ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

飲食店の正社員が辞めたいと思ったら辞めてもいい理由!いつまで搾取される?

更新日:

ハードな業種の代表として、よく挙がるのが「飲食業」です。

特に、飲食店の正社員は、不規則な長時間労働などで体調を崩したり、過労死してしまう危険が高い働き方をしていることが多いです。

 

「忍耐」でもっているような労働環境ですが、それって異常だと思いませんか?

体力的にも、精神的にもハードで、しかも薄給

 

耐えた先にある物って、何なのでしょうか?

今回は、

  • 飲食店の正社員が辞めたいと思ったら辞めた方がいい理由
  • 転職時に気を付ける点

をまとめてみました。

 

離職率が異常に高いから、飲食店の正社員は辞めてもいい

正社員を辞めてしまうということは、一般的にはあまりオススメされることではありません。

しかし、飲食業については「正社員を辞めたい」と思ったら、辞めてしまってもいいんです。

いえ、むしろ早めに辞めてください。

 

飲食業などのサービス業は離職率が高い業界です。

例えば、2013年に厚生労働省が実施した調査によると、1年間の入職者約126万人に対して、離職者は120万人

 

つまり、就職したほとんどの人が辞めてしまっていることになります。

そうなると、店舗は常に人手不足ということになります。

 

あなたの周りはどれくらいの人が残っていますか?

次々と同期や先輩、後輩が辞めていって、自分だけになっていませんか?

 

「そんな状況で自分が辞めてしまったら、迷惑が掛かる」

と思って残っているのかもしれませんが、実はどんどん自分の首を絞めているだけです。

 

最近、プライベートな時間や定期的に十分な休日を取れていますか?

休日に呼び出されたりしていませんか?

(労働基準法上では、休日にならないんですよ)

 

自分の時間や体力などが、どこかで必要以上に搾取されているのです。

飲食店の正社員を続けることに疑問を持ったのならば、辞めてもいいんですよ。

 

飲食業界の労働環境は改善される見込みがないから、飲食店の正社員は辞めてもいい

今は求人募集を出しても、人が集まらない程の労働人口の減少を肌で感じる時代に突入しました。

特に飲食業は

「体力的にキツい」

「拘束時間が長すぎる」

「給料が安い」

などの理由から、嫌煙され続けている業界です。

 

ワンオペ、過労死など、飲食業界のブラックな部分が広く認識されるようになりました。

ですが、改善されているかというと・・・。

 

そういった問題改善に取り組んでいる企業はゼロではありません。

しかし、業界全体を見ると、なかなか改善されない印象です。

 

今後、ますます労働人口は減少していきます。

今の改善ペースだと、現場が良くなる前に、あなたへの負担が増大する可能性の方がはるかに高いのです。

 

3年後、5年後。

良くなるか分からない業界にとどまりますか?

その間にあなたの年齢は上がり、転職者として年齢というアドバンテージはどんどん使えなくなってしまいますよ。

 

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

 

ホワイト企業は他にもあるから、飲食店以外の業種にも目を向けて辞めてもいい

飲食店は、他の業種に比べて拘束時間も長く、時間も不規則です。

睡眠時間も十分に確保できていないのではないでしょうか?

 

正直、飲食店の労働環境は、普通ではありません。

「え?そうなの?」と思ったあなた、劣悪な労働環境に慣れてしまっているんです。

 

世の中には、残業してももっと短時間で、早く帰宅できる仕事がたくさんあります。

休日もカレンダー通りに取れて、呼び出されることのない会社が多くあるんです。

しかも、トータルの労働時間はアナタよりも短いのに、給料やボーナスがたくさんもらえる会社だって存在するのです。

 

あなたの健康を守りながら、収入も確保できる働き方や業種、会社が他にもある。

体調を崩す前に、どうかそのことに気付いてください。

あなたが働ける場所は、飲食店だけではないですよ。

 

飲食店から他の業種へ転職するには

飲食店でない仕事を選ぶとすると、必然的に異業種への転職をすることになります。

 

転職する際の必須条件は、

転職先が決まってから、辞意を伝える

ことです。

体力的にも、精神的にも辛いことがあるかもしれませんが、金銭的な面も含めて考えると得策です。

 

退職後に転職活動することは避けましょう。

なかなか内定に結びつかなくて、すぐに内定をくれる企業に入社したら、ブラックな会社だった!という話はよく聞きます。

労働環境を良くするために転職するのに、それでは意味がないですよね。

 

事前にしっかりとどういう会社なのか?を調べてから、応募や入職をする」ようにしてください。

 

また、飲食業の方が転職する際に直面する問題として

「スキルがない」

「他の業種のことが分からない」

といった点が挙げられます。

 

飲食店は他の営業職や事務職とは、手法も必要スキルも異なります。

しかし、アナタの経験を活かせる環境はあるんです。

例えば、人材育成などのスキルや経験は、転職先でも大いに役立つ可能性が高いです。

 

自分の適性などが分からないという問題に直面していませんか?

そんなときは、転職希望者と人材を探している企業を結び付ける「転職エージェント」に相談してみるといいです。

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

仕事を辞めたいと思っても、転職となるとハードルが高いですよね。けど、今の職場をずっと続けるか?と言われたら「続けない」が本音。

いつか辞めると思っていても、結局辞めれないままズルズルと言ってしまう人が多いんです。

でも、この記事を読んでいるアナタは、今の仕事を辞める一歩を踏み出せたということ。次も簡単。スマホで気になる求人を検索してみるだけ。

 

求人は転職サイトで探してみてください。なぜなら、一般に公開してない求人を見れるから。

中でも、リクルートエージェントは非公開求人数が20万件と業界NO.1です。

>無料登録!リクルートエージェントで非公開求人を見る


 

20代のうちは体力的にも我慢できるレベルかもしれません。

これからも続けるとなると・・・

今ならまだ間に合いますから。

 

-転職の悩み
-, , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.