ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

「しにたい」ほど仕事したくない時はどうする?抜け出し方は?

更新日:

人間生きていると、何度か「つらい」、「しにたい」と思うようなことに直面します。
傍から見るとすごく成功して、リア充な人でも、1度はそんな気持ちを経験しているものです。

社会人になると、「死にたい」と思う程、仕事が辛くて仕方ない、仕事をしたくないこともあるでしょう。

つらい、疲れた、消えたい、死にたい…。

そんな感情に囚われてしまった時の、気の持ち方をまとめてみました。

少しでも心を軽くするお手伝いになればと思います。良かったら参考にしてみてください。

仕事がつらくて、死にたいと思ってしまう人の特徴

つらい、疲れた、消えたい、死にたい…。
そう思うってしまうのは、その人の本質が大きく影響しているからです。

○繊細な人

「周囲の気持ちを慮って行動できる」人です。

確かに営利が目的の会社では、目標に向かってガツガツと行動できる人の方が目立ちます。
でも「数字が達成できればいい」というスタンスの人は、他者を思いやることまで視野に入れて行動できる方は少ないでしょう。

周りの人のことも考えて行動できるって、セルフィッシュな人よりも組織に必要とされる人なんですよ。

○何事も全力投球

どんなことにも手を抜かない、常に全力で当たるタイプ。
100%の力を出し切ろうといつも頑張ってしまっているのでしょう。

めちゃくちゃ落ち込んでも、耐えながら仕事を遂行しているんじゃないですか?
あなたがいつも頑張っていることは、周囲の人が良く知っています。

努力することは素晴らしいことです。ですが「頑張りすぎ」は、良くないですよ。
これからは手を抜くのではなく、肩の力を抜いた仕事の仕方も身に付けましょう

○責任感の強い人

周囲の期待に応えたい。
常にそう思って行動していませんか?
そのために責任のある役目も引き受け、努力する姿はとても素敵です。

でも、あまりに周囲の評価を気にしすぎると、自分が苦しくなっていまいます。
部下からよく思われてないと気付いた時、上司に詰め寄られた時に、一気に心が崩壊してしまう危険をはらんでいるのです。

「責任を持って仕事をする」ことと「責任を背負いすぎる」ことの違いを意識してみてはいかがでしょうか。

仕事への取り組み方を変えてみよう

○オンオフの区切りをはっきりつけて、頑張りすぎない

いつも頑張り続けている人は緊張状態にあることが多いです。
でも緊張の糸がプツリと切れてしまったら…。
突然の虚無感から「消えたい」、「死にたい」という気持ちに傾いてしまいます。

効率よく頑張り続けるための方法を身に付けた方が、より力を発揮できます。
例えば、「仕事中と休憩中の気持ちを切り替えることで、リフレッシュ」する。
休憩中や休みの日は仕事のことを考えないようにして、休むことに専念してみてください。

時間通りに休憩に入るためには、どの仕事から手を付けたらよいかなどを前日や朝のうちに段取しておくのもいいでしょう。
エンドレスで仕事に携わっていた時よりも、効率的に動けるようになりますよ。

○できることからやってみよう

仕事が辛くて、死にたいとさえ感じている時は、精神的に相当疲弊している時でもあるんです。
そんな精神状態では、仕事も思うように進まないことが多いでしょう。

そんな時は、簡単な仕事や完遂できそうな仕事から手を付けるようにしましょう。
小さな成功を積み重ねることで、少しずつ自信を取り戻すといいですよ。

ちなみに、今の仕事に満足していますか?

「もっと給料が欲しい!」
「上司がムカつく!」

我慢して今の仕事を続ける必要はありません。
あなたに合った場所を探して下さい。

32万人が転職成功!リクルートエージェントで求人を探す⇒

 

それでも死にたいほどつらいなら、辞めてもいい

気持ちを切り替えてみたり、仕事の取り組み方を変えてみても、状況が変わらない場合は、あなた以外に苦しくなる原因が潜んでいると思われます。
あなたの日常を思い返してみてください。つらくなるのは、どんなタイミングですか?

人間は自分で変わろうとする事はできますが、他者を変える事は難しいものです。
「死にたい」と追い詰められるような職場にいても、明るい将来は描けないのではないでしょうか?
だからある程度頑張っても、状況が変わらないのならば、自分がより幸せになれる環境に移ることを考えてもいいんです。

仕事を辞めることは「逃げ」ではありません。
死にたいと思う気持ちは、心身からのSOSなのです。その警告をきちんと受け止めましょう。
そうでないと「うつ病」などの大病を患って、もっと辛くなってしまいますから…。

 

幸いなことに、近年は雇用情勢も改善してきており、人手不足と言われています。
あれもこれもと理想の条件を全て叶えようとすると難しいでしょうが、どうしても譲れない条件に絞って探せば、転職できるチャンスがあるということです。

今の仕事を辞めたからと言って、人生が終わる訳ではありません
もっと精神的にものびのびとできる職場や自分に合った仕事に出会えるチャンスが広がると考えましょう。

真っ暗なトンネルと抜け出すために、色々な意見を聞いてみよう

つらくて死にたいと思っている時は、もう袋小路に追い込まれて逃げ場がないと思いがちです。
でも、そうなっているのは「頭の中だけで、一人思い悩んでいるから」なんです。

立場や視点を変えると、今の状況を打開できる糸口が見つかるかもしれません。

そのために「第三者に相談してみる」ことをオススメしています。
家族や恋人、友人など身近な人でもいいでしょう。
もし「仕事を辞めたい」という気持ちを否定されそうならば、全く利害関係のない人を相談相手に選ぶと良いです。
周囲に相談しづらい人は、色々な業種、職種で転職を考えている人の相談に乗っている転職エージェントに相談することも多いです。
様々なしがらみに囚われない視点でアドバイスをしてくれるので、どうしたら真っ暗なトンネルから抜け出せるのか気付くことができるかもしれません。

数あるエージェントの中でも特にオススメしているのが、

利用満足度NO,1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手(株)リクナビが運営する求人サービスです。
登録はしなくてもいいんですが、公式サイトだけでも読んでみてください。
サービスの特徴として、

『日本最大級の求人&非公開求人を有している』

何と言ってもこれが最大のメリットです。
年間41万人もの転職者が利用しています。
豊富な求人情報があり、あなたの希望条件によって最適の求人を探すことができますね。

さらにみなさんが利用するメリットとして、
・10万件以上の非公開求人があり求人を選べて便利。
・転職の成功実績がNO,1だから安心して転職を任せられる。
・求人探しから面接のサポートまでしてくれて安心。
・年収を上げている人が多いし、実際に上げられた。

無料で非公開求人も見ることができます。

「死」を意識するような大きな壁にぶつかってしまったのならば、気軽に相談してみてください。

-転職の悩み
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.