ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師 看護師の転職事情

緩和ケア看護師になりたい!ホスピスに転職するには何が必要?

更新日:

「終活」という言葉がよく聞かれるようになる昨今。
自分の最期は自分らしく迎えたいという患者さんが多くなりました。

もし、がんの終末期だと知ったら、どんな風に残りの時間を過ごしたいか?
患者の痛みを抑えながら、望みをできる限り叶えられる施設として緩和ケア病棟(ホスピス)を設置している医療機関もあります。

一方、緩和ケア病棟での勤務は、高度な看護スキルや患者さん本人、ご家族へ精神的ケアが必要とされるため、「理想の看護」が実現できる現場として志望する看護師も増加中です。

緩和ケア看護師になるために必要なスキルや経験、転職の際に注意する点をまとめてみました。

 

緩和ケア看護師の仕事内容

緩和ケア病棟とは、麻酔で病気の痛みを軽くすることで、最期の時まで患者さんの希望を取り入れながら、その人らしさを実現できるサポートをする看護環境です。
ですので、できるだけ苦痛を取り除くために緩和ケア看護師が行う主な仕事内容は、「患者の症状を把握し、医師への橋渡しをすること」です。

痛みや嘔吐の程度や全身の状態、排せつの状態を観察し、夜勤やこれまでのカルテの情報と併せて、痛み止めがきちんと聞いているかなどを確認します。
もし薬の効きが良くない場合は、投与する回数や量を医師に相談するのも、緩和ケア看護師の役割です。
他にも患者さん買い物代行や入浴、散歩の付き添いなども行います。

緩和ケアをするにあたって、「エンゼルケア」も緩和ケア看護師の大きな役割の1つです。
緩和ケア病棟の場合、事前に患者さんが気に入っていた服を用意してもらっています。
お世話していた患者さんだけに看護師も辛いですが、生前一番気に入っていたものを身に付けてお見送りするお手伝いところまでが、緩和ケア看護師の仕事です。

 

緩和ケア看護師になるために必要なスキルは?

緩和ケア看護師は、患者とその家族の状況を把握しながら、患者に合った処置や関連部署との連携を図っていくことが求められます。

○患者の望んでいることをくみ取る力

緩和ケア病棟の患者は、「死」と向き合いながら毎日を送っています。
デリケートな問題かつ人の数だけ正解が異なる要望を持っていらっしゃるでしょう。
緩和ケア看護師として、どんなケアが求められているのか?を日々の看護の中でくみ取って、患者に還元していく力が求められます。

また、患者の家族も余命というタイムリミットを突きつけられて、精神的に不安定になっていることがあります。
患者本人だけでなく、家族にもどんなケアが必要なのか?を読み取って、ケアにつなげていく必要があります。

○疼痛コントロールについてのスキルや知識

緩和ケア病棟では、患者の痛みを軽減することが必須になります。
そのために、モルヒネなどの医療麻薬についての知識が求められます。

近年では緩和ケア看護師について制度も整ってきており、認定資格を取得する緩和ケア看護師も増加傾向にあります。
より充実した緩和ケアを実行したいのであれば、認定看護師を目指してみるという方法もあります。

 

緩和ケア病棟へ転職する看護師のメリット

緩和ケア看護師になることでのメリットは、

○チーム医療の現場で働ける

緩和ケアは、医師、カウンセラー、薬剤師、ソーシャルワーカーなど様々な分野の専門家が一丸となって、患者の不安や痛みに寄り添ったケアが行えます。
緩和ケア看護師は、沢山の専門家たちから多岐にわたる知識やスキルを学べるというメリットがあります。

○患者に向き合った看護ができる

急性期病棟などでは急患や業務に忙殺されて、患者にじっくりとした看護を実現できないことが多いでしょう。
緩和ケア病棟では、一般病棟では考えられない位、時間がゆったりと流れています。
患者や家族とじっくり向き合って、ベストな最期を迎えるための看護とは何かを考えて、実行できるのが緩和ケア看護師のメリットの1つです。

 

緩和ケア看護師になるための注意点

もしあなたが緩和ケア看護師として転職を考えているのであれば、面接や病院見学の際にいくつかチェックする項目があります。

○看護師の数や病床数

緩和ケア病棟では、精神面でのケアも求められます。
病床数が多かったり、看護師の数が少ない緩和ケア病棟だと1人あたりの負担が大きく、思っているようなケアに結びつかない可能性があります。

○夜勤や土日のシフト回数

緩和ケア病棟は元々、看護師数が少ない部署です。
そのため夜勤や土日に出勤になる頻度が高くなりやすいです。

○グリーフケアの取り組み具合

医療機関によっては、グリーフケアに取り組んでいる所もあります。
遺族に電話や手紙を定期的に出すことを求められますが、問題はそれを「いつやるのか?」ということです。
勤務時間内なのか?頻度はどれくらいか?を確認しておきましょう。

○緩和ケア病棟にすぐに配属されるわけではない

緩和ケア病棟は一般病棟に比べて、より丁寧なケアが求められます。
患者や家族への精神的なケア、看護師本人のメンタルの強さなども必要となりますので、適性を見極めた上で配属されることがほとんどです。

ですので、「緩和ケア看護師として転職する」というよりは、「緩和ケア看護師を目指して転職する」という気持ちで入職し、1年程度は一般病棟で頑張っていく気持ちが必要です。

 

緩和ケア看護師の求人はレア

緩和ケア看護師は数も少なく、求人募集も少なめのお仕事です。
そして緩和ケア看護師を目指すためには、1年程度の待機期間が発生します。
それでも緩和ケア看護師になりたいのであれば、「緩和ケア病棟がある医療機関に入職して、異動」を狙う方法が、現実的に夢を叶える近道になります。

それと同時並行で、様々な看護師求人が集まってくる「転職エージェント」からも情報収集を行いましょう。
専任コンサルティングに緩和ケア看護師や緩和ケア病棟のある医療機関の求人情報をフィルタリングして、提案してもらいましょう。

その中で気になる医療機関があれば、病院見学をセッティングしてもらうといいですよ。
病院見学や面接に際に、「緩和ケア看護師を目指している」ことを伝えておけば、良いアピールポイントにもなります。

ただし、緩和ケア病棟は、医療機関によって取り組んでいる内容や目指しているものが大きく異なります。
自分が考えている看護が実践できるのか?ということを知った上で応募しましょう。

親身な相談に乗ってくれる:看護のお仕事

「今、職場を辞めたら人手足りなくて迷惑かけるな…」
「同僚から辞めないでねって言われたんだよね」

と思っていませんか?

ハッキリ言いますが、考えるだけ時間のムダです。

もし、病院側があなたに辞めて欲しくないと思っていたら?

あなたが辞めたいと思わないように、労働環境を改善するはずです。

例えば昇給したり、有給休暇を取りやすくしたり....

残念ですが、あなたが職場を辞めても迷惑はかからないってことですよ。

あまり考えすぎずに自分の働きやすい環境を探してください!

看護のお仕事で長く働ける職場を見つける→

気になる医療機関があれば専任コンサルタントに聞いてみてください。
見学や面接などのスケジューリングも、全部専任コンサルティングがしてくれますよ。

あなたの思う「緩和ケア」が実現できる医療機関に出会えるといいですね。

-看護師, 看護師の転職事情
-, , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.