ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

一般企業・公務員 転職の悩み

リクルートエージェントで年収アップ転職に成功した理由とは?

更新日:

 

どうせ転職するのならば、年収アップしたい。
そう考えたことはありませんか?
でも闇雲に高収入の求人に応募するだけでは、ダメなのです。

今回は、転職エージェントの「リクルートエージェント」をフル活用して、年収アップ転職を叶えられた理由をご紹介します。

 

公募されることのない「非公開求人」も視野に入れて考えることができた

転職エージェントを活用するメリットは、公募と比べて「求人数がはるかに膨大」な点です。
特に業界最大手のリクルートエージェントは、会社規模や業種、職種も様々な求人案件を多数抱えています。
中小企業だけでなく、だれもが知っている大企業の案件や非常に好条件の案件も扱っています。

ただそういった案件は応募が集中しがちなので、「非公開求人」として登録者だけに紹介されます。

ハローワークや自分で求人サイトを見て応募するだけでは大企業に入社できるチャンスは少ないでしょうが、転職エージェントを活用するとその可能性がアップします。
基本給がアップしなくても、福利厚生の部分が手厚かったりするので、トータル的にはプラスになったという方もいます。

総求人数が業界最多の10万件を超えているリクルートエージェントを活用することで、候補企業の選択肢が増え、年収アップにつながるような求人に出会える可能性も広がりました。

 

面接対策講座の内容が濃い

リクルートエージェント登録者だけの特典として、「面接力向上セミナー」という講座を受講することができます。

「自己PR」、「転職理由」、「志望動機」などの面接で必ず聞かれる質問の回答方法や正しい「企業分析」の仕方を無料で知ることができます。

資料に沿って行われる2時間のセミナーですが、受講者の面接通過率が40%向上するといわれるほど濃厚な内容となっています。
面接対策として、これほど具体的な講座はなかなかないでしょう。

実はこの講座が目的で、リクルートエージェントに登録する人もいるそうです。

 

面接で質問される内容を事前に把握できた

転職エージェントは、面接に進んだ候補者へ終了後、「どんな質問をされてか?」などのアンケート調査を実施することがあります。
以前から取引がある会社や複数の候補者を紹介している場合は、自然と情報が蓄積されていきます。

選考が進むと面接前に、
・どんな質問をされるのか?
・面接官の人数
・面接官の性別や年齢層
・どんな雰囲気の人か?
・過去に選考に進んだ人の解答例
などの情報をくれる場合があります。
事前にどんな質問をされるかを知ることができるので、相手が期待している回答を準備しやすくなります。

また、面接官がどんな人物なのか?やどんなタイプが好きなのか?が分かるだけでも、緊張がほぐれ、他の候補者よりもアドバンテージが取りやすくなります。

転職の年収は、実は「1回目の面接で大まかな金額が決まる」と言われています。
面接官に「うちの会社にぜひ欲しい人材」と思わせるためにも、きちんと対策を練ってから面接に挑みたいものです。

 

内定後の給与交渉で、もうひと粘り

この時代、「在籍年数に合わせて給与も右肩上がり!」とはいきません。
ということで、入社時点である程度のベースを高めしておかないと、転職できたものの思うように年収が上がらないジレンマに囚われてしまいます。

また、最初から希望年収を高めに設定している人の方が、スキルアップなどポジティブな理由で転職したい人だと捉えられる傾向があります。
給与よりも仕事内容ややりがいを第一にした転職や、他の条件を優先しなければならない事情がないのなら、年収を下げることは視野に入れない方が良いです。

では、実際内定後、雇用条件を提示された時にどうするのか?
もし希望年収より低いのであれば、転職エージェントの担当者に給与交渉できないのかを相談してみてください。
担当者は過去の内定者の実績から、大体の給与ベースを把握しているので、よほど無謀な金額でない限り受けてくれるでしょう。

ちなみに交渉自体は転職エージェントの担当者がしてくれるので、アナタは結果を待つだけでOKです。

一般公募で給与交渉すると内定自体が危うくなることもありそうですが、転職エージェントを通した転職の場合は一般的なことなので遠慮なく申し出ましょう。

 

まずはリクルートエージェントに登録

私の場合、複数の転職エージェントに登録していましたが、一番活用できたと思えたのは、

 

求人数業界NO.1:リクルートエージェント

仕事を辞めたいと思っても、転職となるとハードルが高いですよね。けど、今の職場をずっと続けるか?と言われたら「続けない」が本音。

いつか辞めると思っていても、結局辞めれないままズルズルと言ってしまう人が多いんです。

でも、この記事を読んでいるアナタは、今の仕事を辞める一歩を踏み出せたということ。次も簡単。スマホで気になる求人を検索してみるだけ。

 

求人は転職サイトで探してみてください。なぜなら、一般に公開してない求人を見れるから。

中でも、リクルートエージェントは非公開求人数が20万件と業界NO.1です。

>無料登録!リクルートエージェントで非公開求人を見る

-一般企業・公務員, 転職の悩み
-, , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.