ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

今すぐコンサルタントから転職するべき?激務の果てに得られる物は?

更新日:

異業種からのチャレンジ転職だったのですが、想像を絶する過酷さから体力的にも精神的にも限界を感じています。
前職に特に不満があった訳でもないので、今の職場が余計に辛いです。

早期退職するべきか?移動願を出すべきか?
もし退職しても、転職先は見つかるのか?
不安がいっぱいです。

今回は、コンサルタントの仕事を続けるべきか?辞めるべきか?
コンサルタントからの転職した方の例も踏まえて、考えていきましょう。

 

コンサルタントの仕事が辛いと思う理由は?

コンサルタントから転職した方が体験した、「コンサルタントの仕事が辛いと思う」理由をいくつか挙げてみましょう。

拘束時間が長すぎる
最終報告前でもないのに、終電で帰れない
明け方に帰宅することもある

人間関係が悪い
多忙すぎて、みんな余裕がない
鬱で辞めていく人が異様に多い
指摘の仕方がキツい
上司のパワハラが常態化しているのに、上層部は放置している
コンサルタント→コンサルタント転職でないと、下に見られる

業務についていけないことで落ち込む
スキルの足りなさを痛感したり、思ったように結果が出せないことに滅入ってしまう
周りについていけないことがこんなに辛いことだと思わなかった
アウトプットする内容が分からないのに、仕事だけどんどん増える

皆さんも思い当たる節はありませんか?
次はこういった理由からコンサルタントから転職した人が、
・どのタイミングで転職したか?
・転職を決意したきっかけは?
についてみてみましょう。

 

期限を決めて、コンサルタントの仕事で勉強する

その人のキャリアプランによる部分もありますが、続ける選択をした場合「1年は様子を見た」、「3年頑張った」という人が多かったです。
その時に残る選択をした人に共通する特徴として、「次のキャリアのために今は勉強する時間なのだ」と割り切っていたという特徴があります。

その間は、早朝帰宅、能力不足を痛感させられるなど、体力的にも精神的にも大変な思いをしていたそうです。
でも「期間限定」だと思うと、どんなに辛くても耐えることができたと語っています。

人間はゴールが見えていると、過程が辛くても耐えられるものです。

現に続けることを選択した人は、次の転職先でコンサルタントの経験を活かすことができていると感じています。
激務でしょうが、体力や気力がもちそなうちに、チャートの作り方やフレームワークの使い方などを自分の物にしたり、思った結果を生み出せるファクターを見つける力や経験を養っておく。
プロジェクトを通じて人とのつながりを作っておくためにも、一定期間頑張ってみるという事も1つの選択肢です。

 

すぐに転職した方が良いコンサルタント会社もある

将来のために、一定期間だけでも頑張った方が実になるコンサルタント会社もあれば、搾取することしか考えていないコンサルタント会社もあります。

コンサルタント会社経験者が「こんなコンサルタント会社はすぐに脱出せよ!」とアドバイスする事例は以下の通りです。

・人は使い捨て的な考え
・異常なまでのトップダウン
体調を崩したり、鬱になる同僚や上司がいる
・異動希望が常に出ている
・スタッフが抱えている仕事量を把握していない
・勤務中に倒れる同僚や上司がいる
・1年以内に転職する人が多い

他にも、異業種からの転職組だと、下に見られるといった特徴があります。
本来コンサルタント会社では、事業会社の出身者は重宝されるものです。
企画開発から品質管理、コストや在庫管理などの知識や実務経験は、コンサルタントの仕事をしていく上で欠かせないものですから。

こういった体質のコンサルタント会社にいても、疲弊して使い潰されてしまうだけです。
身体を壊して倒れてしまったり、精神的に病んでしまう前に違う環境へ移る様にしましょう。

 

心身共に疲れ切ってしまう前に

コンサルタントは、合う合わないがはっきりとでる職種です。
もし今のコンサルタント会社が合っていないと感じているのならば、自分の経験をもっと活かせるコンサルタント会社に移ってもいいんです。
幸い、コンサルタントは転職回数がそんなに問われない業界です。
自分の持てるノウハウを高く買ってくれる会社に転職しましょう。

コンサルタントの仕事自体が合わないと感じているのならば、事業会社に転職してもいいんです。

特にコンサルタントの仕事は、40代以降にとってはきつい仕事になります。
長いスパンで考えると、どこかのタイミングで異業種へ転職する方がいいのかもしれません。

コンサルタントの仕事を続けるかどうか迷った時は、転職の専門家である「転職エージェント」に相談してみましょう。

転職エージェントに登録すると、あなたの働き方から続けた方がいいか?転職するならばどんな職場がいいのか?などの相談に乗ってくれます。

そして転職したい場合は、担当のコーディネーターが数ある求人情報から一番合ったところを探してくれます。
転職エージェントでは、職場の内情について情報収集しているので「職場の雰囲気や人間関係」や「待遇」、「忙しさ」などの情報を事前に教えてもらえます

様々な業種を視野に入れて転職を考えている方にオススメしているのは、業界No.1転職エージェントの「リクルートエージェント」。

気になる職場があったら、応募手続きから面接のセッティングまで専任コンサルティングが行ってくれます。
内定後にもう少し年収アップを図りたいのならば、年収の交渉も行ってくれることもあります。

キャリアによっては、エクゼクティブ求人を紹介している部署が担当になったという方もいます。

コンサルタントとしての働き方に不安や疑問を感じたら、一度相談してみてください。

-転職の悩み
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.