ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

介護福祉士を辞めたい!辞める前にできる事と不満解消できる転職先例

更新日:

人の流動性が高い介護業界。
入職してもすぐに辞めたくなるという話をよく聞きます。

それはせっかく資格を取った介護福祉士も同じです。
毎日「つらい」と言いながら働くべきなのか?
それとも、もっと働き方を改善できる方法があるのか?

今回は、「介護福祉士が辞めたくなる理由」と「辞める前にできること」、「不満点を解消できる転職先例」についてまとめました。

 

介護福祉士を辞めたくなる理由

人が相手の介護現場。
新人でも、ある程度キャリアを積んだ人でも、辛いと思うことは何度もあります。

現場の方がストレスだと感じてる「介護を辞めたい」理由について、代表的な理由を挙げてみましょう。

○いろんな意味でハードすぎる

介護現場は、体力勝負です。
人1人を持ち上げたりしなければならないので、力仕事がメインです。
自分より大きな人を抱えたりするので、腰痛や腱鞘炎は職業病といえるでしょう。

また、担当していた利用者が急逝されることもあり、精神的ショックが大きいです。

肉体的にも疲れ、精神的ダメージを受ける介護職がハードなことが辞めたくなる一因です。

現場の事をよく知らず、イメージだけで入職すると、「想像してたのと違う!」とギャップに悩むことになるので、気を付けましょう。

○給料が安すぎる

特に入職直後の人に起こりがちですが、給料がとにかく安い。
あれだけハードで、残業だらけだったのに、手取り20万もないってどういうことだ?」とビックリする人も多いです。

また、介護業界は募集要項と実際の労働条件が違っているという話をよく聞きます。
長時間のサービス残業や賞与、有休がとれないなど、契約を守れない施設に入職してしまうと本当に大変です。

○人間関係が悪すぎる

介護業界は未だ人手不足が解消されていない業界です。
そのため忙しい現場が多く、人間関係がギスギスしている所もあります。

人の命に関わることもあるので、厳しく指導されることもあるでしょう。
しかし、大したことでもないのに怒鳴られたり、辛くあたってくる上司や先輩に遭遇する確率が高い業界だとも言われています。

人間関係の問題はどんな職場に行ってもありますが、介護業界の人間関係は特殊だと感じることもあるでしょう。
業務拒否して働かない人が昇進したり、失敗の責任をなすりつけられたという事例が後を絶たないのは、業界や施設に何か原因があるのでしょう。

 

介護福祉士を辞める前にできることはないの?

介護の仕事が辛くて辞めてしまおうか?と考えている方も、ちょっと考えてみてください。
辞めたくなる理由を解消できる方法はないですか?

介護の仕事自体は嫌いでないのならば、辞めてしまうのはもったいないです。

○資格取得で、手当やベースアップを狙う

介護業界は「資格」が物を言う世界です。
より上位の資格取得者は、それだけで給料が高くなりますし、勤務先の選択肢も広がります。

正社員として働く場合もですが、パートや派遣で働く場合も時給が大幅にアップすることがあります。

○立場が高くなると八つ当たりされにくくなる

さて、より上位の資格を取ると給料が高くなる以外にもメリットがあります。
それは資格ホルダーということで、職場での立場が高くなるからです。

より上位の資格を取得するという事は、介護の仕事についてより多くの知識を得ることになります。
もしかすると昇格したり、役職付きになるかもしれません。

今まで嫌がらせをしていた人と、上司と部下として接していくことになることもあります。
もしそんな人が問題行動を起こしても、上司として対応することができるので、以前のようなストレスは少なくなるかもしれませんね。

 

理由別 介護福祉士の転職先例

色々頑張ってみたけど、もう限界。でも介護の仕事は続けたい。
という方は、自分が辞めたい理由を振り返ってみてください。

転職先として考える働き方として、この理由を解消できる場所を選ぶといいですよ。

例えば、

○仕事内容に不満がある

体力的に辛いことが1番の原因ならば、利用者と接する時間が短時間の「デイサービス」がお勧めです。
施設にもよりますが、夜勤がある施設だと生活リズムが崩れがちになります。
そこに体位変換やおむつ交換などの力仕事がプラスされるので、疲労感が強いでしょう。

日勤のみのデイサービスならば、利用者のレクリエーションなどそれほど力を使わない仕事もあるので、体力的にも楽になりやすいです。

○給料面に不満がある

給与面に不満がある方には資格取得をオススメしましたが、それでも現職での給料アップが図れない場合は転職した方が良いかもしれません。
「ケアマネージャー」、「社会福祉士」などの資格を取得して、特別養護老人ホームなどに転職した人の中には、「年収300万→500万円」にアップした例もあります。

資格取得までは大変かもしれませんが、目指してみる価値はあると思います。

○人間関係に不満がある

今の職場の人間関係に不満があるのならば、人間関係の良い職場に転職したいものです。
介護現場で人間関係の良い職場とは、
・報連相がきちんとできている
・スタッフ同士が協力して運営できている
・適切な指導が行われている
・評価が明確
などではないでしょうか。

人間関係の悩みは、職場を変える事で大幅に改善できる見込みがあります。

 

介護福祉士が転職で失敗しないためには?

介護福祉士が転職するか?しないか?悩んだときは、誰かに相談したいものです。
自分は本当に辞めていいのか?
介護の仕事は続けるか?異業種に転職した方がいいのか?

でも、職場の人には話せないし、介護の事をよくわかってくれている人でないときちんとしたアドバイスが返ってこなさそう…と思ってしまいます。

そういう時こそ、守秘義務のある転職の専門家である「転職エージェント」に相談してみましょう。

転職エージェントに登録すると、あなたの働き方から続けた方がいいか?転職するならばどんな職場がいいのか?などの相談に乗ってくれます。

そして転職したい場合は、担当のコーディネーターが数ある求人情報から一番合ったところを探してくれます。
転職エージェントでは、職場の内情について情報収集しているので「職場の雰囲気や人間関係」や「待遇」などの情報を事前に教えてもらえます

人間関係が気になるのならば、人数や年齢層、男女比、実際の職場の雰囲気などを事前に調べてもらうことも出来ます。

介護福祉士が転職するか迷った時に相談することをオススメしているのは、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

気になる職場があったら、応募手続きから面接のセッティングまで専任コンサルティングが行ってくれます。
内定後にもう少し年収アップを図りたいのならば、年収の交渉も行ってくれることもあります。

これなら働きながら転職活動ができそうですね。
今の職場がしんどいのならば、一度相談してみてください。

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.