ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

「なんとなく、会社辞めたい」と思ったら、やってみること

更新日:

会社辞めたい

 

 

『なんか、会社辞めたい…』

5月病でもないのに、ぼんやりとそんなことを考えたことはないだろうか?

 

大きな失敗をして叱責されたわけでも、問題を抱えているわけでもないのに、

なんとなく、、

・「仕事に興味が持てない」
・「つまらない」
・「辞めたい」

と感じるのは、なぜか?
最近では特に20代の間で、こんなモヤモヤ病が発症しやすいのだとか…。

 

人間は正体がわからないと、不安が増す生き物。
モチベーションが下がりきってしまう前に、

自分の現状を整理すること
が重要だ。
そのために、できることをまとめてみた。

 

その1:「なんとなく○○」を紙に書き出そう

自分でも「おかしいな」と感じたら、

【「なんとなく」思うことを書き出してみよう】

・なんとなく、仕事に興味がない
・なんとなく、つまらない
・なんとなく、辛い

こんなぼんやりした内容で十分だ。
この段階では、自分がどう思っているのかを明文化することで、自覚することがポイントである。

ちなみに、リクルートエージェントに無料登録すると、各企業の内部事情を知れちゃいます。

転職先を決める前に、一度覗いてみてください!
>>428人が内部情報を暴露!あなたの会社は大丈夫?

その2:今の環境の不安要素を書き出す

「1」で書き出した内容は一旦置いといて、次は、

今の環境で、

【不安に思うことや不満に思うことを全て書き出してみよう】

 

どんな小さなこと、他人からは「くだらない」と思われそうなことでもかまわない。

例えば、、

・給料が安い
・残業○時間は多すぎ
・残業代が出ない
・ボーナスが出ない
・○○業務が嫌い
・○○業務に携われない
・やりたいことと違う
・上司の○○が気に入らない
・休日出勤したくない
・会社が赤字

など

 

この作業中は、より具体的に書き出すことだけに注力して欲しい。

 

その3:不安・不満が「どうなれば満足か?」を書き込む

現状への不安や不満が書き出せたら、今度はそれが

【どうなったら払拭できるか?】

を書き加えていこう。

例えば

・給料が安い
→年収○万円欲しい

・残業○時間は多すぎ
→○時間以内がいい

・残業代が出ない
→全額、もしくは○時間分は支給して欲しい

・ボーナスが出ない
→○万円は欲しい

・○○業務が嫌い
→□の部分が面倒だから、もっと効率化して欲しい

・○○業務に携われない
→○○のプロジェクトに参加したい

・やりたいことと違う
→もっと○○を活かした業務をしたい

・上司の○○が気に入らない
→□□な上司ならばいいのに

・休日出勤したくない
→どうしてもしなければならない場合は、代休か手当てが欲しい

・会社が赤字
→黒字になって欲しい

 

など、是非とも一度洗い出してほしい。

その4:その不安・不満は、この会社で解決できることか?

ここまで書き出すと、「1」で書き出した、漠然と感じていた不安や不満の正体がはっきりしてきたのではないだろうか?

 

そしてこの問題は、

【この会社にいて解決できる事とそうでない事】

に分かれていることに気付くだろう。
例えば、、

・○○業務が嫌い
→□の部分が面倒だから、もっと効率化して欲しい

は、煩雑だと思う部分と改善方法を上司に相談・提案することで、改善できる可能性がある。

・上司の○○が気に入らない
→□□な上司ならばいいのに

・○○業務に携われない
→○○のプロジェクトに参加したい

・やりたいことと違う
→もっと○○を活かした業務をしたい

 

は、希望しているプロジェクトやポジションに移れないか?を社内で相談することで解決できる場合もある。
上司についても、不当なことならば別の部署への異動で解決する場合もある。

 

しかし、

・給料が安い
→年収○万円欲しい

・残業○時間は多すぎ
→○時間以内がいい

・残業代が出ない
→全額、もしくは○時間分は支給して欲しい

・ボーナスが出ない
→○万円は欲しい

・休日出勤したくない
→どうしてもしなければならない場合は、代休か手当てが欲しい

・会社が赤字
→黒字になって欲しい

 

など、会社の構造的な問題は、自分の頑張りだけではどうしようもないものもある。
例として

・給料が安い
→年収○万円欲しい

を叶えるためには、どういった功績が必要か?

を考えてみよう。

 

上司の功績や年収などの情報を収集してみると、

・年収○万円が実現可能なのか?
・実現するまでにかかる時間は?

がおおよそではあるが見えてくるだろう。

 

それまでモチベーションが保てるならば、社内に残るもよし。
実現不可能や長期間かかるのならば、解決方法を社外に求めて、転職することも1つの方法だ。

 

もし気持ちの棚卸しをした結果、転職を選択することになったときに、
アナタのになるのは「なんとなく」という気持ち。


【希望を具体化する】

ことが、充実していると感じるポジションを得るために大切だということを、常に意識して欲しい。
現在の会社を続けていいのか迷っている人は、ぜひこのタイミングで動き出しましょう!

【必見】辞めたいと思った方がやる方法とは!?

もし今の会社から転職を考えた時、今よりも良い会社に転職したいですよね?
でも、『辞めたい』と思っても半数以上の方が転職をしません。

『実際どんな会社に入れるの!?』
『今の自分の経歴からいい会社に入れないんじゃないか?』
そう思う方もとても多くいらっしゃいます。
そんな時にオススメなのが、、

利用満足度NO,1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手(株)リクナビが運営する求人サービスです。
登録はしなくてもいいんですが、公式サイトだけでも読んでみてください。
サービスの特徴として、

『日本最大級の求人&非公開求人を有している』

何と言ってもこれが最大のメリットです。
年間41万人もの転職者が利用しています。
豊富な求人情報があり、あなたの希望条件によって最適の求人を探すことができますね。

さらにみなさんが利用するメリットとして、
・10万件以上の非公開求人があり求人を選べて便利。
・転職の成功実績がNO,1だから安心して転職を任せられる。
・求人探しから面接のサポートまでしてくれて安心。
・年収を上げている人が多いし、実際に上げられた。

無料で非公開求人も見ることができます。

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人が見つかる!3つの手順とは?』のページへ進む

-転職の悩み
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.