ブラックな会社を辞めたくなったら読むブログ。円満退職してから転職かフリーで独立。失業したら失業給付

会社を正しく辞める方法

看護師転職

看護師の中途採用で働きやすい病院に入るためには?

更新日:

新卒で入職した職場を続けるって、すごいことだと思います。
けれど仕事に慣れ過ぎて、全てがルーティンワークに感じられたり、自分のスキルがこれ以上アップしないのでは?と危惧している看護師さんもいます。

もっと色々な症例を受け持ってみたい。
違う診療科も経験したい。
管理職になりたい。

看護師としての向上したいと思っているのならば、思い切って転職してみるという方法もあります。

今回は、看護師が中途採用として働くメリットやデメリット、働く時の注意点、面接に落ちる理由などについてまとめてみました。

看護師さんが新しいことをする際の参考になればうれしいです。

 

中途採用の看護師として働くメリット

看護師が中途採用で働くという事は、これまでの経験やスキル、知識などを活かして、今までできなかったことが実現できるかもしれません。
中途採用として働くメリットって具体的にどんなものがあるのでしょうか。

○即戦力として、自分の経験やスキルを活かすことができる

中途採用の看護師の大半は、一通りの業務を経験し、一人立ちできている方です。
長期間プリセプターをつけて、最初から指導する必要がありません。
新しい職場で、知識や経験をさらに積み上げていくことができ、効率的にスキルアップが図れます。
部署としても、今までにない考え方や仕事のやり方を知る機会になり、これまでやってきた業務をより効率的にできるよう見直すことにも繋がります。

さらに中途採用の場合、これまでの経験が武器になり、自分がやってみたい診療科に配属される可能性も高くなります

○スキルアップが望める

今までと違う診療科や病院で働くことは、ずっと同じ職場にいては身に付けようと思わなかったスキルや知識を習得する良い機会になります。
中途採用の場合、看護師がやってみたい診療科の希望を聞いてもらえるので、自分が興味のある分野について携わることができるチャンスに恵まれます。

○年収アップが望める

看護師の場合、転職する際の年収は「前職の給料や年収」が基準になります。
つまり転職することによって、年収アップが期待できるという事です。
医療機関によっては、経験年数や年齢も金額アップ項目に入っていることがあります。

○勤務体系を変えるチャンスになる

前の病院だと夜勤が必須だったけど、ライフスタイルの変化で日勤常勤になりたい。
でも、今の職場ではたとえ異動しても、勤務体系を変える事は難しい。

こんな風に長年勤めている職場だと勤務体系をガラッと変える事がかえって難しかったりするので、働き方を大幅に変えたい場合に転職は大きなチャンスになります。

仕事を探す際に「日勤常勤」を譲れない条件にして探すことで、自分のライフスタイルにあった働き方ができるチャンスになるからです。

○今までしたことのない仕事や立場を経験できる

管理職になる過程は病院によって異なります。
年齢や勤続年数で自動的に昇格する所もあれば、経験などの実力で決められるところもあります。
中途採用で入職した看護師の中には、配属されてしばらくたってから主任や看護師長に抜擢される人もいます。
今までの職場だと管理職になるのはムリだった看護師にとっては、大きなチャンスになります。

転職した先の人員構成によっては、前職が中堅看護師だったのに、いきなりベテランのポジションになることもあります。
これまで求められてたワンランク上の役割をしていくことで、看護師として一回り成長できるかもしれません。

 

