ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

転職の悩み

人事に響く「逆質問」集!「最後に質問が…」はラスト・アピールタイム

更新日:

アピール男性

 

面接の最後にお決まりの「最後に質問があればどうぞ」。

 

「この質問1つで採否が決まる!」という都市伝説もあるくらいだが、皆はどんなことを聞いているのだろうか?

 

「最後に質問が…」の意図は?

選考という場なので、どういう意図で聞いているのか?非常に気になるところである。

 

しかし大概の場合は、せっかく面談しているので、

「聞き漏らした点、わからない点にお答えしますよ」

というスタンスなのだ。

(中には意図があって聞く企業もあるが…)

 

なので、よっぽどネガティブな内容や仕事をしていく上での意識を疑われるような質問をしない限りは、直接採否に響く質問ではない。

 

ただし、地雷を踏まないためにも、気をつけておかなければならないことはある。

 

質問は事前に準備していく

まず

相手に聞かれてから、質問を考えるようでは遅い!

 

多くの人は、「この会社に応募しよう」と思った時に、企業研究をしているはずだ。

 

その際に

【疑問に思ったことを書き留める】

習慣をつけておくだけも、質問ストックは完成されていく。

他にも

【自分が入社したことをイメージ】

して思ったことをまとめておくのも有効だ。

 

面接官の話を聞き逃さない

ただしその質問ストックも浅い内容だと、面接の間にどんどん消費されていく。

なので質問は色々なバリエーションで用意しておく必要がある。

 

面接の間に出た内容を逆質問してしまうと、「話を聞いていない」と思われてしまうので、

面接官の話を聞き逃さない

ように気をつけて欲しい。

 

もし自信がないなら、

【面接開始時に許可を取って簡単にメモ】

を取らせてもらうという手段もある。

 

色々なバリエーションの質問といっても、どういった物があるのか?

これまで面接で出てきた逆質問例は以下の通り。

 

ポイントを下げる逆質問

せっかくいい感じで進んでいたのに、最後に台無しになった逆質問例はコチラ。

 

≪やる気を疑う系≫
・有給休暇は好きなときに、自由に取れるか?
・長期休暇は取れるか?
・福利厚生はどうなっているか?

→まず働いてください。

 

≪給料系≫
・(実務レベルが分からない段階で)給与はどのように決めるのか?
・(成果主義と説明したのに)定期的な昇給ベースは?

→こちらの説明、聞いていましたか?

 

≪ぶら下がり系≫
・何年で○○をやらせてもらえるのか?
・これまでのキャリアに相応しいポジションを約束してくれるか?

→まず実績を出してください。

 

≪勘違い系≫
・「御社の○○が好き」と、他社製品を大絶賛
・(採用と言ってないのに)いつから出社すればいいか?

→まだ採用してません。あと勉強不足でしたね。

 

人事に響いた逆質問

痛い逆質問をした応募者がいた一方で、人事が「いいね!」と思った逆質問はコチラ。

【1.入社後をイメージした質問】

≪配属先編≫
・配属先部署の人数や人員構成は?
・同職種社員の1日のタイムスケジュールは?
・配属先社員に面会する機会はあるか?

 

≪意欲をアピール編≫
・もし採用となった場合、入社までに勉強しておくことは?
足りない経験を教えて欲しい
・いづれ○○というサービスに携われる機会はあるか

 

具体的な業務内容や事前に学ぶべきことについて質問することに、人事はやる気を感じるようだ。

 

どんな職場で、どんな業務をこなすのか?
応募者自身も具体的に聞くことができ、雇用のミスマッチを減らすのに有効な質問だ。

 

【2.自分の長所+質問】

≪性格+質問編≫
我慢強い性格だが、業務量はどれくらいか?
誰とでも親しくさせてもらっているが、配属先の雰囲気はどんな感じか?

 

≪実績+質問編≫
・前職では○○の実績を残したが、御社で通用するか?
○○の資格を持っているが、活かせる場があるか?

 

長所として特に重視されるのは、

【協調性・積極性・責任感】

 

最後の質問をアピールの場にしたいのであれば、

長所や具体的な数字、資格を出しつつ、あくまで謙虚

「御社で役立てたいのだが…」

というスタンスでの質問が有効だ。

 

【3.労働条件などをどうしても聞きたいときは、遠まわしな質問で推測する】

入社前にどうしても気になるのが、給料や残業時間。

しかし聞き方1つで、前述の「ポイントを下げる逆質問」になりかねないリスクをはらんでいる。

 

どうしても確認したい項目があるのならば、直接的な表現はせずに、婉曲に聞き、実態を推測する方法がある。

 

≪残業時間編≫
現職は月○時間残業だが、御社では平均どれくらいか?

 

≪休日編≫
現職は月○日出勤だったが、御社は?
・配属部署の年末年始の勤務体系は?
・仕事の繁忙期はいつか?

 

≪給料編≫
・自分と同年代入社の方の給与モデルは?

 

聞きにくいことは、「現職(前職)の実績を踏まえた上で、御社は?」というスタンスで聞いたほうが無難である。

給与についても、内定が出るまでは直接の数字を尋ねるのではなく、モデルケースを尋ねるにとどめておいた方が吉だろう。

 

背水の陣!どうしても質問が出てこなかったときの対処法は…

用意した質問が全て解消されてしまった上に、何も思いつかなかった時。
アナタはどうしますか?

 

的外れな質問をしてポイントを下げたくない。
そんな方のための逃げ口上がある。

 

「本日の面接で詳しく教えていただけましたので、
 今の時点ではございません。

 もし質問したいことが出てまいりましたら、
 連絡させて頂いてもよろしいでしょうか?」

 

こういう回避方法もあるので、覚えておいて欲しい。

 

現在の会社を続けていいのか迷っている人は、ぜひこのタイミングで動き出しましょう!

まだ迷っている方にオススメなのが、、

利用満足度NO,1:リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手(株)リクナビが運営する求人サービスです。
登録はしなくてもいいんですが、公式サイトだけでも読んでみてください。
サービスの特徴として、

『日本最大級の求人&非公開求人を有している』

何と言ってもこれが最大のメリットです。
年間41万人もの転職者が利用しています。
豊富な求人情報があり、あなたの希望条件によって最適の求人を探すことができますね。

さらにみなさんが利用するメリットとして、
・10万件以上の非公開求人があり求人を選べて便利。
・転職の成功実績がNO,1だから安心して転職を任せられる。
・求人探しから面接のサポートまでしてくれて安心。
・年収を上げている人が多いし、実際に上げられた。

無料で非公開求人も見ることができます。

【こちらの記事もおすすめ】
▶︎『今あなたの状況で転職できる求人を見つける3つの手順』のページへ進む

-転職の悩み
-, , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2019 All Rights Reserved.