ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

休みがない仕事を続けるリスク!激務が招く悲劇

更新日:

 

日本人は働き過ぎとよく言われています。

休みなく、ずっと働き続けているとどうなるか、知っていますか?

そして、年末年始やゴールデンウイークなどの連休もありますが、アナタのお仕事はきちんと休めていますか?

 

アナタの会社の年間休日は何日?

会社を選ぶ1つの基準として「年間休日」があります。

例えば、土日休みなど週2日の休みが確保されている「完全週休2日」の会社の場合、土日だけで年間104日は休めることになります。

 

他にも、振替休日を除いた国民の祝日が16日あります。

これだけで年間休日は120日になります。

 

会社によっては、別途、年末年始などに休業日を設けています。

ただし年間休日は、同じ業種でも会社によって大きく変わってきます。

 

アナタの会社は、年間でどれくらい休めますか?

 

年間休日の多い業種もあれば、少ない業種もあります。

 

なかなか休めない業種の例として挙げられるのは、

  • 飲食業
  • コンビニ
  • 小売業
  • ホテルなどの宿泊業
  • レジャー業

など。

傾向としては、24時間営業だったり、休日が稼ぎ時の業種は休みづらいようです。

 

また、こういった業種はシフト勤務になりがちですので、連休も取りづらいです。

アルバイト、パート勤務で労働力を賄っていることが多く、急な休みで休日に呼び出されることもあります。

 

 

なかなか休めない仕事!法律的にはセーフ?アウト?

サービス業の場合、週に1日休めるかどうかという生活を送っている人もいます。

週休1日の場合、年間休日は48日程度になります。

 

これはどんなに若くて体力があったとしても、キツいですね。

いずれ身体を壊してしまうのではないかと危惧してしまいます。

 

こういった働き方は法律違反にならないのでしょうか?

「労働基準法」の第35条によると、

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。
前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

となっています。

 

毎週1回休んでいるのならば、法律的にはOKになります。

週1回という回数さえクリアしていればよいので、最長12連勤までは許容されるということでもあるんです。

ただ、いくら法律に抵触しないからと言って、働く側に弊害はないのでしょうか?

 

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

 

きちんと休めない仕事の弊害は?

何といっても、疲れが取れにくい

休めない仕事の一番の弊害は、疲れが取れないことです。

例え、休みでも1日中寝ているということは現実的にはありえません。

休日にやらなければならないこともあるでしょう。

そんな生活を長年積み重ねた結果、「お疲れ貯金」という負債が蓄積され、病気の元凶になってしまいます。

 

メンタルリセットしづらい

人は休息を取ることで、身体だけでなく、精神的な部分もリセットしています。

適度にリフレッシュすることが、「明日からも頑張ろう」という気持ちに一役買っているんです。

 

しかし、休みが取れない仕事の場合、短時間で精神的な休息を取らなければなりません。

しっかり休めている人に比べて、心の余裕を持ちづらくなる人もいます。

 

友人、恋人、家族と予定が合わない

休みが取れない仕事をしていると、周囲の人と休みが合わなくなります

たまに休みが合ったとしても、睡眠を優先して、共有できる時間が少なくなってしまいます。

誘いを受けても、断る方が多くなり、人間関係が希薄になってしまうこともあります。

 

休めない会社は、労働時間が長くなりがち

年間休日が少ない会社だからといって、労働時間が短いかと言われると、そうではありません。

むしろ逆で、長時間労働が当たり前のように行われていることの方が多いです。

飲食店など、1日少なくても12時間以上勤務しているといった事例も報告されています。

 

給料を時給換算すると…

休みが少なく、長時間労働になりがちですが、給料が高いかと言われるとそうではないです。

試しに「給料を動労時間で割ってみると、最低賃金を下回っている」ということも…。

 

扱う商品の単価が低い業種や経費を価格に乗せにくい業種では、人件費を削ることで利益が出ているように見せていることがあります。

 

休めない仕事が招く悲劇

長時間労働もそうですが、休めない仕事というのは、自分が思っている以上に負担が大きく、心身や人間関係にも悪影響を与えています

若いうちは「ちょっとキツいな」という位の感覚かもしれません。

 

しかし、同じ仕事を10年後、20年後も続けていける自信はありますか?

その根拠は何でしょうか?

 

働きすぎ、何がダメなのか?

過労死

働き過ぎの弊害として1番に挙げられるのは、社会問題にもなっている「過労死」です。

過労死は、突然、死に至っているように見えますが、実は違います。

 

多少の違和感を黙認しながら仕事を続けてしまった結果、致命的な症状が表面化しているのです。

そうならないためにも、日常的に身体が発しているSOSにも、周囲の人の忠告にも、もっと耳を傾けてください。

 

家族関係の崩壊

他にも、結婚後も仕事一辺倒な生活でパートナーをほったらかしていたり、子育てを妻に丸投げしていては、家庭が上手くいかなくなります。

離婚や家に居場所がないなど、家族関係が崩壊してしまう原因にもなりかねません。

 

一生懸命働くことが悪いわけではない!

一生懸命働くことは大いに結構です。

ただ、長い目で見た時に、それがアナタの人生にとってプラスになっているかどうかをしっかり見極めてください。

 

長く活躍していくための秘訣は、「何事もバランスよく頑張ること」なんじゃないでしょうか?

 

もし、アナタが仕事を休めず、疲れが溜まっていくことに悩んでいるならば、思い切って相談してみましょう。

愚痴を聞いてもらうなら友人でも良いですが、「休めない仕事」を根本的に解決したいなら、プロに話を聞いてみてください。

 

転職エージェントに相談すると、

「アナタはどうしたら、楽しく仕事ができるのか?」

客観的な意見をしてくれます。

「ただ、話を聞いて終わり」ではなく、しっかりと次に繋がるアドバイスをもらえますよ!

 

数あるエージェントの中でも、オススメなのが、

累計41万人が転職成功!リクルートエージェント

「他業種に転職してみたいが、何があっているのか分からない」
「今よりも給料の高い職場があるのか知りたい」

という方にオススメなのがリクルートエージェント。

年間3万人以上が転職に成功しているんです。

土日、平日夜でも面談可能(電話面談も)
・あなたの適性から業界、職種を紹介してもらえる
面接練習、対策セミナーもあり

他にも、気になる企業の内部事情も教えてくれるので、転職のミスマッチが起こりにくいんです。

これらのサービスを全て無料で使えるのも嬉しいですね。

リクルートエージェント公式サイトで詳細を見る>

もちろん年間休日が多めの求人を中心に志望してもいいんですよ。

「忙しいことは良いこと」と言われていますが、対応していくにも限度があります。

今よりもきちんと休める会社に出会えるといいですね。

 

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.