中途採用の看護師として働くデメリット

中途採用となった看護師にメリットがあるのと同様に、デメリットもあります。
両方を比べて、より自分のやりたいことが実現できる働き方を選ぶ指標にして下さい。

○仕事ができる看護師という触れ込みはやめて

ハードルが上がってしまうことが嫌な看護師さんに多いデメリットです。
経験豊富だと捉えられて、全くやったことのないことも当たり前に任されてしまうこともあります。

療養タイプの施設から急性期病棟に転職してきた場合など、大幅なスキルアップを求めて転職した場合も、仕事ができると思われるとやりづらくなります。

どちらの場合も、もし未経験の仕事を任されてしまったのならば、素直に「したことがないので教えてください」と教えを乞うていいんですよ。

○周囲の環境に慣れるのに時間がかかる

仕事のやり方自体もですが、看護師の場合は「看護感」というものが各部署や各人のベースにあります。
これまでの看護感と全く違っている場合は、違いを理解し、受け入れるまでに時間がかかります。
それまで葛藤があったり、ぶつかってしまうこともあるかもしれませんね。

看護師が新しい職場に慣れるまでには、大体3ヶ月から1年はかかると言われています。
新しい人を受け入れることに抵抗のない職場ほど、中途採用の看護師が馴染む時間が短い傾向にあります。
逆に人を育てるという考えや体制が整っていない職場だと、1年かかってもまだアウェイ感が拭えないという看護師もいます。

病院見学などの際に、他のスタッフを観察してみてください。
自分を見てコソコソ話していたり、極端に興味がないなど良い印象を抱けないのならば、後者の可能性が高いです。

○ボーナスや退職金への影響

転職するとこれまでの勤続年数がリセットされてしまいます。
そうなると一番影響が出るのは、ボーナスと退職金です。
ある程度の金額になったり、支給対象になるまで、何年かはかかってしまいます。

 

看護師が中途採用の面接で落ちる理由は?

中途採用の看護師として働きたいけど、面接で落ちてしまう。
そういった悩みを持っている方もいるでしょう。

基本的に転職する際には面接を受けなければなりません。
人手不足も手伝って、看護師の面接はそんなに落ちるイメージがないと言われています。
そのため、面接で落ちてしまった時のダメージは大きいです。
では、どうして面接に落ちてしまったのでしょうか?

採用担当者の立場に立ってみて、考えられる一番の理由は「すぐに辞めそう、問題を起こしそう」だからではないでしょうか。
これまでの経歴を見て、短期間での転職回数が多かったり、人間関係などいつも同じ理由で辞めてしまっていませんか?
採用担当者は現場に馴染んで、安定して長く勤務してくれる看護師を求めています。
どれだけ人手が足りなくても、配属先で問題を起こしたり、短期間で退職してしまう人を入れる訳にはいかないのです。
転職回数が多いのならば、担当者が「それは仕方がない」と思うような説得力のある内容に構成しなおすなどの手直しをしてみましょう。

次に考えられる理由は、「競争倍率が高い」からです。
待遇が良かったり、人気のある診療科目にばかり応募していませんか?
給料が良い、残業がない、楽…といった配属先は、誰にとっても魅力的です。
そうなると必然的に競争倍率も上がり、落ちる可能性も高くなります。
勤務条件だけにとらわれず、「自分は何をしたいのか?」にこだわるように、求人の選び方を変えてみてはいかがでしょうか。

こういった点を見直して、ぜひ内定を勝ち取ってください。

 

中途採用の看護師が新しい職場で働く際の注意点

中途採用の看護師が転職先で注意しておいた方が良いことがいくつかあります。

○自分の経歴やスキルをアピールしない

中途採用の場合、前職で培ってきた知識やスキルなどがあると思います。
自分なりのやり方もきっと確立されているのでしょう。

しかし、入職してからしばらくは封印しておきましょう。
その病院には、その病院で決まったやり方や方針があります。
今までと違うからといって、いちいち噛みついていては誰もあなたに教えようという気になりませんし、あなた自身もストレスが溜まって苦しくなってしまいますよ。

せめて半年はその部署での仕事の仕方を観察して覚えることに徹し、人間関係が築けてから疑問点や改善した方が良い点を小出しにして行った方が周囲の抵抗も少なく受け入れてもらいやすいですよ。

