ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

ICU看護師が辞めたい理由は?ストレス過多になったらどうする?

更新日:

%e5%8c%bb%e7%99%82%e6%a9%9f%e5%99%a8%e3%82%92%e6%93%8d%e4%bd%9c%e3%81%99%e3%82%8b%e6%89%8b

 

集中治療室(Intensive Cate Unit)。
最先端の知識が技術が身につく、やりがいが大きい、スタッフが多いというメリットもありますが、一方でICU看護師を辞めたいと思っている看護師もいます。
ICU勤務の看護師が「辞めたい」と感じる理由は何でしょうか?

 

患者は重篤者のみ!プレッシャーや閉塞感が精神的に辛い%e6%b3%a8%e5%b0%84%e5%99%a8

ICUの特性上、入院患者は重傷者ばかりです。
意識がないことの方が多いです。
しかも急変が多いので、異常がないか常に気を張っていないといけません。
医療行為をする機会多く、求められるレベルも他の部署より高いので、自分にのしかかる責任も大きなものになります。

機器のアラームが鳴り続ける閉鎖的な空間。
キツい人の方が残りやすいのか?
対応が冷たい先輩からのプレッシャーや陰口で精神的に追い込まれてうつ病を発症する看護師もいます。

休日、ずっと部屋着のままでゴロゴロしていたり、アラームの音が耳について眠れなかったりしたら要注意。
メンタル面がじわじわと病んできているサインです。

 

夜勤が多い

%e6%99%82%e8%a8%88

ICUは24時間稼働しているため、夜勤スタッフも他の部署より沢山必要になります。
そのためIUC看護師は、「72時間ルール」の対象外となっています。
一般病棟だと月平均4回程度の夜勤が、ICUだと7回以上回ってくることがあります。

不規則な生活リズムで体調を崩したことで辞めた看護師も多いです。

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

勉強会が多すぎる

%e5%8c%bb%e5%ad%a6%e6%9b%b8

高度な医療行為が求められるICU。
最先端の医療を維持するため、頻繁に勉強会に参加することを求められます。

勉強会は勤務終了後に行われることが多いので、必然的に勤務時間が長くなります。
また看護師同士で講師を回す勉強会もありますので、講師が回ってくると準備に時間を取られます。

他にも自分で勉強しているので、ぶっちゃけ「回数を減らして欲しい」と思っていても、周りの雰囲気に押されて口に出せないことも多いです。

勉強会は「ほぼ強制参加」にもかかわらず、時間外手当が支給されないことがICUを辞めたいと思う理由になっています。

 

ICU看護師を辞めたいと思ったら

%e8%85%b0%e3%81%8c%e7%97%9b%e3%81%84%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

・プレッシャーで辞めたいのならば
急変が多く、精神的に疲れているのならば、一般病棟に異動するという方法があります。
ICUがある病院規模ならば、一般病棟でも急性期看護を続けられる部署もあるでしょう。

・夜勤が多くて辞めたいのならば
辞める前に看護師長に「夜勤回数を減らせないか?」相談してみましょう。
「体調が優れず、このままだと休職や退職も考えている」ことを匂わせてみましょう。
完全に職場離脱されると看護師長も人材確保に困るので、ある程度は融通してもらえるかもしれません。

・勉強会が多すぎて辞めたいのならば
時間外手当が支給されないことが辞めたいと考える理由ならば、看護師長に「時間外手当を支給してもらえるよう」交渉してみましょう。
勤務時間外に強制参加の勉強会の場合、それは業務の一環になります。
24時間稼働のICUでは、時間内での勉強会開催は難しいでしょうから、せめて手当だけでももらえるとモチベーションが違ってきます。

 

もし看護師長に相談しても状況が改善されなかったり、「もう勉強いや!」 、「疲れた」 とICU看護師であることに疲れきっているのならば、体調を崩してしまったり、精神的に病んでしまう前に環境を変えましょう。
なぜなら、無理に続けたことで看護師という仕事自体が嫌いになったり、続けたくても続けられなくなったICU看護師がこれまでいるからです。

ICU看護師が環境を変えたいときにオススメしている環境は、
・一般病棟へ異動
72時間ルール適応で、夜勤回数が少なくなる。
参加が必要なのは院内勉強会程度の部署を狙う。

・小規模の個人病院
勉強会自体が少ない、もしくは無い。
日勤のみ、日祝休みになる。

・救命救急センター
重症ケアに携われる上に、ICUよりも傷病によっては回復が早い。

・デイサービス、介護施設、療養型病院
利用者に傷病があっても、比較的病状が安定しているので、急変の心配が少ない。
ICUよりも、余裕をもって業務にあたれる。
1人夜勤の可能性もあるが、夜勤の頻度は少なくなる。

です。
一般的なメリットも挙げてみましたが、実際の所は内情をリサーチしないと入職後に「失敗した!」となりかねません。

ICU看護師が辞めたいと思った時に相談して欲しいのは、

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

表向きの情報ではなく、リアルな病院内情を教えてくれる
24時間、相談&求人探しができるのが便利
非公開求人が多い

今より働きやすい職場を選ぶコツは「内部情報」を知ること。

ネット上の口コミは、嘘もあるので信憑性が低いです(>_<)
働いてた人と言っても、古い情報かもしれない…。

看護のお仕事では、現役看護師にヒアリングをしています。
つまり、リアルな最新情報を聞けるんです(*^_^*)

応募前に情報を聞けるので、しっかりと考えた上で選考に進めます。「思っていた職場と違う!」とミスマッチが起こりにくいんです。

看護のお仕事で転職相談してみる⇒


「看護師が長続きしない病院は避けている」といわれるほど、ブラック病院を避けて紹介してもらえます。
転職看護師が希望する医療機関があるのならば、エージェントが求人を探して売り込んでくれる「逆指名制度」があります。

ICUの経験は、看護師が転職する上で大きなメリットになります。
ある程度のキャリアがあるのならば、あらゆる疾患に対応できる、経験値の高い人材なのですから、自信をもって次のステップに進んでください。

 

-看護師, 看護師の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.