ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

第二新卒入社でリベンジを狙え!年1万人以上がリクルートエージェントを選ぶワケ

更新日:

 

学生時代、就職活動が上手くいかず、不本意ながら就職した方はいませんか?
自分は一生、憧れの仕事に携われない…と、嘆くのは待ってください。

近年、優秀な若手社員の確保が企業命題になってきたことを受け、大手企業でも第二新卒採用が活発になってきているのです。
これは、プロパーでないと入社が難しかった人気企業に、第二新卒採用でリベンジ入社が狙える時代になったということです。

転職でライフプランの軌道修正したい方必見!
第二新卒採用で評価される年代や逆転転職を叶えるために外せないサービスについてご紹介します。

 

第二新卒の強みって何?

第二新卒って、職歴が短く、キャリアとして自信を持てる…とは言い難いと感じている方も多いでしょう。
しかし第二新卒には、中堅やベテランが逆立ちしても得ることのできない強みがあるんです。

それは、 若さ!!

「若さ」は転職において、最強の武器になります。
特に未経験の業界や職種に挑戦したいチャレンジ転職の場合、転職できるのは20代だけです。

職歴が短いというデメリットがあるにもかかわらず、第二新卒がチャレンジ転職で成功しやすい理由は、
・新しいことを受け入れる柔軟性がある
・前職のクセが薄い
・ビジネスマナーの基礎ができている

・指導役との年齢差がちょうど良い
・在籍中の社員の年齢層のバランスを取りやすい
という点があるからです。

もし30歳を超えてしまうと、職歴やスキルはあるものの、チャレンジできる求人数自体が激減してしまいます。

 

評価される第二新卒は何年目?採用担当者はどんな目で見てる?

「第二新卒」とは、一般的に新卒1〜3年目、最長でも5年目までの若年層のこと。
企業の採用担当者は、それ以上のキャリアを持つ転職者には「即戦力」としての能力を期待しています。
一方、第二新卒者には、「やる気」や「ポテンシャルがあるか?」といった点を重視して採用しています。

同じ第二新卒者でも、勤務期間によって目に留まりやすい年数と嫌煙される年数があるのはご存知でしょうか?

応募者のスキルや職歴にもよりますが、企業担当者が第二新卒として採用しやすいと感じているのは、
3〜4年目の第二新卒
です。
理由は、社会人としての常識や仕事のノウハウが適度に身についていると評価されるからです。
加えて素地ができているので、新卒に比べて社員教育にかかる時間もコストも節約しつつ、成長が見込めると考えられています。

逆に嫌煙されがちなのは、
1年目と5年目以降
の第二新卒者です。

1年目が嫌煙される理由は、1年に満たない職歴の短さです。
まだ業界の左右も分かっておらず、スキルらしいものもない。
新しい環境についていけるだけの忍耐に欠けているのでは?と酷評されることがあります。
採用担当者が「これは仕方がない」と思ってしまうような転職理由や志望動機などがないと、書類選考の時点で苦戦することが予想されます。

一方、業界のいろはも身について、多少業績も残せているであろう5年目について。
業務についての評価は、採用されやすい3〜4年目と同等に評価されます。
しかし、年齢が上がること、やり方が出来上がっている故に教育がしづらい点が懸念材料になってしまうのです。

30代前半で異業種や未経験の職種に転職される方もいますが、本当にレアケースだと思ってください。
今の仕事が本当に合わない、5年後10年後のビジョンが浮かばない。
深刻に悩んでいるのならば、なるべく早くに自分が本当に携わりたいと思える仕事にキャリアチェンジすることをオススメします。

 

第二新卒の転職に強いのは

第二新卒が転職活動を行う際にオススメしたいのは、リクルート系の転職サービスを活用することです。
まず、求人サイトの「リクルートNEXT」。
このサイトは、他の転職サイトに比べて、未経験者歓迎の求人が多く掲載されています。

次にぜひ利用して欲しいのが転職エージェントの「リクルートエージェント」。
第二新卒の転職活動は、新卒時の就職活動とは大きく違います。
職務経歴書を作成することも初めてですし、面接で問われる内容もその会社で貢献できることをより具体的に答えなければなりません。

リクルートエージェントでは、登録者に
・履歴書、職務経歴書の添削
・「なぜ転職したいのか?」を改めて考えさせてくれるキャリアアドバイス
・受講者の面接通過率が30%アップした実績を持つ「面接力向上セミナー」
・面接の質問内容などの情報提供
・模擬面接
・担当キャリアアドバイザーから採用担当者へ直接アナタをプッシュしてくれる
・年収や労働条件の交渉
などの「転職力」をアップさせてくれるサポートを無料で行ってくれます。

さらにリクルートエージェントをオススメする最大の理由は、
持っている求人数と紹介実績が日本一
だからです。
4万件を超える求人案件を保有しており、その内の90%が登録者限定の非公開求人になっています。
その中には第二新卒歓迎の案件も含まれています。

「今の仕事に向いていない気がする」、「やりたいことが別にある」、「思っていた仕事と違う」。
けど、どうしたらよいか分からない。

立ち止まり悩んでいるのならば、視野を広げる意味でも、リクルートエージェントに相談してみてください。
リクルートエージェントは、年間1万人以上の第二新卒者が転職サポートを受けているサービスです。

アナタが本当にやりたかった仕事や、入社したかった会社に出会えるチャンスになるかもしれませんよ。

 

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.