ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師のお金・給料

30歳看護師の年収相場は?もっとアップさせる方法はある?

更新日:

看護師になって約10年。すっかりベテランの域に入ってきた30代看護師。

 

任される仕事も増えて、年収も増えて…

「あれ、私の年収安くない?」

そんな疑問を持ったのならば、他の看護師さんの平均年収と比較してみてください。

 

今回は、

  • 30代看護師の平均年収
  • 30代から年収アップを狙う方法

についてまとめてみました。

 

30代看護師の平均年収っていくら?

30代前半の平均年収は次の通りです。

 

男性/正看護師

  • 平均年収:約463万円
  • 平均月収:約32万円
  • 平均ボーナス:約79万円

【男性/正社員】

  • 平均年収:約469万
  • 平均月収:約29万
  • 平均ボーナス:約121万

 

女性/正看護師

  • 平均年収:約450万円
  • 平均月収:約31万円
  • 平均ボーナス:約77万円

【女性/正社員】

  • 平均年収:約378万円
  • 平均月収:約25万円
  • 平均ボーナス:約78万円

 

(参考:http://www.kangoshi-hikaku.com/kyuuryou-nenrei.shtml)
(参考:https://doda.jp/guide/heikin/age/)
(参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/06.pdf)

 

一般平均と比べると、女性看護師は平均以上だということが分かります。

 

特に女性看護師の場合、20代までは男性よりも金額が高い傾向にありましたが、30代前半では逆転して、男性看護師の方が多く貰う傾向になります。

 

30代の女性の場合、出産や育児のピークと重なる時期でもあるので、就業していても時短で働いていたり、夜勤を免除してもらっているために、総支給額が減ってしまいがちです。

 

ちなみに、20代の頃と比べると、支給額自体はアップしていますが、昇給率はさほど良いとは言えないようです。よく看護師は「スタート金額は高いが、昇給ベースが低い」と言われていますが、まさにその特徴通りの数値となっています。

 

この現象は看護協会も問題点として認識しているので、今後改善に向けての動きがあるかもしれませんね。

 

30代看護師が年収をアップしようと考えると

新卒から勤務している看護師の場合、30代にもなるとキャリア10年以上のベテランに成長しているはずです。

 

30代看護師は、重要な仕事に携わっていたり、指導役として活躍していることでしょう。

 

中には、リーダー的な役割を任されている人もいらっしゃるのではないでしょうか。看護師にとって、30代というのは今後の看護師人生を左右する重要な時期でもあります。

 

それによって、今後の年収の増え方にも影響があるのですから、慎重に考えたいものですね。

 

今後のキャリアプランとして、いくつか候補があると思います。

  • 管理者として、幅広い知識を持った看護師を目指す
  • 認定看護師などの上位の資格ホルダーを目指す
  • 師長や主任などの管理職を目指す

他にも道はあると思いますが、あなたが目指す看護のあり方に一番近い物を選ぶと良いでしょう。

 

キャリアップした看護師の平均年収は?

1.認定看護師の平均年収

診療報酬への加算が見込めるので、病院としては欲しい資格保有者である「認定看護師」しかし、病院によっては資格を取得しても、目に見えて年収がアップしない場合もあります。

 

認定看護師が活躍しやすい医療機関は、「大学病院」などの専門性の高い医療機関です。資格取得に至るまでに培ってきたスキルや知識は、難易度の高い医療機関では必要とされ、評価もされやすくなります。

 

また、大学病院自体が給与ベースが高い場合もあるので、結果的に年収アップにつながることもあります。

 

なお、外来専門になってしまうと、夜勤手当など病棟勤務でついていた手当がなくなることがあります。結果的に年収が下がってしまうので、そういった話が来た場合は条件をしっかり確認してから検討しましょう。

 

2.主任看護師の平均年収

主任看護師の場合は、手当という形で給与アップすることが多いです。年収で500〜600万、月額MAXでも5万円程度の昇給になります。

 

また、基本給自体がアップすることもあるので、必然的に賞与もアップする傾向にあります。

 

ただし、役職に就くと残業手当が出なくなったり、夜勤の回数が減ることで、トータルするとあまり昇給している実感が持てない場合もあります。現状では、金額を意識するのではなく、あくまで管理職としてのキャリアパスの一環だと考えた方が良いでしょう。

 

3.看護師長の平均年収

勤務地域や病院の規模にもよりますが、

  • 地方や民間病院:500〜600万円
  • 首都圏の公立病院:700〜800万円

が相場だと言われています。

病院によっては、800万以上稼いでいる師長もいるとか…。

 

一般企業の男性でも、中間管理職でここまで稼ぐのは大変なことです。気苦労が多い立場ではありますが、キャリアと年収の両方を得ることができる立場でもあります。

 

30代看護師が年収アップを狙うのならば

キャリアップについて、いくつか例を出しました。30代看護師が年収アップを狙うとなると、キャリアップも同時に考えておかなければなりません。今の職場では年収アップはできそうですか?

 

例えば、「認定看護師」になろうとした際に、病院側は何らかのサポートをしてくれそうですか?職場でサポート体制がないのならば、今すぐの取得は考えものです。

 

認定看護師の場合、約半年間は研修に出なければなりません。その間の給与まで止まってしまうと、生活が大変になりますよ。

 

認定看護師資格を取得した看護師さんの中には、研修中の給与保障や費用を負担してくれる病院に転職してから、資格を取得したという方もいらっしゃいます。

 

また、管理職を目指している看護師さんは、「主任として」採用してくれる病院へ転職し、キャリアアップを目指しているという方もいます。

 

現職のまま、年収もキャリアもアップできるのならばベストです。しかし、難しそうならば転職することでその両方を得るという道もあります。

 

30代看護師が年収やキャリアについて考えるときに相談して欲しいのが、転職のプロである「転職エージェント」です。

 

転職エージェントでは、あなたのキャリアプランに合わせて、よりよい選択ができる求人情報の提供と転職サポートを行っています。

 

年収600万以上の求人あり:看護のお仕事

・年収600万超えの求人もあり
・あなたの代わりに給料交渉してくれる
・年収440万から600万に昇給した人も!

転職を成功させる秘訣は「応募前に自分の給料を確認すること

もちろん、詳細な給料は面接を受けないとわかりません。
でも、自分の経験年数に合った年収は事前に教えてもらえるんです(*^^*)

求人サイトだと「月給25~30万」など幅が広く、当てになりません…
面接を受けないと、いくらもらえるのか謎です(+_+)

その点、転職サイトなら給料交渉をしてくれるので、年収100万アップも叶えられます。

年収600万以上の求人を探してみる⇒

 

快適に働きながらキャリアも年収もアップさせたいのならば、一度相談してみてください。

 

-看護師, 看護師のお金・給料
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.