ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の悩み

看護師を辞めるときはどうしたらいい?後悔しない時期と進め方

投稿日:

看護師って誰もが知っているハードな職業です。仕事内容はもちろんのこと、地味に堪えるのが不規則勤務。

 

若い時は乗り切れてもやはり身体に無理が来てしまいますからね。そうした看護師にどっぷりつかった生活を送っていると辞めたくもなります。

 

ずっと看護師として働いてきて、看護師の世界しか知らないとどうしたらいいか戸惑うこともあるかもしれませんが、ここで看護師が辞めるときの進め方を説明していきますね。

 

看護師を辞めるときはいつがいい?

看護師を辞めようと思うときにはいろんなタイミングがあると思います。しかし、いつでもやめて大丈夫さ!というわけではありません。タイミングを見極めないと身体を壊したり、心を病んだりしてしまいます。

 

そうすると最悪、キャリアアップのチャンスすら出来ずに看護師と言う職業からもフェードアウトをすることになります。

①身体を壊したとき

看護師はトランスなど身体に負荷のかかる業務も多いです。成人の病棟の看護師に多いですが、腰などを痛めることで働くことが難しくなる時があります。

 

それでも若い時には無理がきいたりするんですよね。マッサージに行ったらよくなった、とか寝たら痛みも治まった、とかでしっかりと養生することなくやり過ごしてしまうと、動けなくなってやむなく退職ということもあります。

 

身体の不調が出てきたときには不規則勤務で時間を作って受診も難しいかもしれませんが、ハードな業務だからこそメンテナンスはしっかりとしていきましょう。

 

②心が病んだとき

看護師に多いのがうつなど心を病んでしまうことです。わたしも病みました。

 

やっぱり不規則の勤務もそうなのですが、先輩、上司、プリセプターなど摩擦が起きやすい人はあふれていますし、そこで我慢して続けたところで無理は必ず来ます。

 

またあの人と同じ勤務だと思いながら勤務に入り、勤務中に困ったことがあっても言い出して何か言われたりしたらと思うと緊張します。萎縮しているとミスをしてさらに居づらくなり・・・帰っても休まらなくなるんですよね。

 

もうそうなったら辞め時です。わたしは何をしても楽しくないし、欲求が無くなり、心が動かないなぁって感じるようになったところに、ミスをして、小児科だったんですけど子供が好きで希望して配属になったのに、子供を嫌いになってしまうって思ってやめました。

 

辞めて正解でした。今は子供は好きですし、看護師という職業も好きだと思えますから。

 

③仕事が楽しいと感じないとき

看護師という仕事は患者さんという対象がいて直接関わる仕事ですから、達成感も得やすい職業ともいえます。チーム医療でも動いていますから、他職種の人たちとの連携も含めて、カチッとハマったと感じるときには充実感を感じることも出来ます。

 

達成感に満ち溢れた瞬間が毎勤務ごとは難しくても、働いていると感じると思います。

 

ですが、ただただ苦痛ばかりだったり、惰性でなんとなくで仕事をこなす日々、楽しいとも充実しているとも感じることがない日々が1か月以上続くときには今働いている職場を辞めるときです。

 

次の段階にステップアップすることを考えてもいいですね。成長をしていけるきっかけにもなるでしょう。

 

④仕事が原因でプライベートに影響が出たとき

これも実際に経験をしたのですが、わたしは子供がいるのですが、復職をした時の話です。ブランクもあったので勉強をすることもあったし、緊張もあったし、初めての分野に飛び込んだので慣れなくて・・・などなどあったら子供が落ち着かなくなりました

 

何のために働いているんだろう?と考えた時に、わたしにとって子供は犠牲にしていい存在ではないので辞めました。

 

不規則な勤務やハードな職場でプライベートにも影響があるようであれば、それは無理して続ける職場ではありません。

 

⑤他のことに興味が出てきたとき

これは③ともつながりますが、仕事に慣れてきて、楽しくはないけど生活のために、と働いていると何かのきっかけで他のことに興味が出てくることがあります。

 

それは他部署への興味だったり、ほかの分野だったり、あるいは看護業界以外かもしれません。とにかく今の職場よりも興味のあることが出てきたときも辞め時です。

 

興味があるときは成長するときなので、自分の成長のためにもステップアップと捉えて新天地に飛び込んでいくのはアリです。

①~⑤のようなことで迷っていたら・・まさに、辞め時はいつなの?「今でしょ!」です。
(古いですか?^^;)

 

ちなみに、看護のお仕事に無料登録すると、各病院の内部事情を知れちゃいます。

職場を決める前に、一度覗いてみてください!
>>現役看護師が内部情報を暴露!あなたの行きたい病院は大丈夫?

