ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

SE辞めたい!ブラックで辛い職場から脱出していい理由と転職先例

更新日:

SE=ブラック。
いつからそんなイメージが定着してしまったんだろう。(実際もブラックだけど)

その割にやっていることは、バイトでもOKな事ばかりだし、書類管理だけでコードを書いてもいないSEもいる。
残業デフォルト。休日出勤当たり前。貫徹2日ザラ。
これだけしんどいのにスキルが身に付いている気もしない。

正直、このままSEを続けてくことに不安しかない。

今回は、「SEとして働き続けることに不安を感じる理由」と「元SEが成功しやすい転職先例」をまとめてみました。

 

SEを辞めて転職した方が良い理由は?

○SEはITスキルが磨けるような仕事ではない

SEと言えば、コンピューターやネットワークの知識が豊富で、とても仕事ができそうな印象を受ける職種です。
SEやっていたのならば、転職しても楽勝でしょ!と思われがちですが、実はそうではありません。

SE、特に上流のSEになるに従って、一般企業で「使える人材」認定されるようなITスキルからどんどん遠ざかっていくのです。

それはなぜか?
SEの仕事は、プロジェクトの進行管理やクライアントへの資料作成がメインになります。
書類のバージョン管理が仕事というSEもいるくらいです。
自分でアプリ開発できるレベルの人材も、SEになるとコードを触ることがなくなる場合があります。

SEの世界では、なぜか「Excel」が重用されています。
いわゆる「Excel方眼紙」って奴です。

設計書をはじめ、あらゆる資料をExcelで作成するのが、SE世界の不文律ともいえるでしょう。

けれど、異業種からみると、なんでもExcel作成は異質に映りますし、実際の業務では活用できるスキルではありません。

○下流のSEは、使い潰しのきく駒だと思われている

SIerでは、上流、下流の間には雲泥の差があります。
元受けや上流のSEならば、設計や進捗管理に関わることができますが、下請けや孫請けのSEになるとSEの仕事自体していないことが多いです。

肩書はSEでも、実際は上流SEの作成した使用をプログラミング言語に置き換えるだけの作業だったりします。
プログラミングの経験は増えますが、作成しているコードが効率的か?と言われると疑問を感じながら作成しなければならないというジレンマも抱えることもあります。
過労で倒れても、誰も責任を取らない。
下流SEは、替えの利く駒くらいの扱いを受けています。

下流SEは締切がタイトなことが多く、時間的にも余裕がありません。
新しい言語やアーキテクチャーに触れるだけの時間を確保することが難しく、会社で新技術に触れること期待できないと考えた方が良いでしょう。

○プレゼンや折衝スキル、マネジメント力も身に付かない

下流SEや作業要員と化しているSEの場合、客先に行って、進捗管理などの折衝を行う機会もありません。
元向けの指示に従ってコード化するだけの場合は、プロジェクトチームをまとめたりする機会もなく、マネジメント力も付きません

元受けや上流SEでもない限り、正直、ビジネスパーソンとして必要なスキルや経験は身に付かない職種です。

 

SIer自体に将来性が感じられない

今、IT業界はまだ景気の良い業界だと言われています。
しかし、今の好況は「最後のSIバブル」とも言われており、2020年ごろにはじけると予想されています。

今はWeb系アプリケーションを活用することで、安価に、手間なくシステム導入が可能な時代になりました。
ITへの設備投資をしなくても、ユーザーは導入したいシステムを短期で手に入れることができるのです。

そうなると、SIer業界はどんどん先細りしていくでしょう。
会社自体がバブル崩壊後の事業展開を考えて行動したりしない限り、人材の流出や業績の悪化は避けられないでしょう。

あなた自身もそんな会社や業界に、身を置いておきたいと考えているのでしょうか?

それでもSEを続けたいと考えているのならば、他社への転職を考えてもいいでしょう。
現在、業界内ではエンジニアが不足気味です。
そのため、ある程度の経験があるSEは、有利な条件で転職しやすい環境だと言えます。

会社の規模や立場、その中でのポジションなど、今の職場環境で不満に感じている部分が転職で解消される可能性があります。
あなたにとってやりがいもあるでしょうし、年収がアップする可能性もあります。

今の会社にいても、昇格や昇給のチャンスに恵まれそうですか?
もしそうでないのならば、転職活動を通して自分の価値を確かめてみるのもいいと思います。

 

元SEの転職先は、どんな職種が成功しやすい?

SIer出身のSEが転職で成功しやすい分野がいくつかあります。

○ITコンサルタント

マネジメントや経営戦略の視点からも問題解決したい人に向いている働き方です。
他にも年収アップやキャリアップを第一に考えてる人が、ITコンサルタントを目指しています。

○Webエンジニア

プログラミングやコーディングが好きな人や現場主義の人は、現場のエンジニアが向いています。
その中でもWeb系は拡大傾向にあります。
新しいアーキテクチャーに触れたいという人に向いている働き方です。

○社内SE

IT業界はもういいやという人には、一般企業内の社内SEになる人もいます。
比較的残業も少なく、休日出勤しても代休が取りやすいなど、過酷な労働環境を改善したい人に向いている働き方です。

漠然とSEを続けていては得られない経験やスキルが身に付きやすい職種の一部を紹介しました。
この他にも、あなたの経験や志向にあった働き方は、いくつもあるはずです。

 

SEを辞めたいなら、きちんと情報収集やアドバイスを受けよう

ビジネスの世界から隔離されたような働き方をしていたSEもいるでしょう。
転職で成功するか否かは、「自分の市場価値を正しく認識しているか?」にかかっています。

まずは自分の経験やスキルが、他社や他の業界でどの程度通用するのか?を知ることから始めましょう。
そうすれば、自分が採用される可能性のある求人や年収なども見えてきて、無謀な転職活動をすることが防げます。

次に、「自分の悩みの正体と解決法を知る」ことです。
現職の何に不満を感じているのか?が分かれば、あなたにとっての働きやすい環境が見えてきます。
その部分を叶えるだけでも、満足度の高い転職が可能になります。

ただ、これらのことって自身ではなかなか気付かないことも多いでしょう。
そういった時には、色々な業界に精通している「転職エージェント」の力を借りてもいいんです。

面談を通して、あなたの志向性や現職の問題点、向いている働き方などをアドバイスしてもらえます。
同時に採用される可能性がある求人の紹介もしてもらえるので、自分の市場価値を測ることもできます。

転職エージェントは沢山ありますが、その中で登録マストな転職エージェントは、
様々な業界への転職成功者を輩出している、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

転職には不安が付き物です。
どういったことに不安を感じているのか?ということも、気軽に相談できますよ。

5年後、10年後にどうなっていたいのか?キャリアプランにあわせての転職プランも教えてもらえるので、段階を踏みながら自分のやりたいことを叶えていきましょう。

 

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.