ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師のお金・給料

クリニック看護師の年収事情!高給な診療科は?注意点は?

更新日:

夜勤がつらい。
子供が小さくて、日勤しか無理。

それでも看護師として働きたい方に注目されているのが、日勤のみの「クリニック」での勤務です。
年収や福利厚生など、クリニック勤務の看護師と病棟勤務の看護師では色々な点で違いがあります。

今回は「クリニック看護師の年収事情」と「クリニック看護師になるにあたっての注意点」をまとめてみました。

クリニック看護師と病棟看護師との大きな違いは

クリニック看護師と病棟看護師の働き方の大きな違いは、「夜勤の有無」です。
病床を持たないクリニックでは、夜勤がなくなります。
そうなると必然的に夜勤手当分の給与は低くなってしまいます。

ある調査によると、クリニック看護師と病棟看護師の平均年収の差は約86万円といわれています。

 

クリニック看護師の場合、給料は経営状態に左右されます。

人気のクリニックできちんとスタッフに還元しようという考えのクリニックだと、8年勤務で700万近くを稼いでいるクリニック看護師もいます。

一方、経営状態それ程良くなかったりや経験が浅いクリニック看護師の場合は、200万程度にとどまるケースもあります。

クリニック看護師の給与は、
・勤務地
・正看護師か?准看護師か?
・保有資格
などによっても、給与は変わってきます。

クリニックによって、様々だということが分かりますね。

高給取りのクリニック看護師は?

クリニック看護師の中でも給与格差が大きくあることは分かりました。
同じクリニック看護師でも、比較的高給取りな診療科はないのでしょうか?

クリニックの中でも平均的に給料が高いといわれているのは、「美容クリニック」です。
美容クリニックの平均年収は、440万程度だと言われています。

日勤のみの外来看護師の年収が、400万以下だと言われていることを考えると、同じような勤務形態でも給与ベースが高めだという事が分かります。

 

美容クリニックは、自由診療で施術が行われることが多々あります。
クリニックごとにサービス内容や価格を自由に設定できるので、医療報酬に縛られることがありません。
そのために、一般的な病院よりも高い利益を上げることが可能になります。

利益を看護師に還元しているクリニックでは、日勤のみで年収600万近くを稼ぐクリニック看護師もいますよ。

クリニック看護師になる際の注意点

美容クリニックをはじめ、クリニックによっては日勤のみで病棟勤務時代よりも高い年収を貰っている看護師がいます。
しかし、だからといって安易にクリニック看護師になるのはハイリスクです。
現役クリニック看護師が不安に感じていることをまとめてみました。

○賞与や手当がない

まだ業績が安定していない新設のクリニックだと、賞与や手当などが支給されないケースがあります。
経営が安定してきてからも、本当にもらえるか不安だという声も聞かれます。

○社会保険は国民保険になることがある

クリニックは個人事業主扱いになります。
よって社会保険が国民年金になることがあります。
厚生年金ならば半額会社負担となりますが、国民年金は全額自腹になります。

健康保険についても、「医師国保」への加入になることが多いでしょう。
医師国保の場合、事業主への半額負担義務がないため、こちらも全額自腹になることがあります。
また産休中の出産手当が受けられないこともあるため、事前に確認が必要です。

手取りが予想以上に目減りすることを避けるためにも、「社保完備」か?はしっかり確認しておきましょう。

○退職金がもらえないクリニックがある

退職金は法律に則った制度ではないので、支給するかしないかは、あくまで経営者のさじ加減になります。
「元々ない」か、「規定はないがもらえた」、「もらえる人ともらえない人がいた」など支給される基準も金額もバラバラです。
気になるのであれば、契約書や就業規則を確認したり、入職前に質問してみましょう。

○人間関係が密

クリニックは病棟と違って、密室で少人数での勤務になります。
人間関係が密なことも多いので、馴染めないと精神的に辛くなります。

○急な休みが取りづらい

病棟勤務と違って少人数なので、代わりがおらず休みが取りづらいクリニックがあります。

○雑用ややることが病棟勤務より格段に多い

病棟看護師時代には携わることがなかった雑用や掃除なども、全て看護師がやらなければなりません。
結果的に病棟看護師時代よりも忙しくなったという方もいます。

 

夜勤がない分、身体への負担も少ないクリニック看護師ですが、病棟看護師時代にはなかった悩みや大変さもあるようです。
そういった部分も加味してから、クリニック看護師になるかどうかを検討してもいいかもしれません。

クリニックの内情を良く知ってから応募しよう

クリニック勤務は、「経営者のさじ加減次第」で高給取りにもなれるし、大変な思いをすることが分かりました。
それでもきちんとしたクリニックに入職できたらならば、日勤のみでもしっかり稼ぐことのできるチャンスもあります。

クリニック看護師を目指すのならば、経営者ドクターの考え方や労働条件、職場の雰囲気などが合うクリニックで働きたいものですね。

とはいっても、ドクター自身が面接をすることが多いので、福利厚生面は聞きにくいかもしれません。
職場の人間関係は、入職してみないと分からない面もあるでしょう。

 

そういった情報を知りたい方には、看護師転職のプロである「転職エージェント」に相談することをオススメしています。

転職エージェントでは、ドクターの考え方や社会保険や研修、給与面だけでなく、クリニック内の人間関係や雰囲気も事前に情報を教えてくれます。

あなたがどんな環境や条件で働きたいのかをヒアリングしてくれ、そのクリニックが合っているかどうかのアドバイスももらえます。

年収600万以上の求人あり:看護のお仕事

・年収600万超えの求人もあり
・あなたの代わりに給料交渉してくれる
・年収440万から600万に昇給した人も!

転職を成功させる秘訣は「応募前に自分の給料を確認すること

もちろん、詳細な給料は面接を受けないとわかりません。
でも、自分の経験年数に合った年収は事前に教えてもらえるんです(*^^*)

求人サイトだと「月給25~30万」など幅が広く、当てになりません…
面接を受けないと、いくらもらえるのか謎です(+_+)

その点、転職サイトなら給料交渉をしてくれるので、年収100万アップも叶えられます。

年収600万以上の求人を探してみる⇒

看護師のお仕事では、「看護師が長続きしない病院は避けている」といわれるほど、ブラック病院を避けて紹介してもらえます。
クリニック看護師として活躍するには、やはりクリニックの色に合っているかが大きく関わってきます。

決して年収などの条件面だけにとらわれずに総合的に判断するためにも、気になるクリニックがあるのならば気軽に相談してみてください。

-看護師, 看護師のお金・給料
-, , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.