ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師のお金・給料

看護師が給料少ない!?給料をアップできる方法が知りたい!

更新日:

管理職でない看護師の平均年収は約520万円という調査結果があります。

この調査結果によると、看護師の平均月収約35万、賞与は90万。
このうち、基本給は約26万円です。

あなたの給料と比べて、多かったですか?少なかったですか?
実は仕事内容やスキル、経験年数が大して違わないのに、給料が大きく違うことがあるんです。

今回は、「看護師の給料が大きく違ってくる理由」と「看護師が給料アップを図る方法」をまとめました。

 

看護師の給料が低くなる理由は?

看護師の給料が大きく違ったり、同じ仕事内容なのに低くなってしまうのは、「給料の算出基準が医療機関にごとに異なっている」からです。

医療機関はそれぞれに経営している組織があります。
経営母体の経営状態によって、給料は大きく変わってきます。

つまり、経営母体の利益が高い医療機関の方が、同じ仕事内容でも給料が高くなる確率がアップするということになります。

特に年収の差が大きくなる理由は「基本給」にありました。
基本給がキーとなる原因は、年収の計算の仕方にあります。

年収は、
(基本給+手当)×12か月+(基本給×支給ヶ月)
の合計になります。

そのため基本給は、手当やボーナス支給額、果ては退職金を決定する際の基準にもなります。
想像以上に、「基本給が高い」ということは、重要な事なんです。

基本給は、スキルや業務内容を重視して決定されたり、在籍年数が重視されて決定されるなど、医療機関によって重視されるポイントが全く異なります。

それが原因で、スキルや仕事内容は大差ない人同士でも、年収が全く異なるといった現象が起こるのです。

 

看護師が勤務先を変えるだけで、給料が増える可能性がある!

…ということは、「同じ人でも勤務する医療機関を変えるだけで、年収アップが図れる可能性がある」ということになります。

ちなみに看護師の基本給は、他の産業と比較して上昇しにくい傾向があると言われています。
つまり、「基本給の低い医療機関で働き続けても、給料は上がりにくい」ということに繋がってくるのです。

それは大問題ですね。
では、看護師が基本給アップ、年収アップを図りたい場合はどうしたらよいのでしょうか?

 

看護師が給料をアップさせるには

看護師の給料をアップさせる方法はいくつかあります。
例えば、

○管理職になる

看護師が今の医療機関で給料アップを考えているのであれば、「管理職」などの役職に就くことが方法の1つになります。

ただし、管理職のポストは数が限られており、役職に就くにはある程度の経験も必要になってきます。
キャリア3年以下の看護師にとっては、すぐに給料アップを図る方法としては現実的ではありません。

また、キャリアの長い看護師の場合でも、今の職場で役職に就くことが難しい場合もあります。
その際は、役職者を募集している医療機関に転職するといった方法で、管理職になる方法もあります。

○専門資格を取得する

看護師の給料アップを図る方法として、「専門資格を取得する」という方法もあります。

給料アップが狙える資格として、例えば、「認定看護師」や「専門看護師」などが挙げられます。

救急や排泄ケア、感染症などの分野に興味を持っていたり、精神看護やがん看護に携わる部署にいるのであれば、目指してみる価値はあります。

日本看護師協会では、専門性の高い看護師を優遇することを薦めています。
専門資格を取得することで、管理職になれるチャンスもアップしますから。

なお、医療機関によっては、専門資格を取得する際に費用負担をしてくれる所もあります。
取得後、資格手当としていくらもらえるのか?と併せて、事前に確認してから取得準備に入りましょう。

○都市部の私立大学病院を狙う

看護師の給料をアップさせる方法として、給料ベースの高い地域や医療機関を狙うという方法があります。

看護師の給料は、

都市部 > 地方
私立大学病院 > 一般の総合病院

の方が高くなる傾向にあります。

つまり、「都市部の私立大学病院」は他の医療機関に比べて、給料ベースが高くなる傾向にあります。

私立大学病院は、潤沢な収入やコストを意識した経営で、高い利益を出していることが多いです。
そのため、「基本給が高い」、「手当が充実している」、「ボーナスだけで約5か月分支給される」など、年収を押し上げる要素が沢山あります。

○手当が充実している働き方をする

同じ看護師でも職種や働き方によって、手当が沢山つく場合があります。

例えば「訪問看護師」。
国が在宅療養を推奨しているため、訪問看護ステーションや需要の増加で人材不足傾向にあります。
そのため、給料ベースが高めで募集されていたり、オンコール手当などが充実している医療機関もあります。

施設によっては、月給50万近い金額で募集を掛けていることがあるので、一度チェックしてみるのもいいでしょう。

○手当の種類や金額が多い医療機関を狙う

看護師の給料をよく見てみると、支給額のうちなんと10%以上が手当なんです。
つまり、看護師が給料アップを図るには、「手当の部分を増やす」という方法も考えられるのです。

特にウエイトが大きい手当は「夜勤手当」でしょう。
しかし、医療機関によって、支給金額やその内訳が大きく異なっているのです。

例えば、夜勤手当と深夜割増手当を別に支給してくれる施設の場合、同じ回数夜勤をしても支給金額が変わってきます。
別支給してくれる医療機関は、「病床数が多い」傾向にあります。

また、3交代制よりも2交代制の医療機関の方が、拘束時間が長いために支給額が多くなりがちです。
2交代制の方が生活リズムが掴みやすいというメリットもあるので、2交代制を採用している医療機関を探してみるという方法もあります。

他にも特殊業務や危険が伴う業務への手当が支給される部署を狙うというやり方もあります。

今の医療機関や転職先の医療機関の手当の仕組みと支給額を確認してから、どういった働き方をするか?を考えてみてもいいでしょう。

 

給料の算定基準を知りたいのならば

看護師が転職を考える際に、ネックとなるポイントとして「給料」が挙げられます。
でも、所属している医療機関の給料もですが、他の医療機関の給料事情なんてなかなか知ることが難しいと思います。

そんな時は、医療機関のあらゆる情報をストックしている看護師の「転職エージェント」を活用することも1つの方法です。

ちなみに転職エージェントは多くの医療機関と付き合いがある上に、転職希望者からのヒアリングを通して色々な情報を持っています。
応募先の医療機関の人員体制や内情だけでなく、給料の算定基準なども教えてくれることがあります。

情報収集の時短にもつながりますし、情報の信ぴょう性も高い物が得られますよ。

年収600万以上の求人あり:看護のお仕事

・年収600万超えの求人もあり
・あなたの代わりに給料交渉してくれる
・年収440万から600万に昇給した人も!

転職を成功させる秘訣は「応募前に自分の給料を確認すること

もちろん、詳細な給料は面接を受けないとわかりません。
でも、自分の経験年数に合った年収は事前に教えてもらえるんです(*^^*)

求人サイトだと「月給25~30万」など幅が広く、当てになりません…
面接を受けないと、いくらもらえるのか謎です(+_+)

その点、転職サイトなら給料交渉をしてくれるので、年収100万アップも叶えられます。

年収600万以上の求人を探してみる⇒

内定後に、コンサルタントが年収交渉を行ってくれることもあるので、さらに給与アップにつながるかもしれませんよ。
自分の給料が安すぎる!妥当なのか気になった方は、気軽に相談してみてください。
転職するか、しないかは、それから決めてもOKなんですから。

-看護師, 看護師のお金・給料
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.