○慣れるまでは「やりずらさ」が付いて回るものだと割り切る

中途採用された職場は、前の職場と人間関係も仕事の進め方も全く違います。
入職してしばらくは、やり方の違いや他のスタッフとの接し方に苦労したり、やりづらいなぁと感じることもあるでしょう。
でも、それは慣れるまでの間だけのこと。期間限定の違和感だと思って、これまでのやり方との違いをしっかり覚える方に意識を向けて乗り切りましょう。

○自分についての噂を耳にしても、過剰反応しない

看護師は女の世界です。
中途採用に限らず、新参者の通過儀礼的に色々な噂が飛び交うことがあります。
名誉棄損級の酷い内容でもない限りは、流言だと思って聞き流すようにしましょう。
あなたがどんな人であるかは、仕事への姿勢やスキル、他のスタッフや患者さんへの接し方で示せばいいのですから。
まずは、自分から明るい挨拶をするように心がけてみて、話せる人を増やしていきましょう。

もしエスカレートして新人いじめのような嫌がらせをされるのであれば、話の分かりそうな先輩や上司などに相談してみましょう。

 

中途採用の看護師の転職先の選び方

さて、看護師にとって沢山のメリットがある中途採用ですが、転職先を選ぶ際には気を付けなければならない点がいくつかあります。
これがブレてしまうと、新たな職場への不満点となりかねないので、自分の中でできるだけクリアにしておきましょう。

・今の職場の何が不満かを書き出す
成功する転職は「不満点が解消される転職」です。
まずは働きにくいと思う点を片っ端から挙げて、不満が大きい順に順位をつけていきましょう。

・不満点から「どうなったら満足か」を挙げてみる
どんな職場や働き方が理想なのか?も具体的に挙げて順位をつけてみましょう。
この中で、「どうしても譲れない部分」と「譲ってもいい部分」の線引きをしてみてください。
そこがあなたの妥協できるギリギリの条件になります。

・配属先は自分の目で見ておくこと
中途採用の場合、現職の仕事の合間をぬっての転職活動となります。
少ない候補の中から転職先を決めなければならない場合は特に、配属先の見学に必ず言ってください。
スタッフの対応や備品やカルテの扱われ方などを観察してみましょう。
もし違和感や不安を感じるようでしたら、そこはあなたにとっての理想の職場ではない可能性が高いです。

・情報力のある人に相談してみる
転職は情報戦だと言われています。
より多くの情報を、早く、正確に入手できた人が、より理想に近い転職を叶える事ができます。
求人情報をより沢山知る事ができるだけで選択の幅が広がりますし、職場の内情を知っている方が自分に合った働き方ができるかの判断ができます。

情報力のある相談相手として、看護師専門の「転職支援サービス」に相談してみるといいですよ。
今の環境や働き方をヒアリングした上で、どんな環境が働きやすいのかを秘密厳守&無料でアドバイスしてくれます。

また転職エージェントは、人気の病院の求人情報などを、非公開求人を沢山持っています。

自己応募では受け付けてくれない病院も、転職エージェント経由で応募すると面接してくれることも多いですよ。

応募先の医療機関の人員体制や内情も事前に教えてくれるので、入職してからの「こんなはずじゃなかった」を少なくできますよ。

転職エージェントの中でも、ぜひ利用してもらいたいのが、内部情報の提供に定評がある、無料転職サービスの「マイナビ看護」。

利用満足度NO,1:看護のお仕事


看護のお仕事は日本最大級の看護師求人サイトです。
それゆえに、他社に比べてこれまでのサポート実績が圧倒的に多いですね。

  • 他の病院の内情を詳しく知りたい
  • 今すぐ辞めたいけど、あと一押しが欲しい
  • 給料を上げたい&休みが欲しい

こう思っている方にオススメです。
これが全て無料でサポートが受けられます。
看護のお仕事はサービス面において、満足度NO,1なのが伺えますね。

-看護師転職
-, , , , , ,

Copyright© 会社を正しく辞める方法 , 2018 All Rights Reserved.