 

看護師の仕事を辞めるときの手順

辞め時がわかった、わたしは当てはまるから、よし辞めよう!と思ったら、次にはどう動けばいいでしょうか?まさか「わたし辞めますから」と宣言をして次の日から行かない、なんて無責任なことは社会人としてできません。

 

ましてや看護師はシフト制で勤務していますから、他の人にも迷惑をかけることになるので、円満に辞めるためにも手順を確認しておきましょう。

<3~1か月前>

1.上司に辞めたい旨を伝える

具体的には

・なぜ辞めたいか
・いつまでに辞めたいか

を伝えます。

 

シフトは希望を上旬までにとり、中旬くらいに作成、下旬に発表がスタンダードですから、上司に伝えるのは上旬をおすすめします。

 

辞めたい時期は新年度やスタッフが少なくなる夏休み時期などを避け、比較的落ち着いている10月、または年明けの1~2月がおすすめです。

 

もちろん、体調など無理が出来ないときにはその時期まで待つ必要はありません。病院によっては規定があるので確認をしておきましょう。

 

2.次の道を考えておく

身体や心の不調があった場合、休養をするのか、場所を変えて働けるのかを考えておくことは必要です。

 

休養をする場合、寮に入っていると出ないといけません。辞めただけでなくそのあとの生活を考えておくことが必要です。転職をする場合には転職活動も必要になります。

 

3.退職までのスケジュールを決める

上司に辞めたい旨を伝え、次の道を考えたら、上司と相談をしながら具体的なスケジュールを決めていきます。

 

ここで出来た退職までのスケジュールを元に動いていくことが出来ます。スムーズに退職をするためにもしっかりと予定を立てていきましょう。

 

4.退職届を出す

病院によっていつまでに、というのはありますが、多くは1か月前までに出すようになります。

 

上司と相談のうえで退職のスケジュールが決まったら出すようにしましょう。書類上のことではありますが大切なものになりますので忘れないようにします。

 

<一週間前~当日>

1.荷物などを徐々に持ち帰る

退職をするということはロッカーキーなども返却をすることになります。退職をしてから片づければいいか、ではなく退職の日には身一つで帰ることが出来るようにしておく必要があります。

 

ただ早すぎても「辞める気満々ね」と穏やかに退職が出来ませんから、使う頻度の少ないものから持ち帰るようにします。

 

辞めたあとの道はどうする?

辞めたあとのことですが、道を決める、といってもたくさんの道があるので困ってしまいますね。ここで辞めたあとの道筋を立てるために辞めたあとの道を紹介していきます。

 

1.休養する

身体を壊した場合には休養は必要ですね。医師の診断もあるとよりスムーズですが、今後の復帰も考えて独断で復帰をせず、きちんと医師と相談の上で休養期間を決めます

 

難しいのは心の場合ですが、自分が「働こう」と思えるまではゆっくりすることをおすすめします。看護師の働き方はいろいろな方法がありますから無理のない範囲で復帰をすることが結果長く続けていく秘訣となります。

 

わたしの場合は実家に帰り、3か月で非常勤として復帰しましたが、生活もありますから派遣で少しずつ働いていました。生活の時間にゆとりを持つことで看護職について改めて考えることが出来ました。

 

2.転職活動をする

転職をすることで自分に向いている、合っていると感じられる分野と巡り合うことも出来ますし、自分のスキルアップのチャンスにもなります。

 

・なぜ転職をしようと思うのか
・転職をすることでどうなりたいのか

をイメージして優先順位を付けて転職先を探すようにしましょう。

 

 

辞めることは逃げではない

大切なことなのでひとつお話をさせてください。

 

どうしても辞めるというと「逃げ」というイメージがあるかもしれませんが、自分の人生は自分が生きていくもので誰もその責任は取れません。

 

辞めることは逃げではなく、その次のこれからの人生のための選択の一つだと捉えて、決断をしていきましょう。

 

キャリアを考えたとしても休養や転職、退職をキャリアアップにするかどうかは自分次第なんです。

 

何度でも言いますが、辞めることは逃げではありません

 

次は自分が楽しく働ける職場を見つけよう

今の職場を辞めたいと思った理由は何でしょうか?

・女性社会特有のいじめやパワハラがある
・残業が多すぎて自由時間がない
・より専門的な分野に挑戦したい

 

もし、職場環境に不満があって「辞めたい!」と思うなら、一旦ゆっくりと休んだうえで、新しい職場を探してみませんか?

 

人間関係や残業の頻度などは職場によって違うので、当たりハズレが大きいんです。口コミや評判では大丈夫だったのに、実際に働いてみると「全然違った!」なんてことも、起こりやすかったりします。

 

いくら看護師は転職が多いといっても、転職は簡単にできるものではありません。できることなら、ひとつの職場でなるべく長く働きたいものです。

 

そこで、働きやすい職場を探すときに活用してほしいのが看護師の転職サイト。求人が載っているだけでなく、担当者が付くので、各病院の詳しい情報を直接質問しながら吟味できるんです。

 

現役の看護師さんも多く利用しており、看護師視点での評判も教えてもらえ、職場選びの判断材料になりますよ!

 

リアルな内部情報に詳しい「看護のお仕事」

職場の雰囲気、人間関係のリアルな内部事情を教えてもらえる
求人は全国12万件以上
24時間いつでも相談できる、忙しくてもOK

応募前に、病院の内情を教えてもらいました。

働きだしてからミスマッチがなく、聞いてよかった!

という看護師さんもいるんです。

働きやすい職場を見分けるには、病院の内部情報を集めることが大切。

看護のお仕事で長く働ける職場を探す→

 

辞めることは逃げではありませんので、自分の人生を自分の思うように納得して生きていけますように。

 

《この記事を書いた人》

ユウコです!看護師歴10年目、現在は産婦人科のクリニックで働いています。
先輩からのいじめがツラくて転職をしました・・・
その経験を元に、お話させていただきます。

 

-看護師, 看護師の悩み
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.