ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

向いてなかった産業保健師。今すぐにやめたいです。

投稿日:

産業保健師になってまもなく一年になります。

最初は大学病院で働いていたのですが、勤務時間は不規則だし、なかなかシフトが出ないので予定は組めないし、毎日仕事しかしてないのが嫌になり、三年働いた後は転職しようと決めてました。

20代中盤になるので、プライベートを充実させたい!と考えたからです。

転職先に選んだのは、産業保健師!

ずっとやりたかった仕事です。
土日が休みだし、健康な人が対象なので、病院より絶対働きやすいと考えていたので、いつかはやりたいと考えていた仕事でした。

しかし。
いざ働いてみると、思っていたのと全然違くて、もう辞めたいです。履歴書に傷をつけたくないため、一年頑張ったけど、もう限界。

まったくやりがいがないんです。
「私の存在、意味ある?」
仕事をするたび、悲しくなってしまいます。

おそらくみなさん、産業保健師の仕事を勘違いしているのでは?と考えたので、今回は産業保健師の実態をお話します。

 

産業保健師とは?

産業保健師とは、企業や民間の団体で健康を管理するという仕事です。簡単にいうと、企業の保健室のようなところにいるということになります。

 

働くためには、保健師の資格が必要になります。保健師の資格は、看護師の資格を持っていれば、一年間養成学校に通うと取得できます。大学によっては看護師の資格と同時に取得できるところもあります。

 

看護師と同じように実習をして必要な単位をとって、国家試験を受けます。看護師と保健師、両方の資格を持っている人は、まだまだ少ないので、保健師の資格を持っている人は仕事の幅が広がりますね。

 

ちなみに、保健師は、

・産業保健師
・学校保健師
・行政保健師

の3種類があります。

 

産業保健師の仕事内容

では実際に企業の健康管理とはどういう仕事をするのでしょうか?

 

会社は社員に健康でいてもらいたいものです。そのため、病気にならないように、事前に予防するということを求めています。よって病気を防ぐ、予防活動がメインになります。

具体的に仕事内容を紹介しますね。

 

1、社員へ疾病予防のためのアドバイスをする

企業では、毎年健康診断が行われます。その健康をもとに、気になるデータがある場合は、社員へアドバイスをします。

 

異常がある場合は病院に行くので、産業保健師ができることは、
「このままだと生活習慣病になる危険性がある」
など、病気予備軍の人が対象であることが多いですね。

 

多いのが中性脂肪が高かったり、腹囲が正常より大きいということ。

 

会社員なので、飲み会など多く、この辺りが正常より悪い値になってしまいます。仕事上、仕方がないところもありますが、放置していたら病気になる可能性が高いです。

 

危険であるという意識を持ってもらうため、面談を実施します。会社の希望が大きくなるほど、人数は多く、私もこの面談の時期になると、多くの人と面談することになりますね。

 

2、運動を促進する企画などを立てる

会社員はデスクに長時間座っていることが多いです。何時間も同じ姿勢でいることになります。最近は健康ブームなので、ジムに通う人もいますが、ほとんどの人は運動不足です。

 

健康診断の時のアンケートをみると、週3回以上運動する人はわずかです。これでは、健康を維持することができません。

 

そのため、「エレベーターより階段を使う」ということを案内したり、デスクでできる気軽な運動を提案したりします。

 

そして、運動教室などを開き、社員に教育をします。社内の意識改革が目的です。社員一人ひとりが自ら健康の意識を高めてもらえるように、頭を使って企画をします。

 

3、社員のメンタル管理を行う

これが一番多いかもしれません。精神的な悩みを抱える社員の方と面談をします。

 

私の働いているところは、「いつでも相談に来ていい」という形をとっているので、相談に来たい社員がひっきりなしに訪れます。

 

人間関係や仕事内容など、内容は様々。みなさん悩みがとても多く、それが精神状態に影響している人も多いのです。

 

精神状態が安定するように、話を聞いたり、アドバイスをします。「これは病院に行ったほうがいい」と感じた時には受診を促すといったサポートをします。

 

 

保健師は大変?仕事のデメリット

仕事を内容を聞くと、「簡単そう!」と思った人も多いかもしれません。私も入職する前はそう思っていました。病棟のような忙しさはなく、楽そうに見えます。しかし、産業保健師ならではのデメリット、実はあるんです。

