ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

看護師パートを辞めたい!失敗しない次の職場の探し方

更新日:

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%80%e6%8c%87%e3%81%95%e3%81%97%e3%80%80%e7%99%bd

育児中など、プライベートに時間を割きたい時に便利なパート。看護師だと他のスーパーやカフェの定員よりも、時給が高くなっています。

 

一見、好待遇に見える看護師パートでも、辞めたいと感じる時がありますよね。今回は、看護師パートを辞める前に確認したいことをご紹介します。

 

メリットだらけ!「パート看護師」という働き方を選んだ理由

 

1.ライフスタイルにあった働き方がしやすい

子供が小さくて夜勤ができなかったり、都合でシフト勤務が難しかったりと、看護師として働きたいけど常勤は難しい方にとって、パート看護師は働きやすい就業形態です。

 

勤務曜日や就業時間も明確なので、自分のライフスタイルにあった働き方がしやすいメリットがあります。

 

2.勉強会など、時間外で拘束されることが少ない

常勤看護師で働いていると、多かれ少なかれ勉強会や研修、委員会などの時間外活動に駆り出されることがあります。

 

スキルアップにつながる反面、強制的に休日出勤させられたり、残業になったりと、プライベートな時間が犠牲になります。

 

医療機関にもよりますが、パート勤務だと勉強会などに参加しなくてもよい所もあり、時間外で拘束されることが少ないこともメリットの1つです。

 

3.責任が重い業務に就くリスクが低い

人命を扱う職業なので責任がゼロになることはありませんが、医療機関にもよっては責任のある業務については、常勤看護師が行うことになっている所もあります。

 

責任の重さが嫌で常勤看護師として働くことに抵抗がある看護師には、精神的に楽な働き方だと考える人もいます。

 

4.高時給

パート看護師を選ぶ最大の魅力は、やはり時給が高いことでしょう。地域や医療機関にもよりますが、3,000円近くの高時給で募集がかけられることもあります。

 

他の職種でパート勤務をしても、看護師と同等の時給が出る職種は限られます。短時間で稼ぐという点では、効率的な働き方といえるでしょう。

 

こうしてみると、パート看護師という働き方は「高時給で、時間の折り合いもつけやすく、精神的にも楽」とメリットだらけにみえるます。ですが、どうして好環境の仕事を辞めたいと思うようになるのでしょうか?

 

パート看護師が辞めたいと思う理由

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%80x%e5%8d%b0

高時給なのは魅力的ですが、いくら稼げるからといっても、これ以上続けたくないと思う強い理由があります。

 

1.労働環境や業務内容がハードすぎる

「入職してみると想像以上に仕事内容がハードだった」ということはありませんか?

 

やっている業務内容が常勤看護師と同じか、それ以上だったり…。毎日、長時間残業だったり…。休日にも突然電話で呼び出されたり…。

 

時間的にも折り合いがつけやすいから「パート」という立場を選んだのに、実際の環境が募集時に聞いた条件と全然違うことが原因で辞めたいと考えるようになります。

 

2.人間関係が疲れる

肉体的にも、精神的にもストレス過多な看護師の世界では、些細なことが原因で人間関係の問題が勃発することがあります。

 

やっている業務は同じなのに、常勤から見下されていることがストレスになることもあります。

 

常勤v.s.パートのような派閥抗争に巻き込まれて、職場の人間関係に疲れたことが辞めたいと感じる原因になります。

 

3.待遇格差に我慢できなくなる

常勤と同等の勤務内容、時間で働いていると、「同じことをしているのに、給料安くない?」と感じるようになります。

 

職場の看護師全員が真面目に業務をこなしているのならまだしも、サボっていたり、いい加減な処置のせいでしわ寄せがくるような問題常勤看護師がいる環境だと、余計に「やってられない!」と思うようになります。

 

しかも昇給も賞与もないとなると、やりきれないですね。

 

次の職場は、辞めたい理由を基準に選ぼう

%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%80%e9%a0%ad%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84

「ダメだ、ここ」とパート先に失望してしまったら、アナタはどうしますか?

 

我慢して働き続けますか?それとも、不満を解消できる方法を探しますか?

 

看護師という働き方からすっぱり身を引けるならば、看護師特有のプレッシャーや肉体的なしんどさからは解放されるでしょう。しかし、看護師以外の方法で同等の収入を得ることは簡単ではありません。

 

もし看護師を続けようと思っているのならば、今の職場のどんな所が不満なのかを明確にしましょう。

 

問題点をしっかり認識しないまま他の職場に移っても、同じようなことが不満やストレスの元になり、また「辞めたい」と感じるようになります。

 

 

辞めたい理由が「労働環境や業務内容がハードすぎる」場合。

もっとゆとりをもって業務に取り組める職場を選ぶことで改善が見込めます。

・訪問看護
・老人介護施設
・企業内の保健師

病院以外でも看護師資格を活かしてパート勤務することは可能です。業務内容や残業を含めた勤務時間、休日出勤の頻度など、入職前に必ず確認しましょう。

 

辞めたい理由が「人間関係が疲れる」場合。

他人を変える事は難しいことです。生活に支障が出ていると感じるくらい人間関係に疲れているのならば、迷わず今の環境から離れることを考えましょう。

 

ただ、人の問題は看護師に限らずどんな職場でも起こりうる問題です。入職先の人間関係をできるだけリサーチした上で入職することをオススメします。

 

 

辞めたい理由が「待遇格差に我慢できなくなる」場合。

この問題を解決できるのは、

・給料が上がる
・業務内容のレベルが下がる

のどちらかでしょう。

 

パートという立場を変えたくないのならば、どちらかを実現できる職場へ転職することでモヤモヤを解消することにつなげられます。

 

もし長時間労働になっても構わないのならば、いっそのこと常勤看護師として勤めてみてはいかがでしょうか?

 

正規の常勤看護師ならば、ほとんどの職場で昇給や賞与もあるでしょう。

 

今の勤務先で雇用形態を見直してもらったり、他の医療機関で自分の理想に近い条件の求人を探してみるといいでしょう。

 

いずれにせよ、「不満を解消できる環境や条件での勤務なのか?」を事前にリサーチしておくことが成功のカギになります。

 

現在働いている病院で待遇を見直してもらうなら、パート⇒常勤になっても、どんな働き方になるか予想が付きますよね。違う職場に移りたい場合、求人サイトの情報だけでは、どうしても分からない情報が多いです。

 

・残業時間はどのくらいなのか?
・人間関係はギスギスしていないか?
・自分はどのくらいお給料がもらえるのか?

など、求人サイトでは分からないし、病院に直接聞くことができない大切な疑問があります。

 

そこで多くの看護師さんが使っているのが看護師の転職サイトです。担当のコンサルタントが、あなたが病院に聞きにくい疑問を代わりに聞いて、答えてくれます。

 

師長が優しいなどの細かい情報も教えてくれるので、安心して面接に進めますね。

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒

日祝休みの日勤のみなど、多様な条件をクリアできる求人を探してくれたり、条件交渉も行ってくれます。職場の人間関係、院長や看護師長の考え方についても教えてくれます。

 

残業時間などの実際の勤務時間や任される業務内容についても、気軽に質問してください。今よりもずっと働きやすいパート先が見つかるかもしれませんよ。

 

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.