ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

自衛隊病院の看護師になりたい!仕事内容やお給料は?求人の募集要項は?

更新日:

公務員看護師って結構いますが、その中でも今回は「自衛隊病院の看護師」についてご紹介します。

 

・自衛隊病院の看護師って、どんなお仕事?
・やっぱり給料はいいの?
・どうやって自衛隊看護師になるの?

 

など、自衛隊看護師のお仕事について気になる点はありませんか?看護師の中でも、ちょっと特殊な世界を覗いてみましょう。

 

自衛隊病院の看護師の仕事、給料、待遇

自衛隊病院の看護師と一般的な看護師って、どう違うのでしょうか?意外なことに、患者さんが自衛隊員で、自衛隊の関連施設で働くという事以外は、そんなに大差がありません。

 

自衛隊看護師の仕事内容

・病院勤務:病棟看護師の仕事がメイン
・衛生部隊:野外病院の開設、運営など現場での活動
・医務室勤務:駐屯している隊員の健康管理など

 

衛生隊」といって訓練現場に派遣される看護師になると、現場での救急看護師に変身しなければなりません。

 

また、大規模災害や海外派遣に随行する医療班に配属されると、紛争地帯などの危険な場所での看護活動を行うことになります。

 

自衛隊看護師のお給料

そんな自衛隊看護師のお仕事ですが、お給料のことが気になりませんか?

 

自衛隊病院の看護師の身分は、自衛官になります。ということは、公務員であり、階級によって給料が変わってきます

 

階級は、看護師としての実務経験や勤続年数、年齢などで上がっていきます。

 

階級が上がるにしたがって、給料も上がっていきます。

 

ちなみに、月収やボーナスなどの金額は、月収30万円前後、ボーナスは50〜100万円前後だと言われています。

 

金額自体は、一般的な看護師と同等ぐらいですが、「公務員」の身分とそれに伴う福利厚生や手当は、やはり充実しているようです。

 

自衛隊看護師の待遇

独身の看護師は原則、寮で生活しなければなりません。ここは一般の看護師と違うポイントですね。

 

たとえ実家が近いとしても、独身のうちは必ず寮に入らなければなりません。やはり、自衛隊というだけあって厳しいです。

 

結婚すると、公務員宿舎(官舎)、自分の家から通えるようになります。

 

 

自衛隊看護師になるために必要な資格は?

自衛隊病院の看護師になるには、

・自衛隊中央病院高等看護学院に3年間通い看護師の資格を取得
・一般の教育機関で看護師資格を取得後に、陸上自衛官試験に合格する

のいづれかになります。

 

なお、一般の教育機関経由で自衛隊看護師を目指すのならば、「保健師」もしくは「助産師」の免許が必要になります。

 

看護師資格を取得後に、いずれかの資格を取得(見込みでもOK)の上、陸上競技試験にチャレンジしてください。

 

ちなみに、陸上自衛隊の受験資格は36歳未満、身体的な条件などの制限があります。募集要項をよく読んで、自分が該当しているかどうか確認してから目指しましょう。

 

 

自衛隊病院の看護師のメリット

存外一般的な看護師とそんなに違いのないように思える自衛隊病院の看護師ですが、実はメリットもたくさんあります。

勉強にかける時間を確保しやすい

通常の自衛隊施設では、基本的に救急患者の対応はしていません。ですので、日中もイレギュラーが少なく、残業も少なめで退勤することができます。

 

その分、一般的な病院で激務に追われている看護師さんよりは、勉強する時間が確保しやすくなります。

 

海外で活動できるチャンスがある

自衛隊看護師になると、社会情勢によっては海外に派遣される場合があります。

 

治安維持のための派遣が多いため紛争中の危険地帯になりますが、看護師の本分でもある「人道支援」が実現できる絶好の機会でもあります。

 

海外支援に興味のある方などには願ってもないチャンスですので、目指してみる価値はあると思います。

 

自衛隊病院の看護師の身分は「公務員」

自衛隊病院の看護師の身分は、自衛隊員になります。つまり、公務員です。倒産の心配はまずありません。

 

経営状態によって、給料が大きく左右されるわけでもないので、いわゆる「安泰」な職場になります。

 

自衛隊病院の看護師は手当や福利厚生が充実している

自衛隊病院の看護師は公務員です。給料は一般的な看護師と同等ですが、自衛隊看護師の場合は別途手当がつくことがあります。

 

配属先にもよりますが、その手当がかなり充実しているんです。その分を含めると、実は一般的な看護師よりも高収入になることもあります。

 

 

自衛隊看護師のデメリット

メリットの多い自衛隊看護師ですが、デメリットもあります。

配属先がデンジャラス

自衛隊看護師の場合、配属先が世界の紛争地帯だったり、大規模災害の現場だったりします。

 

内戦が続いていたり、余震が続いている場所で救護活動にあたらなければなりません。

 

もちろん、安全管理は行われていますが、100%自分の身の安全を確保できるわけではありません

 

ひそかに転勤族

看護師って基本的に、転勤とは無縁の場合が多いお仕事です。しかし自衛隊の場合、自衛隊病院は全国に16か所あります。

 

自衛隊病院の看護師は、日本中の自衛隊病院や部隊を渡り歩きながら、働くことになります

 

色々な土地で、様々な経験ができるというメリットもありますが、定住したい人には頭が痛い悩みになります。

 

自衛官としての訓練を受けないといけない

自衛隊病院の看護師の根幹は、自衛官です。

 

ほふく前進はもちろん、野外での長距離徒歩訓練や射撃訓練などもクリアしなければなりません。

 

過酷な環境を生き抜ける精神力と体力を併せ持った人でないと、務まらないお仕事でもあります。

 

仕事がきつい

自衛隊というだけあって、職場は男性が多いです。上下関係が強く、男性ならではの環境です。

 

打って変わって、看護師の世界というのは女性社会です。男性がほとんどいないので、看護師から自衛隊看護師になると、職場環境のギャップが大きいかもしれません。

 

訓練もしなければならないので、一般の看護師より仕事がきついと感じるでしょう。働く環境としては厳しい面もあります。

 

 

自衛隊病院の看護師になりたいのならば

自衛隊病院の看護師になりたいのならば、採用試験を受ける必要があります。

 

次年度の応募受付は例年9月末までに行われ、11月に採用試験を受けることになります。

 

試験内容は、小論文や面接、身体検査となっていることが多いです。(詳細は募集要項をご確認下さい)

 

自分でHPなどを見て情報収集しておくことも大切ですが、他にも情報収集できる場所があります。

 

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒

 

色々な経験の看護師さんから情報収集しているので、自衛隊病院の看護師についても情報も持っているかもしれません。

 

問題の傾向や研修機関の雰囲気などが分かったら、心強いですよね。

 

気になる方は、お気軽に相談してみてください。

 

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.