 

1、面談をしても効果がない

健康を維持し、疾病を予防するために、面談はするのですが・・・みんな真面目に聞いてくれません

 

面談を受けるのが必須であるため、とりあえず来ているという感じです。

 

真剣に聞いてくれる人はほんのわずか。そういう人だからといって、私のアドバイス通り実践しているかはわかりません。

 

こちらは真剣に、病気にならないように考えて発言しているのに。「聞いてる?」と聞きたくなるほど、みなさん興味がなさそうです。がっかりしてしまいます。

 

2、健康教室など企画しても誰もこない

社内の健康を維持するため、健康教室やポスターなどを企画したり、作成するのですが・・・反応はありません。

 

誰もいないのはかわいそうだから、と無理やり来るように言われた人が顔を出すくらいです。健康を啓発するポスターも見られているかは、わかりません。

 

私が存在する意味あるの?仕事をするたびに、こういう思いをしています。

 

3、看護師として学んだことが生かされない

保健師として働くのは魅力的ではあったのですが。

 

三年間病棟で働いてきた看護師としてのスキルは、まったく活かされません。面談など話す仕事が主になるので、別に誰でもいいのではないか?と日々思います。

 

勤務時間が不規則であることが嫌で転職しましたが、仕事内容のやりがいって大事だったんだと気付きました。病棟だと、患者さんが時折「ありがとう」って言ってくれるんですよね。産業保健師ではそういうのがありません。

 

看護師として習得した技術も忘れてしまいます。このままでいいのか?不安になりますね。

 

産業保健師を辞めたい!転職先は?

それでは産業保健師から転職するには何が向いているでしょうか。

・土日休み
・夜勤がない
・病院以外

となると以下の職業が向いています。

1、行政の保健師

保健師にこだわりたいのであれば、行政の保健師をおすすめします。

 

行政の保健師であると、対象者が広がるので、仕事の幅が広がります。また国で定められた検診をするので、来る人も真剣に取り組んでくれます。

 

保健師でやりがいを得たいのであれば、行政の保健師の仕事がいいですね。

 

2、保育園の看護師

仕事内容は保育園に通っている園児の健康管理です。保育園には元気な子供達がいっぱい!見ているだけで元気になります。

 

転んでしまった時に応急処置をしたり、病院に付き添ったりします。その他は、保育士さんのお仕事の手伝いなど、幅広く行います。

 

3、美容クリニック

美容クリニックは土日休みが基本です。

 

病院とは異なり、綺麗になりたい人が来るので、施設が綺麗なところが多く、テンションが上がります。勤務していると、施術が割引になったり、自分自身の美を磨くこともできます!

 

働きながら、綺麗になれる。誰もが憧れる職場です。

 

 

自分にあった仕事を探そう

休みなく病棟で働いていたため、仕事ばかりの人生は嫌だと思って転職しましたが、産業保健師ではやりがいを感じることができませんでした。

 

毎日同じような日々が繰り返されてしまい、嫌になってしまいますね。でも、私たちは看護師の資格を持っています。これは大きいことですね。仕事はたくさんあります。

 

ダメだったら、新しい仕事を探せばいい!そのくらいに考えていいと思います。自分の人生、嫌な仕事をして過ごすのはもったいないです。

 

ただ、保健師から看護師に戻ろうと思ったとき、「ブラック病院」に引っかからないように気を付けましょう。激務で人手が足りないと言われがちな医療現場。

 

看護師を駒のように扱う病院もあるのが現実・・・そんな病院に行かないためにも病院の内部情報を集めることが大切。

 

転職に失敗しない為にも、

・残業の実態
・師長の性格、人間関係
・もらえる給料額

など、求人広告からだけでは分からない内容も、しっかりと調べる必要があります。

 

ただ、これらを1人で調べるのは、正直厳しいですよね。そこで利用してほしいのが看護師の転職サイト

 

あなたが病院に聞きにくい質問も、担当者が代わりに聞いてくれます!さらに、利用している看護師さんの病院口コミも教えてもらえるので、病院選びにはピッタリ。

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

自分にあった仕事が見つかるよう、今の仕事が嫌なら、すぐに転職活動始めましょう。あなたにあった仕事は見つかりますから。

 

 

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.