
そう思っている方は介護職以外に転職することをお考えでしょう。

介護職以外に転職するメリットは、
・体力的に楽な仕事を選ぶことも可能になる
・カレンダー通りに休みやすくなる
・残業が少ない職場を選ぶことも出来る
・もっと給料が良い職場を選ぶことも出来る

などです。
今の働き方を大きく改善できる可能性が感じられますね。

ただ、介護業界しか経験がない人は、転職をする際に気を付けなければなりません。

女性の転職先として事務職は人気です。
定時で帰れることが多く、カレンダー通りに休みやすい。座り仕事なので、体力的にも楽。
そのため、事務職は競争倍率の高い職種になり、経験やスキルのある人が採用されやすくなります。

もし介護職しか経験がないのであれば、条件によっては転職活動が厳しくなるというデメリットを覚悟しておかなければなりません。

それでも20代ならば、未経験でも異業種で採用される可能性があります。
30代以降も異業種への転職を考えているのであれば、スキルを身に付けることを考えましょう。

事務系ならば、Word、ExcelなどのITスキルや簿記。
語学が得意な人は、TOEICなどのスコアを伸ばしてみるのもいいでしょう。

 

変わりつつある介護職の待遇

介護職を続ける場合と介護業界以外に転職する場合のメリット、デメリットをご紹介しました。
異業種への転職はなかなか厳しそうですね。

先述した通り、給与面や待遇面での改善、教育体制の整備を図っているホワイト施設もあります。
今、日本は世界でも例を見ない程の超高齢化社会を迎えています。
介護施設数もどんどん増えている中、運営側はこれまで以上に介護経験者を必要としているのです。

より上位の資格を取ることで、基本給やボーナスアップも見込めます。
即戦力として、異業種に転職するよりも内定が出やすいというメリットもあります。
今よりももっと働きやすく、待遇の良い現場に転職することで、介護職を辞めたい気持ちから解放されるといいですね。

 

介護職員が条件の良い求人を見つける方法は?

では、好待遇な求人をどうやって調べるのでしょうか?
・転職サイトを閲覧する?
・ハローワークに通ってみる?
・知り合いの紹介?
正直、自分ひとりの力で知ることのできる情報量って限られていますよね。

それに、もし好待遇なホワイト求人があれば、きっと転職したい人が沢山現れるでしょう。
そうなれば採用担当者も大変なでしょう。

応募者の殺到を避け、なおかつ優秀な人材を集めるために、好条件の求人は転職サイトやハローワークに掲載されないことがあるのです。

そういった求人は、転職希望者を企業を結び付ける「転職エージェント」で募集されることがあります。
転職エージェントでは、面談を通してどんな働き方が向いているのか?転職した方が良いのか?といったことからアドバイスをしてもらえます。
転職経験のない人は、応募書類の書き方から教えてもらえます。

転職エージェントでは、職場の年齢層や人間関係などを独自に調査しているので、事前にどんな職場環境かを知る事ができます
もし給料などの待遇が違っていた場合も、専任コンサルティングが改善するように働きかけてくれます。

未経験職種への転職成功者の多くが活用していたのが、業界No.1無料転職エージェントの「リクルートエージェント」。

介護業界で待遇改善を図りたい場合も、異業種に転職したい場合も、より沢山の情報を知っている人が優位に立ちます。

知識や経験豊富なプロにサポートしてもらって、よりよい企業から内定を勝ち取りましょう。

-一般企業・公務員, 仕事に行きたくない、辞めたい
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.