ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

保険営業辞めたい人にオススメ転職先とアピールポイント

更新日:

生保営業は、うつ病になりそうな程プレッシャー大な仕事です。
成功すれば高収入になれますが、大多数がそうではありません。むしろ経済的に安定していないどころか、自爆営業でマイナスも覚悟しなければならない世界です。

厳しすぎるノルマや不規則な生活で心身のバランスを崩してしまった同僚はいませんか?

生保営業を続けていくことが難しいと感じているのならば、転職してみるのもいいですよ。生保時代には考えられない程、休みや給料が安定する仕事って沢山あるのですから。

 

今回は、生保営業が転職する際に「アピールすると良い点」と「オススメの転職先」についてまとめました。

 

生保営業が転職を成功されるためのアピールポイントとは?

転職で成功するためには、実績や仕事で培ったスキルをアピールしなければなりません。
特に生保業界は数字が明確に出る世界です。

いくらの商品を何件受注したのか?と具体的な数字でアピールすることができます。
未達分野があったりで、数字だけでは弱いと感じている人も諦めないで!

実績以外でも、アピールできるポイントはあります。

 

営業力をアピールしよう

営業力は営業職でなくても必要とされるスキルです。
保険商品はトータルで考えると高額な商品です。長期的な支払いになるので、契約者も慎重になります。そういった難しい商品を売ってきた実績は転職市場で高く評価されます。

契約に至るにはまず顧客の心を掴まなくてはなりません。
そのためには高いコミュニケーション力も求められますし、保険という複雑な商品を短時間理解いしもらうためのプレゼン能力も求められます。
商品をかみ砕いて説明する力、分かりやすい資料作成をする力は、立派な営業力なんですよ。

 

顧客に好かれる人間力をアピールしよう

生保営業のミッションとして、「新規獲得」があります。

初対面の人に話を聞いてもらうにはまず、営業として、人間として信頼に値する印象を与えることも求めれれます。
例えば、身だしなみだったり、話し方や表情、話を聞く姿勢など。話す内容よりもノンバーバルな部分が重視されます。

特に相手のニーズの在処を探るためには、相手から話を引き出し、傾聴する力が求められます。
会話しやすい雰囲気づくりや相槌の打ち方などを面接の際も心がけましょう。

そのためには、相手のしぐさなどをまねてみるミラーリングなどの「心理テクニック」も活用しているなどもアピールポイントになります。

 

成約のために努力したことをアピールしよう

生保営業は成約後も契約を続けてもらうことがポイントとなります。
そのためには継続的に顧客にに気に入られ、顔と名前を覚えてもらう必要があります。

例えば、「顧客データをまとめて訪問前に確認している」、「誕生日などの記念日にちょっとしたプレゼントをしている」、「趣味の情報を仕入れて、話のネタにしている」などが挙げられます。

他にも年齢性別ごとに広がりやすい話題をストックしていたという人もいます。

要は顧客の懐に入り込むためにした努力を、具体的な例を交えてアピールすればいいんですよ。

 

生保営業が転職しやすい仕事は?

アピールポイントが分かったところで、次はどんな業界が生保営業出身者に向いているのかを紹介します。

 

○金融業界

生保は勿論、損保や銀行、証券などの金融業界は、これまでの経験や知識が一番活かすことができる業界です。

この業界の攻略ポイントは、「達成率などの数字を交えた応募書類を作る」ことです。
同業なので、興味があるのは行動ベースと実績です。ここさえきちんとアピールできたら内定が取りやすいという会社もあるようです。

他には、保険代理店という選択肢もあります。
退職理由が「自社商品に魅力を感じなくなった」という生保営業が保険代理店に転職したところ、顧客のメリットになる商品を多角的に紹介できるようになったという例もあります。

 

○法人向けの営業

商品や業界知識こそ浅いけれど、相手に切り込んでいくスキルを活かせるという点で需要が高い職種です。
例えば、人材業界、メーカー、MRなどの法人ルート営業や新規獲得営業です。

しかもこれらの職種は企業相手なので、土日などが基本的に休みになります。
やはりノルマはありますが、生保のように自爆営業もなく、歩合の度合いも低いので収入も安定しやすいです。企業規模や業界によっては福利厚生や給与ベースが高めだったりします。

 

生保営業を辞めて転職を成功させる方法とは?

激務の生保業界出身者は営業力やコミュニケーション力の高さの他に、ストレス耐性も高く評価されています。
ですので、やり方さえ間違わなければ、現職の不満点を解消できる転職をすることが可能なのです。

情報収集や書類作成をきっちりしておかないと、今よりももっと劣悪なブラック企業に捕まってしまうリスクがありますよ。

 

また多忙な生保営業が転職活動する上でネックとなるのが、「時間がない」ということです。
求人検索する時間も十分に確保できないし、応募書類を準備する時間もあまり取れない。
それだと、入り口の時点ですでにチャンスを逃してしまっているのです。

 

超多忙な生保営業の方にぜひ活用して欲しいのが「転職エージェント」です。

直接出向いてのやり取りは、専任コンサルティングと1度面談するだけ
その場で「辞めたい理由を払しょくできる条件とは?」や「あなたが活躍できそうな業界などのキャリアパス」、「応募書類の添削」、「求人紹介」などを行ってくれます。
あとは電話や専用Webページに新しい求人などの情報がアップされ、空いた時間に確認できます。

 

中でも特に面接力向上に力を入れているエージェントは、「リクルートエージェント」です。

面接通過率が30%向上したという「面接力向上セミナー」や「模擬面接」、「過去にどんな質問がされたか?」などの情報提供を行ってくれます。

利用満足度NO,1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手(株)リクナビが運営する求人サービスです。
登録はしなくてもいいんですが、公式サイトだけでも読んでみてください。
サービスの特徴として、

『日本最大級の求人&非公開求人を有している』

何と言ってもこれが最大のメリットです。
年間41万人もの転職者が利用しています。
豊富な求人情報があり、あなたの希望条件によって最適の求人を探すことができますね。

さらにみなさんが利用するメリットとして、
・10万件以上の非公開求人があり求人を選べて便利。
・転職の成功実績がNO,1だから安心して転職を任せられる。
・求人探しから面接のサポートまでしてくれて安心。
・年収を上げている人が多いし、実際に上げられた。

無料で非公開求人も見ることができます。

-転職の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.